« プロビダンスというワイン | トップページ | ロシア料理「サモワール」 »

2009年1月11日 (日)

根菜をシチューに

冬になると煮込みが恋しくなりますね。

煮込みって時間がかかって大変、と言う人けっこういるんですけど、
火にかけたらあとは時間が作ってくれます。

焦がさないように火加減に気をつけて、
煮くずさないように火加減に気をつけて。

ま、ちょこちょことと言うか時々は、
焦げていないか底から混ぜてみたほうがいいし、
煮くずれるものは時間を見計らって入れた方がいいし。

手がかかるじゃーん。
そう思われがちだけど、
私にとっては手のかからない料理なんですね。

煮込みを作ろうと思う日は、
気持ちが焦ってないときが多いからかなー。
ずっとキッチンに立ってるわけじゃないからかなー。

煮くずれないものを入れてると言うこともあるかも。

れんこん、ごぼう。
しかもれんこんは皮をむかない。
ごぼうはサッと洗うだけであく抜きしない。
これは楽です。
煮くずれしないから最初ッから入れっぱなし。
これは楽です。

大根も煮くずれるまでに時間がかかるから時々メンバー入り。
そして春にはこれに筍が加わる。

きのこ?
それもありなんだけどね、
たっぷり使うとちょっと材料費が高くついて、
そのわりにはボリュームが出ないのよね。

だから私はれんこんにごぼう。
ま、好きだから入れる。これが最大の理由だけどね。

090111

|

« プロビダンスというワイン | トップページ | ロシア料理「サモワール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロビダンスというワイン | トップページ | ロシア料理「サモワール」 »