2015年3月27日 (金)

明日は妄想ニホン料理

妄想ニホン料理シーズン2が明日ラストです。

シーズン2でどれがベストだったか、
再現料理の担当者イチ押しを
みんなであーでもないこーでもないとトークして、
決めちゃいましょう!と言う締めにふさわしい回です。

料理再現はありませんが、
その分緊張のほぐれた料理担当者の笑顔が見られますよ~(笑)

20150209_002

収録が終わったら、全員集合! 記念写真をパチリ!

シーズン3はどんな構成でスタートするのか、
出演者であり、この番組のファンでありの私としても
ワクワク楽しみにしています♪

妄想ニホン料理シーズン3もご覧くださいね~❤
…って、すっかり出る気でいるグーであります (^^ゞ 

|

2015年3月26日 (木)

そろそろ終わりの金柑

シーズン終わりが近づくと
財布に優しいお値段になる金柑。

今年もそんなとこ狙いでまとめ買い♪

無農薬の2L~3L。
ブランドの「たまたま」と同じぐらいの糖度ですが、
サイズにばらつきがあるので安くなっていました\(^O^)/

150326_1

糖度が高いので、
コンフィチュールにするのに砂糖の量が少なくてすみます。

コンポートっぽく仕上げるつもりでしたが柔らかく煮すぎたので、
ゼラチンを足して固めのジュレにして
ロールケーキのセンターに使ってみました。

150326_2

なかなか評判よろし♪

来年はもう少し多めに仕込んでみようかな~。



|

2015年3月24日 (火)

骨董の器

あるといいな~と思っていた形の器を
骨董市で見つけました。

そこそこの値段していたので思案していると
江戸時代の器ですからねー、と、
安くはなりませんよと言いたげな牽制球を投げられた。

安くない買い物に躊躇していただけなんだけど、
まけてくれと顔に書いていなくても、
きっと、まけてくれオーラがいっぱい出てたんでしょうね (^^ゞ

藍色の柔らかさが気に入ったので、
グーの子にすることに、決定!

数がないから、料理教室では登場するチャンスが少なそう。

20150316_005


江戸時代ですからねーと言われたけど、
250年以上続いたのよね、江戸時代って。

いったい江戸のどの当たりなんだろう、この器は。

|

2015年3月23日 (月)

鹿肉パーティー

鹿肉を手に入れたので料理して~、と友人からお願いされ、
それならみんなで作りましょう!と集まって、ワイワイガヤガヤ♪

肩、首、すねなど、色々な部位がアリ、
ヒレに至っては、なんとバンビ!

狩猟をする知り合いから購入したそうで、
子鹿に当たることもあるんだとか。

バンビと聞いた時、細いヒレ肉を見た時、
「幼気すぎる~~~」と言ったものの、いざ料理を始めて、
食べる頃にはそんな感傷的なことはすっかり忘れて、
美味しい美味しいと言っている。
ま、そんなもんよね、食いしん坊って (^^ゞ

筋の多い首肉は丁寧に丁寧に筋膜を取ると小さくなるので、
一口カツにして黒にんにくソースを添え、
ワインはニコラポテルのちょっと古めで♪

150323_1


リーデルのグラスでかんぱ~い♪
飲めない下戸はおちゃけでかんぱ~い(笑)

150323_2


充電中のイタリア料理人にバンビをお任せ。

150323_3


出来上がった料理は、
ローズマリーの香りを付けてシンプルにロースト。

そしてソースに技アリ。
カルソッツソースというナッツとトマトの利いた、
これだけでディップになりそうな美味しいソースでした。

150323_4


鹿肉は甘酸っぱい味と相性が良いので、
煮込みはいろんな部位を使ってオレンジ入りのワイン煮に。

150323_5


すね肉は野菜と一緒にコトコトと。
トマトは入れていないので赤くありませんがミネストローネです。

150323_6


合宿をしているようで、楽しい楽しい宴でした♪

|

2015年3月22日 (日)

石綿さんのフルーツ

江戸時代から続く農家15代目の石綿さんは、
無農薬、無肥料栽培の有機農法に取り組んで20年。

キウイフルーツの無肥料栽培に成功され、
日本で初めて有機JAS栽培の認定を受けた方として、
農業界では大変有名な方です。

毎日のように教えを請う方が全国から来られるご多忙の中、
去年11月末にお話を伺いに訪問しました。

150322_1

キウイフルーツにとって一番怖い病気は「かいよう病」。
この病気にかかると木が枯れるだけでなく、
他の木にも伝染してしまうので、かかってしまうと、
農場のキウイ全部を廃棄しなくてはいけなくなり、
しかも、農薬を使っても退治することはできないそうです。

ところが、無肥料で自然に育てられた石綿さんの木は、
かいよう病にかかっている木を接ぎ木しても感染しない。

健康に育った木は病気で弱り切った木を接いでも
寄せ付けない強さを持っているんですね。

そして、そんな木で育ったキウイは、健康そのもの。
枯れて小さくなっては行くのですが、どろどろに溶けない!

なんと、10年前のキウイがこれ!
農薬のかかったキウイはドロドロです。

150322_2

石綿さん、カッコイイです。オーラがあります。

150322_3

そして、16代目となる息子さんもカッコイイですね~♪

150322_4

この写真は何をしているかというと、
どれだけ土はふかふかしているかを、
竹の細い棒を刺して見せてくださっています。

これ、刺す前ですが、
このあと、竹の棒はズブズブと土の中に!

こんなにあたりの優しい土なので、
石綿さんの畑には猪が土に戯れに来るそうです。

猪は何十キロもある力強い動物ですので、
戯れなんて生やさしいものではなく、
畑は掘り起こされ食い散らかされ、
一晩でむちゃくちゃになってしまうそうです。

野生の動物は、
どこの畑のを食べると自分にとって安全か
よくわかっているんですね。

150322_5

石綿さんはキウイだけでなく
レモンやミカンやお米も作っていらっしゃって、
レモンは、ライムと掛け合わせたレモンライムを栽培されています。

訪問した時期はキウイも収穫前だしレモンライムも収穫前。
出荷時期を待つほかないなー。

150322_6

…と言うことで、
2月の下旬に、待ちかねての注文が届きました~♪

キウイは届いてからしばらくは
冷蔵庫にも入れずに部屋に放置して、
それからいただきましたが、
市販の酸っぱい酸っぱいキウイと違って、
甘さと酸味のバランスに無理のないやさしい味わい。
イガイガとしたえぐみもなく、本当に美味しい。

無肥料無農薬なので、皮まで食べられるとのことでしたが、
やっぱりむいて食べました (^^ゞ
ま、剥くと言うより、半分に切って
スプーンで実をぐるりとくりぬいてそのままパクリ!です。

150322_7

キウイは皮を残してしまいましたが、
レモンライムはもちろん皮をマーマレードに加工♪

自然に作られてるから苦みもしっかりしているだろうと、
茹でこぼす回数を多めにしたところ、
ペクチンが抜けすぎてしまいました (T-T)

150322_8

なので、レモンマーマレードソースと言うことにしました(笑)

すごく香りの良いマーマレードソースの出来上がりです♪

150322_9

青森から、雪の中に貯蔵して糖度を高めたりんごが届いたので、
石綿さんのレモンライムと一緒にコンフィチュールにしてみました。

150322_10

これほどレモンのいい香りに包まれたことは
今までなかったな、と、驚くほど満たされ、
アロマテラピー効果バツグン!

150322_11

生産者さんや職人さんを訪ねるのって、勉強になります。
何よりも、楽しい。やめられまへんなぁ~♪

|

«村さんのボラで