« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

年越し蕎麦会

今年で2回目、一夜限りの蕎麦屋、寓亭の開店です。

取りあえず蕎麦は打ちました。

081231_2

おせちを作りながら寓亭の準備だから、体がもう一つ欲しい!
でも、そう思いながらチャカチャカ働くのが楽しいんだよね。

汗をかいて運動した後のように爽快感というか、そういうのがあるのよ。
ただし、達成したときには、だけどね。
計画立てすぎて全部出来なかったってこと、けっこうあるのよcoldsweats01

去年はピノにすぐきを合わせてみて、まりあ~じゅぅ~だったけど、
今年はどんなサプライズが起こるのかなぁー。

081231_1

いろいろなアイデアや計画をかかえたまま、
今年も慌ただしく終わりそうです。

今年もお世話になりました。

来年もいろいろなことを発信していけたらと思っています。
 その為には私がいろいろ受信しないとね。

来年もよろしくお願いします!

| | コメント (2)

2008年12月30日 (火)

お煮しめの保存

お正月料理のなかで煮しめである野菜の煮物は、
筑前煮のように一緒に煮る場合もありますが、
私はそれぞれ別々に煮ます。
材料それぞれの味を楽しみたいのね。
一緒に煮るとキッパリとした味の線引きがなくて、
いい味も嫌な味も一緒くたになってしまうのがどうもね。

二十歳頃から母に代わってお正月料理を作っていますが、
別々に煮るのは母譲り。味付けは私流。
少しずつ少しずつ、毎年味を変えていって、
今の味になったのは随分と前のこと。

ごぼうは醤油で、れんこんは塩とみりんで、こんにゃくは醤油とみりんで、
筍は醤油とほんのちょっとみりんを加えて、里芋は塩と砂糖で、
高野豆腐はうすくちしょうゆと砂糖で、干し椎茸は酒・みりん・醤油で、
京人参は梅干しと酒で、と、味付けがいろいろです。

全部の味が違うので、それぞれビニール袋に入れての保存です。
空気を出来るだけ抜いて、思いっきりねじって紐状にして、
グルッと巻いて留めておきます。

あとはバットや密閉容器に入れて冷蔵庫へ。

暖かい部屋に置いておくと、蒸れて悪くなりやすいので、
お重の詰めるのは一度に大勢が来てくれるときだけ。

少なくなってきたらバットも小さくして、最後は煮汁だけになって。

0812300

こう言うビニール袋の使い方、けっこう便利ですよ。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

お正月料理に一工夫

「巻く」と言うワザは、
ちょっと手がかかった感じがしてごちそう感がでるので、
グーは料理を形作るアイデアとしてよく使います。

お正月料理なんてその最たる物。
で、その一部をご紹介。

グーのなますは、
大根人参の他に木耳やきゅうりを加えた五色なますです。

なますって案外食べないんですよね。
そこで、「巻く」です。

ライスペーパーで巻いてます。
こうするとフィンガーフードになるので、
「ちょいとつまみ食い」が出来るのです。
甘酸っぱさが利いてるぐらいの方がピッタリなので、
時間が経って酸っぱくなりすぎたなますなんて、
これのためにある、と言っちゃってもイイぐらいよ。

五色なますの生春巻き

081229_1

酢ごぼうは関西のものなのかなぁ。
甘酢で溶きのばしたコッテリとしたごま衣で、
茹でたごぼうを和えるだけなんだけど、東京の人には珍しがられます。

私のお気にのひとつなんだけど、そんなにハケません。
食べてるのはグーだけ、っちゅうことよくあるんですわ。

なので、みんながつまみたくなる工夫をチョイと「巻く」。

スモークサーモンでコッテリごま衣ごと巻き込みます。

酢ごぼうのサーモン巻き

081229_3_2

081229_2

同じスモークサーモンでも
丸めたクリームチーズを
センターにしてサーモンを巻くと
紅椿のようですね。

サーモン椿

細切りにした干し柿を
白ワインに
しばらく浸けてふやかして
千枚漬けで「巻く」。

干し柿の奉書巻き

「巻く」のは難しいワザではないけど、やっぱり一手間はかかる?

でも、これだけで華やかなパーティーのひと皿を作ることが出来ますよ。

なんでも取りあえず「巻く」ことから始めてみましょうか。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

蟹の食べ方

蟹を食べてると、食べ方が2派に分かれますね。
はずした身を次々食べていく派と貯蓄派と。

私?
私は貯蓄派よ。

我慢して我慢して、
いっぱいにしてから、ガバァーーーっと食べる!
んんんんんんん~~~~~~、しゃーわせぇ~~~delicious

さて、あなたはどっち派?

081228

こうして出してくれるともう、嬉しくてネェ~heart04
誰よりも早かったッス。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

蕎麦の薬味

料亭さんで締めに蕎麦が出てきました。

黒いところをそぎ取ってない、
色の悪い山葵だなーと思ったら、黒大根をおろしてるんだって。

そう言えば、芯まで赤かったり緑だったりする大根でおろして
彩りを楽しませてくれるお蕎麦屋さんもあったなぁ。

白い、辛味の強い大根のほうが、
薬味として辛味も香りも、キッチリ役割を果たしてくれるけど、

私の薬味の食べ方は、
蕎麦をすっかり食べ終わってから、
薬味に蕎麦つゆを数滴落として薬味だけでいただく。

だから何色でも関係ないようなモンだけど、
目を楽しませてくれるのには色大根もいいモンですね。

しかしなぁ~。
カラフルに全色揃えてみたいけど、
ホンのちょっとしか使わないから、
家でしようと思ったらけっこう贅沢になってしまうね。

081227

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

パテ・ド・カンパーニュ

しゃぶしゃぶ用豚バラ肉を敷き込んだらさ、
なんだかきれいだったんだわ~。

081226_1_2

きちんと閉じていくとこれまた美しい~shine

081226_2

でも焼き上がると、やっぱり縮んでしまいました。
つい引っ張り気味に閉じてしまうんですね。
ふんわりと閉じていけば良かったのね、と、反省。

081226_3

| | コメント (2)

2008年12月25日 (木)

フワフワのマドレーヌ

スイーツが続きます。

久々にやってきた望ちゃんからの大阪土産で、
フゥワフワの黒豆入りマドレーヌです。

バターの割合が多いしっとりしたマドレーヌと違って、
私にとってはちょっとオールドスタイルの生地。

中学か高校のときに覚えたマドレーヌ。
卵をしっかり泡立ててスポンジケーキのような生地を作って、
縁がナミナミナミとなった丸い型に流します。

最近見かけないなー。
と言うより自分で焼かなくなったなー。フワフワマドレーヌ。
近頃焼くマドレーヌは、
膨らまさないように泡立てないように気をつけたしっとりタイプです。

黒豆の甘煮が入ってるから、
余ったお正月の黒豆を生地に混ぜてみてはどうかな?
そんな発想にすぐつながりそう。

081225

こういうスポンジ系、
唾液の少なくなったオバサンには、牛乳と一緒なのがいいですねhappy01

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

タカラヤのチョコレート

毎年いただくタカラヤのオレンジチョコレート。

オレンジピールがマカロン同様、好きでね~。
あ、いえいえ、けっして欲しいといってるワケじゃなくぅ~coldsweats01

予約しないと買えないんですよ、このチョコレートは。

ほそぉ~~~いオランジェが多い中、
ここのオランジェ、いえ、オレンジチョコレートは、
1本でも食べ応えのあるサイズです。

紅茶やコーヒーより、シングルモルトに合いそうなビターさです。

081224

またよろしくね~~~~winkscissors

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

2009年度アロマセミナーのご案内

11月の体験セミナー、ご参加くださった皆さまには
大変好評のうちに終了することができました。
ありがとうございました。

2009年度のアロマセミナーの
スケジュールが決まりましたのでご案内いたします。
体験セミナーでの経験を生かし、そして反映し、
皆さまにより充実した内容で学んでいただけるよう
努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

**********************

先生は、農林水産省認定の「ハーブマイスター」であり、
名だたるホテルやビルの香りをプロデュースしている
「香り空間デザインプロデューサー」の高野済氏。
世界中の香りを熟知し、世界中に香りをプロデュースし、
グローバルにご活躍です。

アロマセミナーでは、
前期後期に分け、基本、中級までを講義いたします。
そして、それぞれ試験をおこない、
その総合点で判定の上、ディプロマをお出しいたします。
つまり、合否有りですね。
皆さまに、やるからには遊びではない、
真剣な気持ちで挑んでいただきたいという思いからの厳しさです。
 と、少し脅してみたりしましたが、
 講義の中で料理が出たりしますので、
 眉間にシワ寄せたままというようなことはありません。
 ご安心を。

【スケジュール】基本的には第3土曜日です。
  1月17日 基礎1
  2月21日 基礎2
  3月21日 基礎3
  4月18日 基礎4
  5月16日 基礎5
  6月20日 前期試験
  7月18日 中級1
  8月未定 中級2
  9月19日 中級3
 10月17日 中級4
 11月21日 中級5
 12月未定 後期試験

【クラス】
 A:11:00~14:00
 B:15:00~18:00
 C:19:00~22:00

【料金】
 入会金:5000円(初回に頂戴いたします)
 講習料:10,000円(各回ごとに徴収いたします)

【申し込み方法】
 お名前、連絡先、
 ご希望のクラス第一候補と第二候補をご記入の上、
 下記アドレスにメールをお願いします。
  お問い合わせも下記アドレスでお願いします。
  gout.HAYASHI@gmail.com

【その他】
 ★クラス間での振り替えは出来るだけ対応いたしますが、
   お受けできない場合がありますこと、ご了承ください。
 ★申し訳ありませんが、材料の都合上、
  キャンセル料は3日前(開催週の水曜日)より
   全額頂戴いたします。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

エルメのマカロン

「クリスマス限定ですって」と、
ピエール・エルメのマカロンをいただきました。

ドキッとするような大人色です。

じっくり味わいながら…

081222

って、言う前に、あっと言う間に食べちゃいましたcatface

待ての出来ないマカロン好きのグーでした。
 今度は自分で買いに行こっと

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

X'mas Champagne Party

猫の額の教室にセッティングしたテーブルは、
シャンパングラスと取り皿がいっぱい。

081221xmas_champagne_party_1_2

そこに料理とシャンパンがところ狭しと並び、
参加者も肩寄せ合ってところ狭し~。

081221xmas_champagne_party_2_2

シャンパンは全部で22本!
ウエルカムシャンパンをのぞいた10種類20本は、
アルミホイルで隠して先入観を持たないようにして、
決してメーカーや地域やセパージュを当てにかかるのではなく、
グループ分けしたうち、好きなのがどれかを選ぶだけ。
これだけでも自分の好きなタイプが見えてきます。
飲めないお生徒さんの中には、何年か参加しているうちに、
いっぱしに語れるようになっちゃうんだから楽しいですね。

081221xmas_champagne_party_5_6

そしてそして、なんと言ってものお楽しみが、
エルベ・モンスのチーズ!
フランス国家最優秀職人(M.O.F.)の肩書きを持つ、
世界中の名だたるレストランが認めているチーズ熟成士。

そのモンスのチーズを、今年は6種類。
全部で5.7キロ!
カビのタイプをいろいろにして、そして牛、羊、山羊。

カットしたての美味しさを知ってもらいたいので、
出来るだけ大きなサイズ、中にはホールのままのものも。

贅沢にガンガン取って食べ比べられる。
これはシャンパンの見比べ同様、
参加者に大好評やないかぁ~いwine

081221xmas_champagne_party_3_2

これでチーズのお話が聞けたら、と、
モンスを買っているスーパー紀ノ国屋にお願いするのですが、
最初は出来ればいけるようにします、とは言うものの、
クリスマス前の土曜日はかき入れ時だから、
当日にはやっぱりフラれちゃうんですよ。

ところが今年は違ってました。
来て下さったんですよ~。
モンスで修行をしてディプロマを取った奥村さんが~happy02

081221xmas_champagne_party_4_2

みんな最初は大人しく聞いていたんですけどね、
ものの10分ほどで食べるのに夢中。おしゃべりが始まる。

で、奥村さんいじけちゃいました。

あーん、みんなーcoldsweats02
来てくれるってことはすごいことなんだよーcoldsweats02
しっかり聞いてよーcrying

と、ハラハラもの。
でもね、奥村さん、声小さすぎですよ~。
女性パワーに押されちゃったのかなー。

野菜料理は築地御厨さんから取り寄せた、
力強くて味の濃い野菜達をせいろ蒸しにして、
アンチョビ、柚子こしょう、梅干し、粒マスタードと
4種類のソースを添えていただきました。

081221xmas_champagne_party_6_2

パテ・ド・カンパーニュや新漬けオリーブのタプナードに加え、
パンのお教室でカリスマ的人気の
高橋雅子先生がパンを焼いてきて下さったり、
NZラムの方がすね肉のポトフを作ってきて下さったり、と、
 写真を撮るのを忘れちゃったー!
今年のグーはいつもに増して、
皆さんに助けられたパーティーになりました。

感謝!

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

まるで陶器市

今日はグーのクリスマスパーティーです。

クリスマスパーティーでは、食器のオークションをします。
撮影で使った物、割れて数が半端になった物、長年使っていた物など、
安いものから作家さんに注文を出して作ってもらった物まで、
和洋中関係なく、毎年いろいろな物を放出します。

市価の1/5とか1/10、作家物は1/20だったり、
希望最低価格を設定していないので落札価格はいろいろです。

みんなのところに貰われていって食器達は大活躍。
しょっちゅう食卓に登場しているようで、
グーで眠っていた食器達もシアワセです。

081220

トータルで大きな額にはなりませんが、売上金は全額寄付しています。
1円でも多く寄付しようという皆さんの気持ちのこもったお金です。

これでまた、アジアの子供をサポートできます。

皆さんに感謝confident

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

12月の料理教室

お家でパーティー。しかも自慢の腕を披露となると、
料理人は台所に立ちっぱなし。

みんなと一緒に騒ぎたいっっっ!

そんな時にピッタリの、
作り置きできるパーティー料理が今月の料理でした。

鮭ごぼうキッシュ
 パイ生地の敷き込み方が大切なので、
 そこんところをじっくりとお教えしました。

081219_3

牛肉の赤ワイン煮
 野菜をたっぷり使った煮汁がたまりませんなぁ~

081219_1

ひじきとカッテージチーズのサラダ
 ひじきってこんなにいっぺんにたくさん食べないよねー。
 とか何とか言いながらペロリ。

081219_2

あとは、アンチョビピラフ。そして蜜柑とりんごのジュレ。

焼き上がったばかりのフォトジェニックキッシュは、
みんな真剣に撮影タイムです。

081219_4

これで年内は終わり~。

…と、おっと!
週末のクリスマスパーティーを忘れちゃいけませんゼ。

はい、これから準備、頑張りまぁ~す。
参加者の皆さん、楽しみにしていてね~wink

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

鮪のブツで

鮪のブツ切りは山かけにして…、がスタンダードですね。

私は梅肉で和えるのが好きです。

081218_1

種を取り除いて包丁で細かく叩いて梅肉を作る。
おろしたての山葵を混ぜて和え衣は出来上がり。
あとは鮪のブツを混ぜるだけ。

梅干しは、原材料で梅の実・塩しか使っていない、昔ながらの梅干し。
「酸っぱくない」だとか「減塩」だとか「甘い」だとか、
そんなうたい文句で売っている軟弱者の梅干しはダメよ。
顎の蝶番あたりがキュンと来るような梅干しが鮪には合います。

時間をおくと鮪の表面が白っぽくなってしまうので、
食べる直前に和えましょうね。

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

島さんからのお便り

陶芸家、島るり子さんとこの前お会いしたのが半年前。

その時に2個買ったカフェオレボールの使い勝手が良くて、
料理教室でも使おうと、まとまった数をお願いしてあったので、
島さんから段ボールが届いた時には
それが出来上がってきたと思いました。

でも、ちょっと段ボールが小さいぞ、と思いながら開けてみると、

081217_9

島さんらしいほっこりとしたお便りが入っていました。
「もうしばらく待ってね」のお手紙と一緒に。

ありがとうございました。
もちろん待ってますよ~wink

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

ジンジャードリンク

先週からなんとなく胃がシクシクして、いつものように食べられない。
せっかくお寿司屋さんに行ったのに胃が伸びなくてあんまり入らなかった。

てなことを行きつけの整体屋さんで話したら、
「ぐーさん、ちょっと下腹触ってイイですか?」って先生が。

わ、わ、わたしの国家機密!シークレットゾーン!
触って何があるー?
先生私に気があるー?
 それだけは無い!と猛抗議されるで。
ま、先生がさわるっちゅうんだから何かあるんでしょう。
動揺を隠して「いいっすよ~」

キュッと押されたとたんに「いてぇぇぇぇぇ!」

「ぐーさん、胃腸炎になってますよ」

「へ?」

風邪菌が胃腸に来てるんだって。
だから胃が痛かったり食が細かったりしたのかー。

しかし、自分で気がつかないモンなのね。
風邪って熱咳鼻水と思いこんでるもんね。

これは用心用心、と、あたため作戦に、
ファインドニューズから送っていただいたばかりの
生姜茶をさっそく入れてみました。

081216

封を開けると、すごい!
生姜の香りがガツンと来て、私は思わずクシャミ連発。
期待できますこの香り。

淹れてみると、ステビアのほのかな甘さがあってとっても飲みやすいcafe
抽出時間を長くすると生姜が利いてきて胃がホコホコspa

ベースになってるプーアール茶も、
ありがちなカビ臭さがなくてとても上品です。

原材料には、さすがファインドニューズ、
オーガニック認定の生姜と無農薬証明付きのプーアール茶。
そしてオーガニック認定の大分産ステビアが使われているので、
安心して飲めます。

ホッとリラックスできる味とわかったので、
この冬はこれで風邪予防に努めることにしますwink

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

「男の隠れ家」消える

熟年男性の情報誌のひとつ「男の隠れ家」、
前々号で落語特集があって、
落語に登場する料理を再現する撮影をして

081215_1
cherryblossomcherryblossomcherryblossom 長屋の花見です cherryblossomcherryblossomcherryblossom

081014
noodle 時そばですnoodle

081215_2
bottle 二番煎じの猪鍋です bottle

とっても楽しかったのよ、と、ブログにアップしたと思ったら、
お電話がかかってきたから第二弾のお話しかと思ったら、

本日、出版社が倒産したってcoldsweats02
担当の人も寝耳に水の話だそうで、困り果ててた。

そうだよなー。
解散!って言われてもー。だよなー。
これじゃホームレス中学生だよね。

…ってのんきなことをいってる場合じゃないみたい。
だって、「先生のギャラのお支払いがいつになるか…」だってsad

一人一人にそれを心苦しく言って廻らないとイケナイ
担当者の人が大変だなー、可哀想だなー、と思うと、
「大丈夫ですか?あなたが悪いワケじゃにのに、大変ですね。
 こちらのことはかまいませんので、頑張ってくださいね」だって。
言うよねー、私shine
いずれ入ってくると思うから優しい言葉がかけられるんだろうねー。
少ないギャラだから大きな気持ちでいられるのかもねー。

そんなことより、イイ本だったのになー。
オヤジ女の私にはイイ本だったのになー。

残念です。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

評判の良いオーブンウエア

大文字さんは私がたまにのぞきに行く器屋さんで、
表参道の、花の館と酒屋の間を入った先にあります。

表参道の器屋というと、
高い食器ばかりじゃないかと想像しますよね。
私も最初は、家庭画報によく出てくるし、
懐石料理の先生方がよく利用されると聞くし、で、
ごく普通の家庭料理の私には縁のないお店。

それでも、やっぱり背伸びして、
撮影用の器を探すときにのぞいていました。

作家ものの高い食器にはどうしても目が止まり、
やっぱり高いなぁーgawk、と、ため息。

ところが何度も行くうちに、
大文字さんって、
高くないし使い勝手の良いお店だとわかってきたんです。

作家物はさすがに高い、と言っても何万もするワケじゃないし、
千円しない値段でセンスのいい器がい~~っぱいあるんだわ。
ちゃんと木を使って塗りをかけてる椀が800円で売ってたりする。
そして何よりも、一客から買えるのが嬉しい。

和食器って五客1セットなことが多く、
家族が2人だったら使わない数のほうが多くなるし、
家族4人にお客が2人ってなったら、とたんに足りなくなる。
二客ずつだとかバラバラだとかでもいいんだけど、
ピシッと決めたいときには、やっぱり揃えたい。

それに撮影用って2客あれば大抵OKだから、
一客ずつ買えてあとで買い足しできるのが、
とぉ~っても助かるんだわ。

先日もフラリとのぞきに入って目が釘付けになった器が…。

081214_2

直火OKのグラタン皿。ナンと蓋付き!

ちょうどレディース4で使うグラタン皿を
どうしようかと思っていたところにこれだもの。
まさかここで見つけるとはだけど、ご縁だものね。

でも蓋って案外邪魔だから、撮影用に二客だけ買いました~note
そしていも床グラタンをしっかり引き立ててくれました。

081214_1_2

いざ使ってみると、とっても評判が良くて、
おかずのクッキングでも使いました~wink

大文字さんは安いよ~、なんて言ってる中で、
これはちょっとお高い部類かな?

でも、置き場所さえあれば料理教室用に揃えたいぐらいです。
ま、置き場所がないので買い揃えませんが。
お生徒さん、ちょっと期待した?
残念でした~bleah

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

ティラミスの決め手

ともかく泡立てる私のティラミス。

卵黄と卵白を別々に泡立て、生クリームを泡立て、
マスカルポーネも泡立てて、全部混ぜ合わせる。

せっかく泡立てた材料の泡を潰さないように手早く混ぜる。

フィンガービスケットに染み込ませるエスプレッソは、
スタバで買ってくるcafecoldsweats01

そして何よりの決め手は、
最後にたっぷり振りかけるのがエスプレッソの粉。
そう、豆そのもの。

口当たりがザラザラすると思うでしょ。
これが全く気にならない。
ま、茶こしに入れて振るから細かい粒しか落ちていかないんだけどね。

ココアだと口に入れたときに、
むせたり上あごにくっついたりすること多いですよね。
エスプレッソの粉だとそんなアクシデントがありません。

ココアの甘い香りがない、
エスプレッソだけのスッキリとしたシンプルな香しさが引き立ちます。

081213_1_3

泡立てただけで、ゼラチンで安定させてないので、
翌日になると、ちぃ~とばかし地盤沈下します。

パーティーなどで、前もって作っておきたいときは、
冷凍してしまいます。
当日数時間前に冷蔵庫に移動させて置くとOK。

もし解凍し切れていなかったときは、
半冷凍状態を意味するイタリア語、
「セミフレッド」と言ってしまいましょう。

凍ってるんだけど、と言われたときは、
慌てず当然のように、
だって今日のデザートはセミフレッド・ティラミスだもの。
ってね。wink   

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

アイスジャケット

ヴーヴクリコのアイスジャケットをいただいちゃいましたlovely
 もちろん中身のヴーヴも一緒にね。

ボトルを冷やしてジャケットに入れると2時間は保冷できるとか。
最初はウエットスーツみたいな素材のヴーヴクリコカラーで、
次に出たのが同じ素材のピンクだった。
 もちろんどっちも持ってるよぉ~んwink

今度のジャケットは表面の布地がちょっと粗い織り方で、
ちょっとお高そうに見えますgood

そしてラベルが貼ってあるように見えるポケットは、
メッセージカードなんか入れられて、
これはプレゼントにいいですよという暗示かなー。

私は持ち寄りの時に持って行くシャンパンの保冷に使います。
ピッチピチのサイズだから、ドンペリとかクリュッグとかクリスタルとか、
とぉ~ってもお高いシャンパンのボトルは入らない。
持ち寄りの時には助かるのよね~。
持って来たかったんだけど、入らなかったのぉー。
とか何とか言っちゃって。

トラベルバックも欲しくなっちゃうけど、
実用性からいったらこのアイスジャケット、
ひとつ持っておくと便利ですよ。

081212

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

おかずのクッキング収録

1月放送分のおかずのクッキングは、
INAXのショールームを借りての収録でした。

081211_1

準備のためのキッチンはシンクの大きなIHタイプ。
奥に見えるキッチンが収録のために使われました。
手をかざすと水が出るカラン、火をつけると連動する換気扇。
最先端のシステムが使えてウキウキのグーでした。

コの字型の小振りなキッチン。
一人二人で立つのにいい大きさです。

081211_2

いろんなタイプのキッチンがあって、
見ているだけでワクワクするショールーム。
惚れてまうやろーheart01

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

久々の蕎麦打ち

菊谷でお蕎麦を食べたら、
ちょっとお疲れ気味でサボっていた蕎麦を打ちたくなりました。

081210

つい細打ちにしてしまう。
もうちょっと、気持ち太めに、と思うんだけどね。
きちんとコントロールできるのはいつのことか。
日々精進、かねー。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

久々の外蕎麦

蕎麦を打つようになってからと言うもの、
蕎麦屋さんに行く回数が減っちゃったなぁー。

何故って自分の蕎麦が美味しいから。
 うそうそ、うそやでー。
 ホンマはいっぱい打ってしまうから。
 食べんことには無くなりませんのやわ。
 自分の蕎麦食べなあかんからねー。

久々の外蕎麦は、友人イチ押しの菊谷
石神井公園から歩いて3~4分の、
粉違いの蕎麦を食べ比べられるお店のひとつです。

そう言ってるんだから、当然お品書きにある利き蕎麦を注文。

081209_1 081209_2

左が摩周産を九一で。右が福井産を十割で。
ほうら、見た目もゼンゼン違うでしょ?
ほらほら、わからない? 違うでしょ、ザルが。

…と言う程度にしかわからないよね~。

でも食べてみると、
摩周産は、悪く言えば個性の弱い、良く言えば味わいの優しい、
つゆよりも塩で食べた方が甘さの引き立つ蕎麦。
福井産は、個性あるパワフルな蕎麦。
香りも味も主張があって、つゆで食べても負けません。

北海道の鹿追産が美味しいんだとか。

そう聞くと、また食べに来なくっちゃね。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

キツネの嫁入り

9月に出演した「ためしてガッテン」で
小道具のキツネのお面をもらいました。

081208_1

登場するときに、そばにあったお面をつけて出たので、
とっても気に入ってると思われて、お心遣いくださいました。
 ま、ホンマに気に入っててんけどね。

でも、アトリエにず~っとあってもなぁー。被ることないしなぁー。
でも、捨てるには惜しいしなぁー。
いつまで置いておけばいいかなぁー。

…と思っていたら、
小さい頃からキツネが大好きで、と言うかたが、アトリエにいらして、
とっても羨ましそうに、とっても欲しそうだったので、
差し上げることに。

081208_2

年々人気が高くなる、今や看板のお一人、
文楽人形遣いの桐竹勘十郎さん。
サインにこんなイラストを入れるぐらいのキツネ好き。

081208_3

ゴルフに行くとキツネが恩返ししてくれるんです。
打ったとたん、しもた!OBや!
案の定OBなんですわ。
ところが、そんな中から球が出てくるんですわ。
コン!コン!コン!コン!って。
ときには親子で恩返ししてくれるんですわ。

そんな楽しい話をしてくれながら、
嬉しそうに大事そうにお持ち帰りになりました。

いいお家に嫁入りできて、よかった~。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

中学英語で日本料理を紹介

なんと!
はっきりキッパリ自信と確信を持って
「英語出来ません」と言い切れるこの私が、
「中学英語で日本の料理が紹介できる」 という本を
エール出版から出しました。

081206_1

…と言うとえらくカッコよく聞こえるけど、
料理とレシピの作成と、日本語説明の部分をチェックしただけ~。
英語は全ておまかせコースの共著デースhappy02

このシリーズのひとつ、「中学英語で日本の伝統文化が紹介できる」
それと、「中学英語で日本のしきたりが紹介できる」
この2冊を書かれた藤澤優さんはホテル学校の先生であり、
伝統芸能をプロデュースするプロデューサーであり。
文楽ツナガリでお会いして、
同い年の気のゆるさでお付き合いくださってるえらい人なんです。
 ガッツリの仕事人間やから、えらいのんは体やけどね。

本書かない?とお話しをいただいたときは、
英語は無理かなーと一応不安になったのですが、
はなっからその部分は求められてませんでしたcoldsweats01

日本語でいい。そうなったら強いモンです。
でも写真が白黒なの。
それについてはちょっと淋しいけど、作り方はバッチリですgood

そして、英語の部分。
中学で習った英語だけで訳すのはかえって大変なんだとか。
へぇ~、中学に習った英語でこんなにしゃべれるんだー、と、
感心するやら情けないやらの複雑な気持ちで眺められますよ。
あ、いや、読めますよ。
 しかも「こんなん習ろてへんで」とツッコミ入れながらね。

英語の勉強に、英語の先生へのプレゼントに、
いかがですか?

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

Tips Townに出演

FMyokohamaに行ってきました。

081205_1

ランドマークにあるスタジオからは、なんと、

081205_2

大観覧車とベイブリッジが大画面!

スタジオの中は火が使えないので、
ギリギリの時間に具材を入れてスタジオ入り~。
選んだ鍋は、やっぱこれっしょ「pigアグー豚とごぼうのしゃぶしゃぶ」
でも残念ながらアグーは手配したのですが間に合わずsad
鹿児島の黒豚に頑張ってもらいました。

DJの田邊さんは、鍋を見る前にたれに釘付け。
ねぎ塩だれをめちゃくちゃ気に入ってくれました。

081205_3_3

そして、ごぼうがこんなに美味しくなるなんて!と、大感激で、
番組が終了してからは、みんなでペロリ。

とぉ~っても楽しかったので、Tips Town、また出たいなぁ~。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

FM横浜で鍋奉行を語る

13時から17時まで生放送の、
FMyokohama84.7「Tips Town」に出演します。

12月1日(月)~5日(金)までの5日間は、
「12月の開会宣言!」と題して、様々な分野のプロ・達人に、
宴会・パーティーで使える技を伝授してもらう、と言う企画です。
そのひとつ、鍋奉行をテーマに、話しをするという依頼をうけました。

時間がないようだったら電話出演でもかまわないとのことでしたが、
やっぱりねぇ、顔を見ながらしゃべんないとねぇ。
…と思い、スタジオまで行ってきまぁ~すsubway

16時から15分程度だと聞いて、
食べる時間アリと踏んだ私は鍋をつつきながらのおしゃべりを提案flair
やっぱ臨場感って大事だと思うのよね~。
食べて美味しいと声のトーンが変わって、それって伝わると思うのよね~。

ゆっくり煮ながらと言うのは15分では難しいので、
具が煮えた鍋をつつきながらと言うことになりました。
そのシチュエーションにふさわしい鍋、
さてどれにしようかなー。
もちろん選ぶのはbook 酒がすすむ鍋bottleからで~す。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

淑女のワイン会

年に何度もお手持ちの貴重なワインで会を企画してくださる
ワイン仲間の亜樹山ロミさんは、ジャズシンガーでワインアドバイザー。

私がよく行くワイン会にロミさんが参加されたのが初めての出会いです。

このワイン会の料理は毎回私が会のために作った料理を持ち込んで
みんなで少しずつ分けるんだけど、
この時持って行った鴨をロミさんはガバァーーーっと、
長嶋監督が河豚刺しをすくったようにガバァーーーっと、
取ったんだわ。

おいこらっ!あとの人のこと考えんかいっ!と、
暗黙の了解をまったく無視した取り方にイエローカード!
…と、思ったらその前に他の人が教育的指導してた。
 ま、ロミさんは暗黙のルールもなんも知らんから
 無邪気に好きなものを取ってただけやったんやけどね。

と、まぁ、最初の印象は食べ物がらみだっただけに
あんまり良くなかったんだけどね、
その後何回か、ロミさんがその会の講師を務めたら、
すごいワインを安い金額で放出してくれるモンだから、
鴨事件なんてすっかり忘れて、ロミさんってええ人ねぇ~lovely
私のほうがよっぽどイエローカードだよねsmile

そしてやり繰りのつくときは必ずロミさんのライブに行くようになり、
ロミさんのワイン会にもちょこちょこ参加するようになったんですよ~。

集まる人は大人の、だいぶ大人の、淑女達。
アイドルの話から政治の話、そしてワインの感想も。

つい先日のワイン会は、シアワセ~過ぎてなんだかコワイ~。
 ジュン&ネネ、知らんやろなーこんな昔の歌。
 私も歌のタイトル忘れてるし。

081204_1 081204_2

あと2週間ほどしたらロミさんの新しいCDがリリースされるという。
記念ライブがスタートして、落ちつくまではお預けのワイン会。

CD聞きながら楽しみに待ってるからね~、ロミさんっwink

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

レディース4の裏では

4時から出演のレディース4。
本番が終了するまではバタバタと慌ただしい。

9:30に開店の紀ノ国屋に行き、買い物スタートrun

モナコグランプリかっ!と言いたくなるヘアピンカーブでカートを駆使して
肉!野菜!海老!
リニューアルした紀ノ国屋の売り場はまだ把握できていないし
野菜のコーナーが点在しててバタバタするばっかり。

買ったものを「ちょっとだけ置いといてね」とお願いして
近くの器屋さんに注文しておいた
本番で使うグラタン皿を受け取りにダッシュrunrun

開店ちょっと前なのに気持ちよく応対してくれて
丁寧な包みをしてくれている間に、
今週使うのにちょうどいい大きさ形の土鍋を見つけ
それもついでに買ってしまったよーhappy02scissors
だいたいこういうことって時間がないって言うときにやっちゃうんだな~。

紀伊国屋に戻って買ったものを引き取ってタクシーでアトリエに。
エレベーターを使うとはいえ荷物が相当重くてね。

10:15。さぁ~ここからです。
あと1時間45分で下準備と持っていく荷物のチェックと食器の梱包!
11時にスタッフが来て一気に作業が進んでなんとか12時に間に合って
お迎えの車でテレビ東京に向かう。
あまりのいいお天気に、
このまま高尾山に行ってしまうとか、って言ってみたけど、
もちろん運転手さんは無視。

テレビ東京に着いたら
「先生はメイクのほうに、スタッフはスタジオのほうに」と別れ別れ。
 一旦控え室に案内してくれるんだけど、使わないんだなー、控え室。
30分ほどして13時過ぎにメイクが終わってスタジオに行くと、
スタッフは着々と準備を進めています。

081203_1 081203_2

私も手伝うんだけど、すぐにリハーサルで、あんまし役に立たず。
あとは本番まで、度々あるリハーサルの合間に手伝うだけ。

スタッフはと言うと、
進行内容が変更していたり用意していた材料が足りなくなったりと、
次々とアクシデントが出てきて、頭の切り替えと対応に追われます。

そして裏の準備の様子と表の進行状況を把握して、
取りしきりながら支えてくださっているコーディネーターさん。

081203_3

こうして何人もの人に助けられているおかげで
ニコニコとしていられるグーでありますhappy01

今回もお疲れさまでした。

| | コメント (2)

2008年12月 2日 (火)

11月の料理教室

今月は和食です。

おもてなしに使えるあったか料理。もちろんお正月にもね。
右下から時計と反対回りに、

牡蠣の白味噌焼き
 柚子の香りと果汁の酸味を活かしています。
 京都山利の白味噌を贅沢に使って、
 加熱用の牡蠣の旨味との合わせ技です。

金目の黄金蒸し
 
文字変換するとコガネ虫と出るのぉー。やーねー。
 ちょっと白っぽく出来上がったので名前偽装ですbleah
 金目はいいのを使いましょうね。
 こういう単純な料理は材料の良さも大事ですよ。

きのこの時雨煮
 この日は椎茸・舞茸・えのきの3種類。
 松茸やトリュフを入れてもかまわないよーと言ったのですが、
 誰もメモを取ってませんでした。
 私なら? もちろん!入れません!happy01

小海老と卵のあんかけごはん
 晒した九条ねぎをたっぷりのせて、風邪予防です。
 ちょっと硬めに炊いたごはんがよぉ合いまんねん。
 お米は天日干しのコシヒカリです。もちろん新米!

ワインはヌーヴォーの白を合わせたかったのですが、売り切れ!
「きっと街中にあふれてる」と踏んだのに思いっきりはずれ!
なので、イタリアの軽めのガビにしました。

081202_1_2

食後は抹茶カプチーノ
どこぞのより美味しいよ~、なんて説明しましたが、
いいお抹茶といい牛乳で作るんだもの、当たり前でーす。

添えてある和菓子は、ココナッツが入った羊羹で、「椰子の実羊羹」
表参道交差点近くにあるHIGASHIYAのです。
お財布に優しくないちょっと高めですが、口に優しい甘さです。

081202_2

来月はいよいよ年末。
パーティー料理にしようかお正月料理にしようか。
まだ迷っています。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

虎杖のカレーうどん

虎杖。いたどりと読みます。

築地の場外でどんどん増えていて、
寿司中心の支店や居酒屋中心の支店も出来ていますが、
初めて知ったのは細い路地を入ったところにあるカレーうどんでした。

081201_1_2

実はカレーうどんにはあんまり興味ないんですよ。
と言っても、カレーうどんが嫌いなんじゃなくて、
うどん屋では、まずはうどんつゆのうどんが食べたい。
それでもって、食べる。
だからカレーうどんはいつまで経っても後回し。たどり着けない。

でも、カレーうどん専門店に行けばカレーうどんしかないわけだし、
後回しには絶対ならない。
で、さっそく注文。

081201_2 081201_3

エビ天と豚肉です。
巣鴨の古奈屋に似た感じですね。
生クリームがフレッシュだといいなぁー。

次回はシンプルな具無しにしようかなーと思いながらカウンターを出たら、
こんな看板に気がついた。

081201_4

珈琲と雑煮?
次回はこの店だな。

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »