« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

酒盗と卵黄

アスパラの酒盗と卵黄のソースかけ

090531_1

酒盗と卵黄を混ぜ合わせて
湯煎にかけてとろみをつけるだけ。

銀座2丁目の「うち山」さんに教わった味。

090531_2 090531_3

今まで休みだった日曜日も営業を開始されてお忙しい中、
とても丁寧に、ちょっと笑いを取りながら、
勉強になるお話しをしてくださいました。

酒盗って大きな瓶でいただいて、
さて、どうしたもんだか、と思案すること多かったけど、
このやみつきになる味は、いただかせていただきますhappy01scissors
グーの定番にさせていただきますよ~。

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

打った蕎麦は

乾燥したり湿気を吸ったりしないように
打った蕎麦を入れておくのが生舟(なまぶね)です。

家では大きくても冷蔵庫にさえ入ればいいのですが、
どこかに持って行こうと思うと、大きいと持ち歩きにくいんですよね。
1㎏打つことは少ないんだから半分の幅でいいのに、
と思い、お出かけ用に、
エコバックにすっぽり収まるサイズを作ってもらいました。

090530

拭き漆で仕上げてあって、なかなかカッコイイのですが、
材質がいいからか、重くてね。

それに1㎏打つことが増えてきて、
見ての通り、生舟は定員オーバーで沈没しそうよship

先日久々の出番の生舟ちゃん。
もっと使ってあげなきゃね。

| | コメント (2)

グー蕎麦とシャンパンの会2

何年もおいていたから良くなってると思うの~と、
持ち寄られたジャックセロスは、
眩しいぐらいに黄金に輝いていました。

アンリ・ジローはジャックセロスを超える厚みのある味で、
2番手に持ってくるのがもったいないほど。

090530_1 090530_2

…とは言うものの、あとに控えてるのが82年組だからね。
まずはクリュッグとボランジェを比べ、
クリュッグのハツラツさに驚き~。

090530_3

最後はサロンで締めましたが、料理の方に追われ、
「別格!」とか言った記憶はありますが、あまり覚えていません。

参加者の皆さんの記憶に残っていればそれでヨシ。
この会を共有できた幸せの記憶がいつまでも残れば、
みんなに聞けるもんね happy01

| | コメント (2)

2009年5月29日 (金)

グー蕎麦とシャンパンの会

ワイン仲間の、
「グーせんせーのお蕎麦でシャンパンが飲みたーいheart04
の黄色い声にお応えしてみましたhappy01

つまみ3品に鰹のたたき。

090529_1 090529_2

「ハマグリじゃないよねー」と誰もが言う超大粒あさりと、
「シャンパンに合う!」と言ってもらえた鮎のコンフィ。

090529_3 090529_4

「いっせーのせっ」で手を伸ばしたかき揚げの天種は帆立と海老の王道。
最初のせいろは、塩で。
塩で食べるのが初めての人も多く、とても喜ばれました。

090529_5 090529_6

そして季節外れ、かも知れないけど鴨happy01 鴨せいろで~す。
最後の締めの冷やかけは、濃い~い出汁を塩味で。
もう一度お酒に戻れそうな、クールダウンできる味に、
皆さんペロリdelicious

090529_7 090529_8

またやりましょうね!

あ、シャンパンのリスト?
それはねぇ…。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

燕三さんの三味線

文楽三味線の鶴澤燕三さんがいらっしゃいました。

グーの狭い空間に響く迫力は、鳥肌が立つ感動ものでした。
足下から、正面から、体当たりしてくる音に、
身動きできず、息を忘れるほどでした。

グーでこんな機会に恵まれるなんて、
なんてシアワセなことでしょう。

またお越しくださいね。お待ちしてま~~~~すlovely

090527

| | コメント (0)

5月の料理教室

今月は、和風のようで和風でない。
さっぱり味とピリ辛味が組み合わさった献立です。

帆立のきゅうり巻きは、
1~2滴落とすうすくち醤油が味を引き締めます。

枝豆ととうもろこしの白和えは、
サラダ感覚でたっぷり食べられる和え物で、
たくさんあった一人前を、皆さんペロリと完食でした。

090527_1 090527_2

牛肉とアスパラのスパイシー焼きは、
不思議な不思議な辛さがやみつきになる、簡単料理です。
ちょっとお行儀悪く、手に持ってパクパク食べられるようにしてあります。
アウトドアでBBQにも使える肉料理です。

赤ごはんは、以前に黒ごはんをお教えしたので、色もの第2弾です。
黒米のプチプチ感が噛み応えのアクセントになっています。
白菜キムチを加えてちょっぴり辛さを楽しみます。

090527_3 090527_4

デザートには、ほうじ茶ケーキを作り、今月も食卓は賑やかです。
プロセッコのスプマンテを合わせて、
みなさん、お疲れさんっnote

090527_5

| | コメント (2)

2009年5月26日 (火)

アロマセミナー5月

今月のハーブはイタリアンハーブ達。
オレガノ、バジリコ、セージ、ルッコラの4種類。

今回も茨城のまほろば農園から新鮮なハーブをどっさり送ってもらい、
実習や料理にたっぷりと贅沢な使い方をしました。

まずはオイル作り。
これでもかっ!…と、ハーブを瓶に詰め、
エキストラバージンのオリーブオイルやグレープシードオイルを注いだ
このオイルは、サラダやグリル料理にピッタリのハーブオイルです。

090526_01 090526_02

高野先生が見守る中、今度はアロマオイルを練り込んだ石鹸作り。
惜しげもなく教材にしてくださった超超高級のジャスミンとベルガモットで
とても優雅な香りの石鹸が出来上がりました。
クッキーの型でハートにしたのがカワイイでしょ。

このセミナーは、アロマオイルは全て持ち帰れます。
個人香と合わせて、毎回持ち帰れるオイルは全部で9種類。
そして今回はジャスミンまで!!! すごい!!!!!

090526_03 090526_04

イタリアンハーブのお勉強なので、料理もイタリアン、と、直球勝負!

新鮮で香り高いバジリコはジェノバペーストに。
エルベモンスがプロデュースのパルメザンチーズは、
大きな塊をすりおろして、と、ぜいたく~~。
卵に混ぜてフリッタータにしました。

セージは、相性抜群のかぼちゃのニョッキ。
かぼちゃを焼いてからマッシュしたので、
思いっきりたくさん使ったセージに負けてません。

090526_05 090526_06

なすのオレガノオイルマリネ、じゃがいもとトマトのナポリ風サラダ、
小夏とルッコラのバルサミコサラダも一緒にサーヴ。

大満足の食事タイムになりました。

090526_07

さて、来月はいよいよ初級の試験です。
高野先生、お手柔らかにお願いしますねwink

| | コメント (2)

2009年5月25日 (月)

鮎のコンフィ再び

塩を変えてちょっと強めにしてみる。

090525

酒飲みで食いしん坊の集うワイン会に出すコンフィ。
ピッタリ来る塩加減になりますように confident

| | コメント (0)

おかずのクッキング7・8月号

おかずのクッキングのテキスト本、7・8月号が出ました。
爽やかな表紙の夏号ですね。

090525_1

「林幸子のお酒のアテ」のページで紹介しているのは、
茹でだこを使った料理の数々。

たこ焼きのようなたこボール
そしてフライにしたたこロッケ happy01

0905257_2

これはなんっスか?
たこっ酢 happy02

0905257_3

ダジャレで通そうと思っていたら、paper待ったがかかってしまいました。
ので、普通に、たこキーマカレーです。

0905257_4

更にもう1品。…写真がありませんcoldsweats01

どれも夏にピッタリのお酒のアテ。
ご覧くださいね~。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

プレゼントをありがとう

せんせ~、これ。
…と、お生徒さんから頂戴しました。

ティージュのファーストフラッシュとバラのジャムと
ホームメイドのバケット。

090523_1_3

おおっ! 図らずも朝食セットの出来上がりじゃあ~りませんか。
心温かな朝食になりました。ありがと~~heart04

そして、「せんせー、おめでとうございます!」と、花束が。

090523_2_3

あれ~??? 誕生日はまだ先だよ~。
と、思ったら、
「ソバリエですよ。合格おめでとうございま~す」って。

手学テストの自信無さがバレバレだった?
ブログを読んで我がことのように喜んでくれました。
ありがと~~heart04

どうすればいいぃ~?と相談されたり、
せんせー聞いて~と愚痴や幸運な出来事を話してくれたり、
あのお料理が知りたーいとかわいいワガママを言ってくれたり、

そんなことも私にとっては嬉しいプレゼント。

大事にされて喜んで、わがまま言われて喜んで。

私にとってお生徒さんは、我が子だな~。
 うわっ、めっちゃ子だくさんや!

| | コメント (0)

29日はおかずのクッキング

2ヶ月に一度のおかずのクッキング出演日が近づいてきました。
29日金曜日の11時スタートです。

今までは土曜日の6時前、と、早朝でしたが、
これからは「ちい散歩」の後です。
東京以外は放送時間に変わりはないかも知れませんが、
不確かなので、放送時間のご案内をご覧ください。

収録は、楽しく、和気あいあいのうちに終了。

左に写ってるディレクターは、海老チリオヤジと名乗って、
おかずのクッキングWebサイトでスタッフブログに
ちょいちょい登場していますよ~。

さっきチェックしたら、
私の箸置きのことを書いてくださってますhappy01
読んでみてねwink

090524_1

さすが!
カメラ目線を心得てますね~、勝田アナkaraoke

090524_2

ご紹介したのは鰹料理。
「鰹のカツ」は、旅行先のハワイで出会った味がヒントになりました。

そして「鰹のさっと煮」は、ホント、簡単料理です。

090524_3 090524_4

放送時間が11時になって、
お酒を飲んでいるのが放送されるのは、
イメージが悪いんじゃないかと、会議で決まったそうで、
bottlewinebeer 飲むシーンは無し。
お酒を紹介するだけになってしまいました。

何だかサミシイと思いません?

| | コメント (4)

2009年5月23日 (土)

ソバリエルシック舌学コンテスト

今日のお昼は、
ソバリエ・ルシック、いよいよ最後の舌学コンテストでした。

なにをするかって?
蕎麦を食べるんですnoodle
 あ、かけちゃいますよ、せいろです。
 なんでせいろのイラストないのかねー。ぶつぶつ。

蕎麦を食べるなんて、お~っほっほ、朝飯前だわよ。
…と言いたいところですが、
伝統ある神田まつやのご主人と、
江戸料理の研究で有名ななべ家のご主人が、
目の前で審査しているんですよ。

私はまたも最初の組8人の中に入ってました。
11時スタートの、ちょっと早めの昼ご飯?
いえ、朝抜きだったのでちょっと遅めの朝ご飯。

そんな気軽な気持ちはどこへやら。
全員揃ってスタートなんですが、
パドック入りしてエンジン全開の競走馬と違って、
ピリッとした緊張感で、その時を待つbomb

090523_1_2

つゆ、薬味がセットされ、せいろが運ばれて、
さぁ~~一斉にスタートです!

…と言いたいところですが、8人分一度に運ばれてこなかったので、
4人運ばれた時点で、その人達は、待てpaper のdogsweat01状態。
そん中に私、入ってました。

090523_2_2 090523_3_2

蕎麦がのびちゃうぅぅぅdogsweat01sweat01sweat01

ま、その間にこの写真が撮れたんだから、
それはそれでヨシとしますか。

090523_6 090523_4

見られてるってやりにくいもんです。

いつもだったら何にも考えずにゾゾーーーーっと、
あっと言う間に終わってしまう所ですが、
右手と右足が一緒に出てしまうようなぎこちなさ。

加えて、ほんの1~2分だけど手を付けずに置いたハンディ。

はじめに2~3本をそのまま食べようと、手にすくい取ったら、
くっついて取れないっ!
手からふるい落として蕎麦猪口へ。
これって、なんだかなぁ~。かっこわるぅ。

その後はつゆに浸けて食べるんだけど、
ほんのちょっとすくい上げただけなのに、芋づる式にくっついてくる!
うげっ。どーすりゃいいんだぁーsweat02

私のプティな脳みそが解決策を見つける前に
すっかり食べ終わっちゃったい!

まっいっか。
取りあえず、ごちそうさまぁ~。

090523_5

左利きの私は、酒飲みっちゅう意味ちゃいますよ~
つゆ入れが左のまま。
これが美しく見えるかどうか、さて、どうなんでしょうね。

コンテスト一位の人の食べ方が見たいなぁ~。

| | コメント (4)

2009年5月22日 (金)

あぁ、鱧づくし

夏の食材の代表格、鱧。
まだ先の話と思っていたら「今頃の方がいいのが入るんです」との話に、
こりゃもう、行かずばなるまいて。
新橋の笹田さんまで、ダッシュsign03runrun

脂がまだのりきっていないこの時期の鱧は、
すき焼きにすると美味しいって。他にも色々ありますしって。
ジャンジャンいらっしゃい、ハモンハモンnoteです。

まずは軽く炙って甘味倍増のお刺身です。

090521_1

椀ものは骨切りの冴えに大輪の牡丹のようです。
珍しい柚子の花をあしらってあります。

090521_2

そしていよいよ鱧すきですhappy02

090521_3

クツクツと煮立つすき焼き鍋に…

090521_4

鱧をこうやって…

090521_5

落とし入れて…

090521_6

ちりちりになったら溶き卵につけていただきま~すhappy01

090521_7

うまっ!

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

ティータイムに

日本茶アドバイザー仲間の
紅茶の先生からいただいたオリジナルのティーバック
す~~ごく美味しかったので、
料理教室の講義中に飲んでもらうお茶に使いました。

テトラパックになっていて、
茶葉がちゃんとジャンピングするので香りが立ちます。
カップの中で静かに抽出するので渋味が立たず、優しい味わいです。
 ティーバックはチャパチャパしちゃダメよ~。

茶葉がたっぷりのパックなので、
私は中国茶方式でお湯をつぎ足し、マグカップで2~3回楽しみます。 

火曜日のクラスは、プラス、お生徒さんのひとりである、
パンの先生(お菓子だっけ?)から
ツオッブの生地で作ったオートミールビスケット、
「バノック」の差し入れがheart04
噛むほどに味の広がる素朴なビスケットで、紅茶にピッタリwink

おかげで優雅なティータイムになりましたspa

090522

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

みょうがの巻き寿司

年中手にはいるようになってしまった「みょうが」。
季節感がなくなってしまったのは悲しいけど、
薬味好きなので、いつでも食べられるのが嬉しかったりする。

みょうがたっぷりの料理が多々ある中で、
一番人気の料理は巻き寿司。

万能ねぎやごまが定番で、時には青じそや生姜も加えます。

090518_1_3

巻いた切り口はみょうがと万能ねぎがぎっちり。

090518_2

もっと値段が安くなる夏場は、
みょうがを巻くのが大変なぐらいパンパンに入れます。

ほのかな辛味とシャリシャリとした食感に食欲が目覚めます。
食欲の落ちる夏にピッタリの一品。
やっぱりみょうがには夏が一番似合います。

| | コメント (2)

2009年5月17日 (日)

3分クッキング6月号

発売になった3分クッキング6月号。

090517_1

今月のつまみでクッキングは、100円居酒屋!
お財布にやさしい設定です。

お酒もホッピーなんていかが?
 この時初めて飲みましてん。不思議な飲み物やね~。
そして、1分で出来るつまみには…。

090517_2

豚バラ肉に包まれたその中身は…。

090517_3

かき揚げにした材料は、ちくわと…。

090517_4

とってもお手軽で簡単なつまみ達です。
どうぞご覧くださいね wink

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

手学テスト2

当日は朝から雨。
加水率はどのくらいかナー、とか思いながら、
庖丁、こま板、麺棒を持って会場へ。

5人1組で4回に分けて行われるというので、
様子見がしたいから、後の方でありますように、と祈ったけど、
日頃神頼みをしないから見事にはずされて第1組。

いきなり、道具の置く位置がわからない!
でも、有段者のスタッフが親切に教えてくれて、おかたじけ~。

有段者のスタッフや委員会の人や審査員や。
それに加えて控えている受講者の目にさらされながら打つんですよ。
いくら人前は慣れている私でも勝手が違うので胃が痛くなりました。

090516_1_2 090516_2_2

そして審査員は正面からとかすぐ横とかでジッと見てるんですよ。
きゃー、やめてー! 向こう行ってくれ~ とか。
それじゃ審査にならないのわかってるけど、心で叫びましたhappy02

090516_3 090516_4

いつもと違う道具は勘が狂うものですね。
計量カップが違ってて、目盛りが見にくいし残量がわかりにくかった。
ちょこちょこ目盛りを見たりするのはいけないのかな、と思って、
手の感触に頼ったら、ぎょへー、固すぎる!

じーっと見てる更科のご主人に、
「加水率間違えました」と言い訳しながら悪戦苦闘していると、
「割らないように気をつけて」と、優しくプレッシャーをかけられて、汗sweat01

冬場の私のかかとのような表面…って言ってもわからないよねー。
それはそれはザラザラと、ひどいもんですよ。
いつパッカリ割れてもおかしくない硬さでしたね。
加水率は40そこそこだったようです。

正直なところ、早々と放棄しようかと思ったのですが、
それまたクヤシイから、取りあえず行けるところまで行ってみることに。

何とかまとまったのですが、ゼンゼン延びない。
その分、結局のところ太く切るしかなくて、
おかげで早く切り終えて、時間内には収まりましたhappy01

090516_5

道具の並べ方が違っていたので注意を受けたりしましたが、
切りそろえはきれいだったようで、
「さすがに主婦は庖丁になれてるね」と言う審査員もいらっしゃいましたが、
主婦やからちゃうでー、と心でツッコミを入れつつ、
「ありがとうございます~up」と微笑んでお礼。

加水率がなー、とか、最後の道具がなー、とか。
反省点が多くて、合格は無理かなーと思っていました。

ところが神は私を見捨てませんでした~happy01scissors

手学テストが通ったところで、次は舌学。
食べ方のテストです。
案内状を見ると、「舌学コンテスト」となってました。
と言うことは順位があるのかなー。

その日までに蕎麦屋さんで蕎麦を食べられるのはがんばって1~2回。
さてさて、どうなることやら。

| | コメント (1)

2009年5月15日 (金)

ソバリエ・ルシック手学テスト

江戸ソバリエは、NPOの「神田雑学大学」の中の、
江戸ソバリエ認定事業実行委員会が認定する民間の資格です。

蕎麦に関する講義を2日に渡って朝から夕方までビッチリと受け、
蕎麦打ちを体験し、10軒以上のお蕎麦屋さんのレポートを提出し、
2000字以上のレポートを提出するんです。

6年ぐらい前にスタートし、
今では千数百人のソバリエが誕生しています。
私は3年前にこの資格を知り、
ギリギリの軒数と締め切りをどうにか間に合わせ、取得しました。

そしてその時に、蕎麦が打てないのに、
ソバリエですと言うのが、私としては、どうもイヤだったので、
取得をきっかけに蕎麦打ちをスタートしたワケですよ。

やっと蕎麦打ちになれてきて、
ソバリエ持ってまーすと人に言えるようになってきたら、
なんと、江戸ソバリエの上の資格が出来るって案内が。

せっかくだから受けてみましょ、と、申し込みましたよ~。
講義はとても興味深かったのですが、
蕎麦を植える畑の肥料だとか、石臼だとかの質問に、
これはちょっと、プロにド素人が混じった感じー。

ま、行けるところまで行くしかないかー、と、
全てを受講して、その後の論文も提出して。

この論文がねー、論文じゃないのよ、私のは。
どう読んでも、作文。贔屓目に見てエッセイ。
「ま、熱意は伝えた」
訳のわからんやり遂げた感が伝わったのか、合格!
やったねっ!

そして次の段階、それが手学テスト。
何をするかというと、蕎麦打ちをする。ま、当たり前か…。

二八の粉1kgを50分以内に打つんですよ。
詳しく言うと、粉をふるう所から始まって、
切った蕎麦を生舟に並べ、
道具をきれいにして定位置にきちんと並べて、
一歩引いたところに立つ。

これは、全国麺類文化地域間交流推進協議会、
長ったらしいので、縮めて「全麺協」。
そこの、素人そば打ち段位認定制度の、
初段と二段の間ぐらいのレベルだとか。
初段は700gを40分以内に、二段は1kgを40分以内に。

時間が50分と、優しい設定で受かりやすくして入れているそうですが、
認定試験を受けるどころか、見たこともないからルールがわからん。
ま、どっちにしても、無理です、私には。

だって、伸すのが楽しくて、丁寧に丁寧に伸してるし、
切るのが楽しくて細く切るから、時間がかかるのよ。

まぁなー、そうは言ってもナー、せっかく次の段階に挑戦できるんだし。
ま、取りあえず受けてみっか。

…と、結局受けるんかい。

そう、受けたんですよー。

長くなったので、続きは明日ね。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

初鮎で

もう鮎が解禁になったんですね。
先週末に見つけたので、コンフィを作りました。

塩をたっぷり振って

090514_1

たっぷりのオイルと合わせ、

090514_2

オーブンに入れて3時間。

090514_3

出来上がってもあまり変わり映えしませんが、
骨まで柔らかに出来上がってます。

ほとんどのお客様が、
頭からかぶりついてシッポまで完食!

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

Two rooms のハンバーガー

表参道に新しくオープンしたAO。
地下に紀ノ国屋が入っているのでよく行きますが、
上の階はまだほとんどチェックしてません。

そんな中で、5階にある「Two rooms」だけは、
何度か行っています。

レストランは昼は11時30分から14時30分と、普通なんですが、
夜はラストオーダーが22時30分と、ちょっと遅め。
助かるんですよ、夜ごはんがつい遅くなってしまう私なんかには。
ディナーコースが6500円、8500円と、バカ高くないし。

そして隣にあるラウンジバーは11時から26時まで通してやっていて、
レストランのランチを逃しても、バーの方で食べられる。
これまた、4時5時に昼ごはん、なんてこともザラな私には大助かり。

…と言うことで、まだ行けてなかった遅昼のバーに行きました。

デッキから見る夜景は、空に高さを感じる開放感ある夜景。

090513two_rooms_4

昼はワイドに広がる、これまた開放感ある景色。

090513two_rooms_3

キッチンはニューヨークグリルにいた人達と聞いていたので、
ここはやっぱり、バーガーでしょ。

090513two_rooms_1

ほ~ら、美味しそうでしょ。
肉!てな感じですよ、このバーガーは。
土台のパンはトマトの汁を吸ってちょっとべっちゃりぎみですが、
上に乗っかってるパンはグリルしてあるから焼き面がクリスピー。

大きさの比較にipodを置いてみましたhappy01

090513two_rooms_2

そして、ポテトとソースが美味しかった。と言うか、私好み。
ファーストフードじゃないのでそれなりのお値段ですが、
食べ応えアリなので、満足満足delicious

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

削り節が…

出汁を引こうと、
まとめて取り寄せた本枯れ節の厚削りの中から、
一袋取り出して、おや?

袋の膨れ具合が全然違う。

090511_1

中身を比べると、鰹の色が違ってた。
きちんと窒素充填されている右側は、
鰹が酸化されずにフレッシュを保ってるから、
色が赤みを帯びた鰹の肉の色。
鰹の香りが高くて、味わいもハイレベルな濃さ。

090511_3

ところが、窒素充填され損なったのか、わからないぐらい小さな穴があったのか、
ペチャンコの方は、空気に触れて酸化してて、色が悪くなってた。
もちろん、出来上がった出汁は酸味渋味の立った、上品とはいえない出汁で、
香りも、かぐわしさがなかった。

090511_2

削りがつおは表面積が広いから、
空気に触れると酸化するのが早い。
買ってきた削り節の封を開けたら、
残った削り節は袋から空気を抜いて冷凍庫で保存しましょうね。

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

名バリスタ

090510

紀ノ国屋の一角にバールがあります。

駐車場へ行く通路を利用したコーナー。
決してそうではないんだけど、
そう思えてしまう殺風景な空間なのよ。

こういうイートインは、
お買い物のついでにちょっと立ち寄る、
ハイチェアに片方のおしりを座らせて立ってるような座ってるような、
そしてちょっとザワザワ感がある、
そんなのが私は好きなんだけど、
静かでサミシイ空間なのよ。

でもね、エスプレッソが美味しいの。
淹れてくれてる人は、なんとバリスタの大会で2位!

だから、美味しいだけじゃなくて、
こんな可愛い絵に仕上げてくれるのね。
(あ、普段はチョコレートはついてません)

知ってればそれで行く人もいそうなのにもったいない。
紀ノ国屋さん、
ちゃんと宣伝とか案内とかしてあげればいいのに、
と思っちゃうなー。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

4月の料理教室

4月の料理は久々にパスタを入れて、
「なんとなくイタリアン」のつもりでしたが、
こうして見ると、そうでもないですね。
ま、洋風、と言うことで。

チキンアボカドスープは温かいスープで、
軽い味に仕上がっていたからか、皆さんペロリdelicious

新玉ねぎのグラタンは簡単で美味しいと、評判高し。
パンにのっけてもいいんだわ、これ。

090509_2 090509_3

パスタは唐辛子の代わりに柚子こしょうを使った、
ちょっぴりピリ辛のパスタです。

暑さに向かうこれからにピッタリのサワードリンク。

090509_1 090509_4

シーズンど真ん中の鰹のカルパッチョは、まずはたたき作りから。
焼きたてで鮮度が落ちていないから鰹特有の臭みがありません。

090509_5

出来上がったらまずは撮影会。
シャンパングラスを持って「泡消えちゃうよー」と急かすまで
みんな真剣に、何枚も撮ってます。

090509_6

新しく参加された方が増えて、
クラスがいっぱいになってしまいました。

私を選んでくださる方々に感謝の気持ちでいっぱい。
少しでもお応えできるよう、クラスを増やそうと、
ただいまカレンダーとにらめっこしてます。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

美味しいクネッケ

クネッケは、食物繊維たっぷりで低カロリーの、
北欧のドライタイプのパンです。

空気感のあるサクサクとした噛み応えで、
クリーミーなチーズと合わせたりするんだけど、
私にはフスマっぽくてイマイチなんだなー。
美味しいクネッケってないんだろうかねぇ。

そう思ってたら、
新装オープンした紀ノ国屋からオリジナルのクネッケが登場!

090508_2

これがねぇ、香ばしくてクリスピーで美味しいのよ。
チーズをのっけるのはもちろんのこと、
何にものっけずにそのままカリカリ。
これまたお茶うけに良くってね~。

090508_1

チーズの時はプレーンで、お茶うけにはセサミ。
そんな使い分けで常備しています。

380円ぐらいだったかナー。お手頃です。

私の中のヒット商品ですよ、紀ノ国屋さん。


| | コメント (2)

2009年5月 7日 (木)

カリフォルニアワインでバイザグラス

ブログが滞ってると書くことが溜まっちゃって coldsweats01
ホントはまだまだ書いてる場合じゃないんだけど、
ま、ちょっと気分転換。
 …と言うより逃げてますねん。

何年も前から毎年ご案内いただいている
カリフォルニア バイ ザ グラス プロモーション
試飲商談会の招待状が今年も来ました。

手頃な値段で5種類以上、グラスワインとして出して、
色んな種類のカリフォルニアワインをお客様に味わってもらおう。
4月5月の2ヶ月間に、それに賛同して参加してくれるお店を
募集するための試飲会なんです。

グーは飲食店じゃないし、教室でワインをだしてるっつったってさ、
クラスが少ないんだもの、知れてるのよ、買う本数が。

商談できないのに行くなんて申し訳ない。
そう思ってずっと行ってなかったんだけど、
そんなこと気にしなくていいんですよ、と言っていただいて、
やっと、堂々と、行ってみました。

090507_001

入れ替わり立ち替わり、すごい人数の人が、
うちの店に置くのにはどれがいいかを決めるために
近寄りがたいぐらい真剣にテイスティングし、
ワインメーカーや輸入業者の人と熱心に話してるんですよ。

もっとなぁなぁで決めてるのかと思ったら、どのお店の人も、
飲んだときのお客さんの顔を思い浮かべてるんでしょうね、
真剣そのもの。

じゃ、せっかくだし、私も真剣に行くかー。
よーし、片っ端から、…と思ったんだけど。
何百本あるのよーーー!多すぎるぅ!winesadwineshockwine

これはちょっと、と、一人作戦会議をして作戦変更recycle

お店に行ったら、泡の次に注文する白。
その中でも軽くて華やかな、最初の白にふさわしい、
ソーヴィニヨン・ブラン。
これしか試飲しない!

そしたら、それだけでもあるわあるわ。
あ、美味しlovely あっ美味しhappy02 あぁ美味しdelicious あ~美味しcatface

うちの教室で出すのだったら。
お生徒さんを喜ばせられるワインは。
そんな気持ちで試飲してるのに、全部美味しい。
 ストライクゾーン広すぎやでー。

その中でもお気に入りだったのは、
マリポーザワインのヨセミテ・ビュー。
軽やかで華やかで、スッキリとした余韻が次の1杯を誘います。

090507_002

パラドゥッチも良かったな~、と思って検索したら、
http://www.calwinej.com/campaign/index.html

新宿東口の手打ち蕎麦大安にありました~note
 大安はワインも日本酒も焼酎も置いていて、
 お料理も楽しめて、最後は蕎麦で締められるし、
 若い人でも外人でも2人でも大勢でも、と、
 使い勝手のいいお店なので、私も重宝してるお店で~す。
カリフォルニアは何を置いてるかとても解りやすくなってたし、
一緒だった人にも説明がしやすかったですよ。

節約ムードの世の中。
美味しいのが安く飲めるのに越したことはないから、
こういうプロモーションは年中やって欲しいですね。

そう言えば先日行った、
紀伊国屋の入ってるビルの5階のTwo roomsは、
カリフォルニアワインやNZワインをたくさん揃えてるとか。
ソービニヨンブランをグラスで頼んだら、
スタッグス・リープだった。
お手軽価格だったけど、ここもバイザグラスだったのかしら?

090507_003

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

今日はレディス4

台湾行って大阪行って、アロマセミナーして料理教室して。
蕎麦打ちの試験を受けて、雑誌の撮影して。
テレ朝の収録してテレ東の収録して。

そんなコトしているうちに、2週間過ぎてるぐらいに思ったら、
一ヶ月近く過ぎてました。

月日の経つのが早すぎる今日この頃。
写真だけが貯まっていってマス。
そろそろ時間をやり繰りして書きま~す。

とは言うものの、
次の本の料理案の締め切りがスグそこに…。

逃げに走ったとき、あ、いや、気分転換の時に、
いいブログが書けるかもね。

とりあえず今日は、レディス4の生放送です。
わさび菜料理を紹介します。

見てね~。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »