« 年越し蕎麦会 | トップページ | 料理教室のスケジュール »

2009年1月 1日 (木)

年始め

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年の初め、まずするお正月行事、それは大福茶

090101_1_2
↑清水一芳園の大福茶セットです。

梅干しと結び昆布を入れた汲み出し碗にお茶を注ぎ入れるのですが、
実家では氷砂糖も入れていました。

お正月の楽しみのひとつだった小さい頃、
「なんでお正月だけなんやろー。毎日でもエエのになぁ」と
恋しい目をしてつぶやいたら、
「そんなに好きやったら、毎日飲んでもエエねんで」
と母が言ってくれたので、さっそく、お正月明けに飲んだところ、
思ったほどの満足感が無く、がっかり。

やっぱり家族が揃って厳かな気持ちで飲むからいいんだとわかり、
1~2回でやめてしまった私を見て、
「なんや、もうええんかいな」と母がニタニタしていたのを思い出します。

関東では大福茶の習慣がないのか、飲まないんですね。
なんだか物足りなく、そしてちょっとサミシかったので、
久々に淹れてみました。

どうってことない大福茶ですが、
1年が始まった気になれるのが不思議ですね。
子供の頃からの習慣って大切ですね。

昔からの習慣を再開することで始まった今年ですが、
08年の〆は、07年から始めた新しい習慣、
年越し蕎麦会でした。

ニコラフィアットでウエルカム乾杯をして、
遅れてきた組が持って来たドンペリで揃って乾杯をして、
蕎麦焼酎でカウントダウン&ハッピーニューイヤー乾杯をして。

普通に打った蕎麦と細打ちの蕎麦を食べて、
気持ちよ~く酔った大晦日でした。

090101_3

お煮しめや酒の肴を並べて蕎麦前を楽しみ、

090101_2

牡蠣の燻製やくみあげ湯葉を塩で味わい、
だし巻き卵は出汁たっぷりで焼き上げ、

そして蕎麦は…。

リクエストいただいて地方発送したりお持ち帰りされた人達から、
美味しかったメールをたくさん頂戴し、
茹で方を詳しく丁寧に書いた説明書を付けて大正解!だったのに、

いい感じで酔っぱらってたワタクシ、
せっかく細く長く打った蕎麦を、乱暴に扱って短くしちゃった~!

気持ちを長く繋いで、あなたのソバに幸運が訪れますようにgood

|

« 年越し蕎麦会 | トップページ | 料理教室のスケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越し蕎麦会 | トップページ | 料理教室のスケジュール »