« 昨日の撮影は | トップページ | シアタートップス »

2009年3月25日 (水)

お高い鍋

有名な料理の先生がプロデュースされた鍋を
提供しますので教室で使ってください。
そしてお生徒さんに勧めてくれませんか?

そんなお電話をいただきました。

有名な先生だからこちらは存じ上げてるけど、
お会いしたことないし、お会いすること無さそうだし。
そんな高い鍋もらっても、もし使い勝手が悪かったら、
もらったからって言うだけではお生徒さんに勧められないし。

「お会いしたことがないので、すみません」と、あまり説得力のない、
でも、やっぱり使えません、のつもりでお断りしたら、
「作っているところは別のちゃんとしたメーカーなんですが、
 それでもだめですか?」

「ええ、でもやっぱりやめておきます」
「プロデュースしてるというのがダメですか?」

そう言うワケじゃないんだけど、
グーのキッチンにはデザインも使い勝手も合いそうにないし、
何よりも、自分で探して納得したワケじゃないものを、
お生徒さんに勧められない。
鍋って、よっぽど惚れ込まないと登場回数が少なくて、
場所取るだけのものになってしまう。
それに今まで使ってたのを捨てなさいと言うわけにもいかないし。

…と言うのもめんどくさくなって「ええ」と言って断りました。

今考えたら、それって、
その有名な先生がイヤだからって答えたことになる?

どーしよーshock

そうではないんだよなーbearing

「えー、ただなんだからもらっちゃえばいいのにぃー。
 そして私にくれればいいのにぃー。

…と、友人からは残念がられました。

パンフレットを送ってくださり、
何度かお電話くださったPR会社の人、
本当にごめんなさいsweat01

|

« 昨日の撮影は | トップページ | シアタートップス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の撮影は | トップページ | シアタートップス »