« 初鮎で | トップページ | 手学テスト2 »

2009年5月15日 (金)

ソバリエ・ルシック手学テスト

江戸ソバリエは、NPOの「神田雑学大学」の中の、
江戸ソバリエ認定事業実行委員会が認定する民間の資格です。

蕎麦に関する講義を2日に渡って朝から夕方までビッチリと受け、
蕎麦打ちを体験し、10軒以上のお蕎麦屋さんのレポートを提出し、
2000字以上のレポートを提出するんです。

6年ぐらい前にスタートし、
今では千数百人のソバリエが誕生しています。
私は3年前にこの資格を知り、
ギリギリの軒数と締め切りをどうにか間に合わせ、取得しました。

そしてその時に、蕎麦が打てないのに、
ソバリエですと言うのが、私としては、どうもイヤだったので、
取得をきっかけに蕎麦打ちをスタートしたワケですよ。

やっと蕎麦打ちになれてきて、
ソバリエ持ってまーすと人に言えるようになってきたら、
なんと、江戸ソバリエの上の資格が出来るって案内が。

せっかくだから受けてみましょ、と、申し込みましたよ~。
講義はとても興味深かったのですが、
蕎麦を植える畑の肥料だとか、石臼だとかの質問に、
これはちょっと、プロにド素人が混じった感じー。

ま、行けるところまで行くしかないかー、と、
全てを受講して、その後の論文も提出して。

この論文がねー、論文じゃないのよ、私のは。
どう読んでも、作文。贔屓目に見てエッセイ。
「ま、熱意は伝えた」
訳のわからんやり遂げた感が伝わったのか、合格!
やったねっ!

そして次の段階、それが手学テスト。
何をするかというと、蕎麦打ちをする。ま、当たり前か…。

二八の粉1kgを50分以内に打つんですよ。
詳しく言うと、粉をふるう所から始まって、
切った蕎麦を生舟に並べ、
道具をきれいにして定位置にきちんと並べて、
一歩引いたところに立つ。

これは、全国麺類文化地域間交流推進協議会、
長ったらしいので、縮めて「全麺協」。
そこの、素人そば打ち段位認定制度の、
初段と二段の間ぐらいのレベルだとか。
初段は700gを40分以内に、二段は1kgを40分以内に。

時間が50分と、優しい設定で受かりやすくして入れているそうですが、
認定試験を受けるどころか、見たこともないからルールがわからん。
ま、どっちにしても、無理です、私には。

だって、伸すのが楽しくて、丁寧に丁寧に伸してるし、
切るのが楽しくて細く切るから、時間がかかるのよ。

まぁなー、そうは言ってもナー、せっかく次の段階に挑戦できるんだし。
ま、取りあえず受けてみっか。

…と、結局受けるんかい。

そう、受けたんですよー。

長くなったので、続きは明日ね。

|

« 初鮎で | トップページ | 手学テスト2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初鮎で | トップページ | 手学テスト2 »