« コンセプトG | トップページ | 久々のブルギニオン »

2009年8月27日 (木)

理想の布巾

撮影や料理教室では、食器や調理道具やと、
洗い物がたくさん出てきます。
だから布巾は大判で吸水性のあるタオルを布巾にしています。

じゃ、タオルだったらどんなのでも良いのかというと、
そうじゃないんですね。

厚すぎると、手の小さい私は拭きたい物がしっかり掴めないし、
細かな角やカーブが拭き取りにくく、
薄手のワイングラスは力加減のコントロールがしにくい。
大きすぎると、小さな物を拭くときに、
余分なところが多すぎて邪魔になる。
繊維が短いと毛羽が付きやすい。
そして、白を買うと蛍光剤が使われてたりする。

厚みはあるけど厚すぎず、
普通のタオルぐらいの長さで収まっていて、
出来ればオーガニックコットンで。

特に厚みがなかなかクリアになる物が少ないんですよ。
ちょっと良いなと思うものは、大抵厚みがあってね。
顔を拭くのには気持ちの良いふっくらした厚みなんだけどね。

でも、そろそろ候補を見つけておかないと、
今使ってるのが、すり減ってきて、
風前の灯火状態なのが増えてきて心細い。

090826_2_2

真剣に探さなきゃ、と、思っていたら、
今治タオルの中に、まさにこれ!と言うのを見つけました。

オーガニックコットンのワッフル地。
手馴染みの良い薄手で軽く、乾きも早そうです。

手拭き用のタオルもヨレヨレになってきてるので、
同じく今治タオルで選びました。
これまた厚すぎず、キッチンで使うには嵩張らずにすみます。

090826_1

きちんと作られたものは、持ちが良く、
グーの手荒な扱いにも耐えてくれそうです。

製造中止なんてことにならないよう、
追加注文しておくかな。

|

« コンセプトG | トップページ | 久々のブルギニオン »

コメント

先生の布巾がとても印象的で、綺麗に綺麗に洗われてぱりっとしてて、どんな洗い方してるのかなあ、なんて気になって先生にたずねてしまいました・・。洗って乾かすまでを見たいなあなんて思ったりもしてました(笑)オーガニックコットンのワッフルですか!リーダーは先生みたいにリッチに買えないから、手芸屋さんでメートル買いして自分で縫おうかなあ・・なんて思いながら眺めてます。

投稿: リーダー | 2009年8月27日 (木) 00時49分

布巾に付着する油気は洗った食器から付く油のワケが無く、そのほとんどが手の脂気だから、台所用洗剤でちょこちょこ洗ってたのでは落ちないんですよ。肌の汚れが付いた衣類を洗うのと同じで、衣類用の洗剤で、お湯で、洗濯機でガンガン洗わないときれいに落ちないんですよ。
 で、そうして洗うと、パリッとした気持ちいい乾き具合になって、吸水が良いんです。
 そして、きちんとシワを伸ばして乾すと、たたんでしまうときにきれいに仕舞える。そうしてあるとお生徒さん達が使う時、気持ち良く使える。ま、それの繰り返しですね。
 汚れのない白さをキープするのには、かなりハードな洗い方をするので、ダメになるのが早いんですよ。「先生、破いちゃいました。ごめんなさい」と、お生徒さんに恐縮させるわけにいかなく、少しでも丈夫な物をと思うと、ある程度の値段しちゃうんですね。吸水量が少ない割りに値段の高い外国製の色合いのきれいなキッチンクロスよりは実質的だし安いし、そう考えると許せる値段かなと思ってます。ま、私にとっては仕事の道具だしね。

投稿: グー → リーダーさん | 2009年8月27日 (木) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンセプトG | トップページ | 久々のブルギニオン »