« キツネの嫁入り | トップページ | 久々の蕎麦打ち »

2008年12月 9日 (火)

久々の外蕎麦

蕎麦を打つようになってからと言うもの、
蕎麦屋さんに行く回数が減っちゃったなぁー。

何故って自分の蕎麦が美味しいから。
 うそうそ、うそやでー。
 ホンマはいっぱい打ってしまうから。
 食べんことには無くなりませんのやわ。
 自分の蕎麦食べなあかんからねー。

久々の外蕎麦は、友人イチ押しの菊谷
石神井公園から歩いて3~4分の、
粉違いの蕎麦を食べ比べられるお店のひとつです。

そう言ってるんだから、当然お品書きにある利き蕎麦を注文。

081209_1 081209_2

左が摩周産を九一で。右が福井産を十割で。
ほうら、見た目もゼンゼン違うでしょ?
ほらほら、わからない? 違うでしょ、ザルが。

…と言う程度にしかわからないよね~。

でも食べてみると、
摩周産は、悪く言えば個性の弱い、良く言えば味わいの優しい、
つゆよりも塩で食べた方が甘さの引き立つ蕎麦。
福井産は、個性あるパワフルな蕎麦。
香りも味も主張があって、つゆで食べても負けません。

北海道の鹿追産が美味しいんだとか。

そう聞くと、また食べに来なくっちゃね。

|

« キツネの嫁入り | トップページ | 久々の蕎麦打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キツネの嫁入り | トップページ | 久々の蕎麦打ち »