« ごはんミュージアム | トップページ | 茶の環の抹茶バターケーキ »

2009年7月 8日 (水)

番外編の料理教室

グーの料理教室は新人さんから長年来ているベテランさんまで、
一緒になってのレッスンです。

習っている限り同じ料理は登場しないので、
お教えする料理は新人さんにとってもベテランさんにとっても、
初めて習う料理なんです。
お教えする料理の前では皆さんが新人なんですね。

とは言うものの、ベテランさんは道具の場所も知っているし、
習い慣れているから自分が何をするべきかもすぐに理解して、
指示をしなくても行動に移れます。

その点、新人さんはわからないことばかりで戸惑ってしまいます。
そして新人さんは洗い場担当に…。

…と言うことはグーの料理教室では有り得ません。
洗い物はグーでも出来るもの。
お生徒さんには、特に新人さんには、
まず包丁を持ってもらいたいから、
私も率先して洗い場に廻ります。

庖丁さばきはとても大切なことですので、
一人一人の技量に合わせてお教えすることが大切です。
だからひとまわりしてるとけっこう時間がかかります。
そんな風に個別指導をするときは、
洗い物に廻れないので、お願いしちゃいますが。 wink

出来なかったら出来るように、
出来る人にはその上にいけるように。
料理技術は何度も同じことを繰り返しお教えしても
教えすぎと言うことはありません。

でも、料理内容はそう言うわけには行きません。
常に新しいお料理をお教えして、
レパートリーをふやしてもらわなくっちゃね happy01scissors

ま、そんなわけで毎回新しい料理が登場するわけですよ。

そうすると、新人さんはそれまでに登場してきた知らない料理を、
知らないままになってしまうんです。

だから、時々、誰かが委員長役を買って出て、参加者を募集して、
「新人研修」とか「○○を習う会」とか「番外編」とか名前を付けて、
単発の教室をすることがあります。

そして今回、担々麺を習いたい!との声が上がり、
「番外編」の教室をしました。

手早くできる炒め物、「トマトの中華風卵とじ」は、
北京の方に教えていただいた家庭料理で、
甘味の活かし方がポイントのグーの定番料理です。

そして「牛肉と新生姜の炒め物」は、
新生姜のある時期にしかできない炒め物。
牛肉の柔らかさと新生姜の爽やかな辛味がポイントです。

090708_1 090708_2

さて、本日のメイン「担々麺」。まずはラー油作りから始めます。
スタッフのハマちゃんは、
「香りがいいし美味しいし、習ってから今まで欠かしたことがない」と、
心強いことを言ってくれました lovely

ごまの風味がしっかり利いた担々麺は、
香り豊かなラー油をプラスしてお好みの辛さに仕上げます。

そしてそして、グーの「マンゴープリン」。絶品で~すshine happy02
果肉感たっぷりのトロトロマンゴープリンです。

090708_3 090708_4

9月には「出汁の会」があります。
日本人だもの、鰹と昆布の出汁をきちんと知って欲しい、と、
なんだかんだと毎年お教えしています。

今年も出汁の美味しさを伝えることが出来るのが
とても嬉しいグーであります happy01

|

« ごはんミュージアム | トップページ | 茶の環の抹茶バターケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごはんミュージアム | トップページ | 茶の環の抹茶バターケーキ »