« 3分クッキング9月号 | トップページ | 加賀棒茶を水出しで »

2009年8月16日 (日)

金沢のくずまんじゅう

金沢出身の由紀ちゃんは、
ワインが縁でグーの教室に通うようになったお生徒さん。

一緒に金沢を廻りたいねと言っていた、
やっとチャンスが訪れました。

東京金沢を行ったり来たりと忙しい由紀ちゃんが、
1便から終便までのワンデートリップの私を
3倍濃縮なガイドで楽しませてくれました。

朝のおやつに選んでくれたのは、戸水屋の「くずまんじゅう」。

「すっごく弾力があってクセになる噛み応えなんです。それに、
 中の餡が普段甘いものを食べない私でも食べられる甘さなんです。
 素朴なんだけど、それがいいんですよ~。
 昔っから好きで、学校の帰りとかによく買ってました。」

由紀ちゃんの言うとおり、
ほんの少し塩がきいた餡は、
甘さが控えめで、しっとりと言うよりはサラリとしています。

090816_1

暖簾も包装も素朴さを感じます。

090816_2_2 090816_3_2

一度にたくさん作らないので、店頭に並んでいる数は多くありません。
だからこそ、出来たての透明感があるんですね。

「くずまんじゅう」は、葛を使っていないから平仮名なんですね。
誤解があるといけないからでしょうね、こんな張り紙がありました。

090816_4_2 090816_5

そして、日持ちしないから(と言うか時間持ちしないから)、
観光客の方はお土産に出来ません、と言う張り紙も。

「オジサンは愛想が悪いんです」という由紀ちゃんの説明に納得。
美味しい間に食べて欲しいと言う気持ちと、
たくさん注文が入ると度々作らないといけないと言うのが、
オジサンをそうさせてしまうんでしょうね。

戸水屋のくずまんじゅう、1個120円。
地元ならではの1品ですね。

|

« 3分クッキング9月号 | トップページ | 加賀棒茶を水出しで »

コメント

はじめて。

くずまんじゅうおいしそうですね〜(*≧m≦*)

くずまんじゅう、葛を使わないってはじめて知りました。

勉強になります(*^^*)

投稿: じゅんこ | 2009年8月16日 (日) 19時52分

葛澱粉とはまた違ったじゃがいも澱粉の弾力。
食べてみて、私も勉強になりました。

投稿: グー →じゅんこさん | 2009年8月18日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3分クッキング9月号 | トップページ | 加賀棒茶を水出しで »