« あの箱の海苔 | トップページ | やっぱり関西人 »

2009年2月10日 (火)

麺屋武蔵

もう何年も前になりますが、
グーで天然虎河豚の白子と皮を溶かし込んだ
カレーを食べる会をしたことがあります。

しかも肉は松坂。
慶子でもなければレッドソックスでもありません。牛ですhappy01
ほほほ。なんちゅう贅沢、罰当たりっpunch
 その後、グーは何度もこの伝説話をして
 村人達からひんしゅくを買ったのじゃったー。

で、その時ご参加くださったお一人が麺屋武蔵の社長さん。
随分と前に一度、並んで待ったあるラーメン屋さん!
全国的に有名なラーメン屋さんが!と、恐縮しまくりのグーです。

で、武蔵さん、カレーって別に魅力がなかったんだって。
そのひと皿で完結することに魅力がなかったんだって。
 ラーメンもひと皿完結の料理やと思うねんけどなー。
でも、このカレーは違ったって。

この時参加された方の中で、
真摯な気持ちでカレーに向かってくださった
数少ない中のお一人。

とても嬉しかった。
だから新宿にいて都合がつくことがあれば、
行きたいと思ってたんですよ。

や~っと行けました。

090210_1

チャーシューは、味が芯まで染み込んでとろとろの柔らかさ。
麺は太めの縮れ麺で、しっかり噛むほどに麺の旨味が口に広がる。
スープはあっさりタイプを選択したけど、
それでも濃縮された旨味がガッツリ口を占領する。

社長さんはもちろん居なかったけど、
あの時はありがとう。
そんな気持ちを込めてごちそうさまを言いましたnoodle

|

« あの箱の海苔 | トップページ | やっぱり関西人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの箱の海苔 | トップページ | やっぱり関西人 »