« 日本茶ソムリエ和多田さんの本 | トップページ | おかずのクッキング10・11月号 »

2009年9月20日 (日)

9月の料理教室

今月の料理教室は王道のイタリアン&グーオリジナルで、
テーブルにはジノリのベッキアホワイトがズラリと並びました。

090920_7

バーニャカウダはピエモンテ地方の料理で、
初めて作ったのは15年以上前なのですが、
その当時は、「バーニャは風呂」で「カウダは熱い」、
つまり「熱い風呂」という意味だと教わりましたが(しかもイタリア人に)、
バーニャはピエモンテの方言でソースと言うらしく、
「熱いソース」というのが正しい意味のようです。
洒落っ気があって気に入ってたんですけどね「熱い風呂」。

にんにくとアンチョビを利かせたこのソースは、
バーニャに限らず、いろいろと応用できるのでとても重宝します。

さんまのフリットは、このソースが決め手。
この日のワインにもピッタリ合って、皆さんに好評でしたnote
「グー先生、さんまの長いまんまフリットと言う名前が良いと思います」と、
お生徒さんに新しい名前をいただいちゃいました happy01

090920_1_2 090920_2_2

アクアパッツァはこれからのシーズンにぴったりの鱈を使いました。
スープが美味しく仕上がり、幸せな気持ちになれるのが嬉しいですね。

かぼちゃのニョッキは、アロマセミナーでお出しした時に大好評で、
ずっとリクエストされていたので、満を持しての登場ですshine

090920_3 090920_4_2 

デザートは梨のゼリー寄せです。
梨の瑞々しさに加えてミントの爽やかさがアクセントになってます。

ワインはベリンジャーのシャルドネです。
イタリアンなのにねー、カリフォルニアですよ~。
さんま、さんま、と思いながらワインを探してたらねー、
これになってしまいました。ははは。でも、よく合ってましたよ~。

090920_5 090920_6

今月もお生徒さんの美味しい笑顔に元気をもらったグーでした~happy01

|

« 日本茶ソムリエ和多田さんの本 | トップページ | おかずのクッキング10・11月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本茶ソムリエ和多田さんの本 | トップページ | おかずのクッキング10・11月号 »