« 蟹の食べ方 | トップページ | お煮しめの保存 »

2008年12月29日 (月)

お正月料理に一工夫

「巻く」と言うワザは、
ちょっと手がかかった感じがしてごちそう感がでるので、
グーは料理を形作るアイデアとしてよく使います。

お正月料理なんてその最たる物。
で、その一部をご紹介。

グーのなますは、
大根人参の他に木耳やきゅうりを加えた五色なますです。

なますって案外食べないんですよね。
そこで、「巻く」です。

ライスペーパーで巻いてます。
こうするとフィンガーフードになるので、
「ちょいとつまみ食い」が出来るのです。
甘酸っぱさが利いてるぐらいの方がピッタリなので、
時間が経って酸っぱくなりすぎたなますなんて、
これのためにある、と言っちゃってもイイぐらいよ。

五色なますの生春巻き

081229_1

酢ごぼうは関西のものなのかなぁ。
甘酢で溶きのばしたコッテリとしたごま衣で、
茹でたごぼうを和えるだけなんだけど、東京の人には珍しがられます。

私のお気にのひとつなんだけど、そんなにハケません。
食べてるのはグーだけ、っちゅうことよくあるんですわ。

なので、みんながつまみたくなる工夫をチョイと「巻く」。

スモークサーモンでコッテリごま衣ごと巻き込みます。

酢ごぼうのサーモン巻き

081229_3_2

081229_2

同じスモークサーモンでも
丸めたクリームチーズを
センターにしてサーモンを巻くと
紅椿のようですね。

サーモン椿

細切りにした干し柿を
白ワインに
しばらく浸けてふやかして
千枚漬けで「巻く」。

干し柿の奉書巻き

「巻く」のは難しいワザではないけど、やっぱり一手間はかかる?

でも、これだけで華やかなパーティーのひと皿を作ることが出来ますよ。

なんでも取りあえず「巻く」ことから始めてみましょうか。

|

« 蟹の食べ方 | トップページ | お煮しめの保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蟹の食べ方 | トップページ | お煮しめの保存 »