« 落語のあとは | トップページ | ねぎ蕎麦の冷やかけを… »

2009年7月20日 (月)

アロマセミナー中級

1月にスタートしたアロマセミナーは、いよいよ中級に突入。

まずは高野先生から合格した人に初級試験の答案用紙を返還。
みんなよく頑張りました、と、解答する先生の表情が和やかです。

090720_1

中級では、教える立場を目指して、
繰り返し繰り返しアロマを追求していきます。

実験君だけでも、これだけのアロマを使います。 

090720_2

デオドラントアロマミストは、
ティーツリーを主に5種類のアロマを使って調合するのですが、
1滴の違い、1滴の大きさの違いで、香りが随分と違ってきます。
そして、個々の個性を思わせるものが出来上がるのが不思議です。

090720_3

ハーブを使った料理を食べるのは今までと同じですが、
これからはお食事タイムでハーブを勉強します。
中級は1種類に限定して、美味しくいただいたら、
高野先生のハーブの説明を書き留めます。

食べることが大好きなdelicious高野先生は、
つい食べる方に夢中になって
ハーブの説明を忘れかけると言う一場面もありました happy01

今回はミントです。
ペパーミント、スペアミント、ブラックミントを使って
バーガーディッシュにしてみました。

ベイクドポテトは、クレームエペスにペパーミントを混ぜ、
ズッキーニのピュレにはスペアミントを使い、
そしてバーガーは…

090720_4

ラムヒレ肉に刻んだミントをたっぷりサンドして揚げました。
ミントの香りがぼやけないよう、ソースはかけず、
塩・こしょうだけ。

090720_5

ブラックミントはブラックミントを使って、ピーチモヒート。
ミントがちょっと少なく、やさしい味になりましたが、
夏にピッタリの爽やかさはブラックミントの効果です。

090720_6_2

お食事タイムが終わると、いよいよ個人香。

初級はテーマに沿って用意された7種類のアロマから
選び出した香りを高野先生に解説してもらいましたが、

中級では10種類のアロマを使って、
教える側として、テーマの作り方とそれにあった7種類の選び方、
選ばれた香りの判断の仕方などを学びます。

嗅いですぐにそれが何の香りかわかるようにしていくのも、
それらのアロマが持つ特徴や効果を覚えるのも、
中級での勉強課題です。

教える側の勉強になって、
お生徒さんからの質問もかなり突っ込んだ質問が増え、
3時間のセミナー時間は大幅にオーバー。
いくら時間があっても足りない。
そんな熱いセミナーになりそうな中級クラスです。

|

« 落語のあとは | トップページ | ねぎ蕎麦の冷やかけを… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語のあとは | トップページ | ねぎ蕎麦の冷やかけを… »