« 久々のWEBダカーポ | トップページ | 葉わさびの辛味 »

2009年4月 5日 (日)

赤坂たけがみ

赤坂TBSのすぐ近くの「赤坂たけがみ」は、
手打ち蕎麦が食べられる料理屋さんなので、
ちょっと気にはなっていたんだけど、なかなか行けずにいました。

「食事会があるんだけど来ませんか?」と、
お誘いいただいて、イソイソとお出かけで~すrun

昔は政界財界の人達が芸子さんを呼んで
お茶屋遊びや宴会をする料亭だったとか。

090405_1

それをもっと普通の人も行けるようにと、
靴のまま室内に行けるような改装をされたようです。

お二階の大広間へももちろん靴。
明治のドラマの一場面に居るようでした。

090405_2

主催されたのは、浄水器メーカーのシーガルフォー。

余談ですが…。

グーで使ってるグラスはリーデルばっかり。
とても良いグラス達で、ワインの香りを素晴らしく立たせてくれる。
でも、その分、嫌なニオイも立ちやすいんだよね~spa
だから、ワインに影響するようなニオイが残らないように、
最後の仕上げすすぎはシーガルの水で洗ってます。
シーガルは他の浄水器よりも高い温度の湯でも浄水できるから、
ワイングラスを洗うのに最適です。
シーガルの人には「贅沢」と言われてますけどね。

そんなわけで、
グーはアトリエでも大阪の教室でも自宅でも、ここの浄水器。

この日の食事会に用意された水は、シャトー・シーガル。
シーガルの浄水器を通した赤坂天然水?です。

こんなラベルのボトルを準備していたなんて、
ちょっとシャレてるじゃあ~りませんかー。

090405_4 090405_3

料理屋さんでは、わずかひと月しか使えない桜模様の器。
こういう演出って嬉しいですね。
ちょっとアレンジすれば家庭でも使える演出ですね。
お勉強になります。
アイデアいただき、ごっつぁんです。

090405_5

沢煮椀は猪の脂身を使ったりするところを、
鯨のコロを使った、上品なお味どすえ。

茶碗蒸しは、日本のお米をエサにした「こめたま」という鶏卵を使った、
白に近い仕上がりで、これまた上品なお味どすえ。 

090405_6 090405_7

40人に出すとなると、どうしても乾いてしまいます。
切れ味の良い庖丁で切った刺身は艶やかに光るんですけどね。

090405_8

これがうわさの手打ち蕎麦ですね。会津の粉だそうです。
お味ですか?
もう少し量があればちゃんとしたことが言えるんですけどね。

もう半盛りぐらい出て来ないかしらね、と、
私たちのテーブルでは囁いてました。

090405_9_2

個人的にもう一度来ようかな。

|

« 久々のWEBダカーポ | トップページ | 葉わさびの辛味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のWEBダカーポ | トップページ | 葉わさびの辛味 »