« ロンフーフォンのピータンソース | トップページ | Myアロマ »

2009年8月 1日 (土)

クランベリーを使って

おかずのクッキング8・9月号では、
連載以外のページでクランベリーを使った料理を紹介しています。

クランベリーはポリフェノールやビタミンCなどの
抗酸化物質が豊富に含まれていて、
老化の原因のひとつである活性酸素を押さえてくれるとか。

そんな健康的なイメージのクランベリーは、
アメリカではオレンジジュースグレープフルーツに続いて、
どこのお家の冷蔵庫にも入って居るぐらいなじみ深いものだとか。

でも、あまり日本では定着していませんね。
たぶん、果汁100%じゃないからじゃないかと思ってます。
果汁は、ものすごく酸っぱくて100%では飲めないから、
飲みやすい濃度、15~25%にしてあるようです。
それでもビタミンCは充分にあるんだとか。

なんだか良いこと尽くめに聞こえるクランベリーですが、
ま、ブログではそんなことはさておいて、
身近なおやつに使ってますよ~の紹介です。

クランベリードリンクを凍らせて、
バナナ・ヨーグルト・黒ごま・蜂蜜を合わせてミキサーにかけた、
「クランベリースムージー」。

21日のおかずのクッキングで、
「豚しゃぶのみょうがとガリの酢の物のせ」と合わせて紹介します。

スムージー好きな勝田アナは、いたくお気に入り。
大きなグラスにグビグビと2杯飲んでました。

090801_1

「クランベリーとおからのマフィン」は、
ドライクランベリーを使っています。
これは、テキストだけで、テレビでは紹介しないんです。
すいません。

私の作るマフィンをとても気に入ってくださってる編集の方から
「是非!」とのリクエストから出来たレシピです。

おからもクランベリーもたっぷり入れてます。

市販のマフィンは売価との兼ね合いがありますので、
具がたっぷりというわけには行きませんね。
その点、ホームメイドは利益抜きですから、
たっぷり入れられますね。

090801_2

型はカップケーキの型でもOKですよ。
手軽に出来ますので、トライしてくださいね。

|

« ロンフーフォンのピータンソース | トップページ | Myアロマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンフーフォンのピータンソース | トップページ | Myアロマ »