« 打ち合わせの後は | トップページ | 新しいグラス »

2009年9月11日 (金)

新宿御苑の「せお」

新宿御苑にあった「大木戸矢部」。
花園と2軒経営されてたのを銀座に絞り移転されたのを機に、
料理長をされてた妹尾さんが矢部から独立。
大木戸矢部を改装して、「御苑前せお」として開店されたのが数年前。

矢部さんの頃とお店の雰囲気が変わりましたよ、とのお誘いに、
楽しみに出かけました。

15人に満たない席数の店内は、こぢんまりと言うより落ちついた雰囲気。
カウンターで客を待つ膝掛けナプキンには抑えた色のロゴが。
 箸帯の写真、気に入ってますねん、私 wink 

090911_1 090911_2

最初に出てきたいくらの下は、少し大きめのじゅんさい。
お互いの季節が違うと思っていたけど、
なるほど、これだとギリギリいけるのね。

虫養いの一口寿司は、旨味が立つまで寝かせた鯛。
 虫養いは、お腹の虫に取りあえず黙ってもらうのに
 取り急ぎ食べておく一時しのぎの食べ物のことです。
 京都言葉のひとつやけど、この言い方好きやわ、私。

090911_3

しらすの卵とじは、出汁の美味しさに思わず寡黙になってしまいました。

刺身は縞海老、鯖、鯛、鮃の盛り合わせ。
鯖の向きが反対なのがナゼか、聞こうと思って聞き忘れてしまったなー。

090911_4 090911_5

魚は焼き魚かと思いきや、鮎の焼き浸し。
うまかった!としか言いようがないっ!すんませんなぁ。

かぶらの蟹あんかけは旨味が上品で、これまた、うまかった~ happy02

090911_6 090911_7

シメのメシは蕎麦。十割でこの日は茨城の南で取れた蕎麦粉だそうです。
濃すぎず薄すぎず、出汁の利いた蕎麦つゆがよく合ってました。

090911_8

ねぎがシャッキリしてて光ってるのは、切れ味の良い庖丁だから。
これだけで嬉しくなってしまうのよね~。

蕎麦湯はめっちゃ濃い~~。重湯に近いね。
いわゆるポタージュタイプですね。

090911_12 090911_9

さて、最後の甘味は、あんみつが定番だそうです。
甘さが控えめでペロリと食べてしまえる感じでしたね。

とか何とか言ってるけど、私の食べたのはかぼちゃのプリンでした~。
プリン好きなもので、誘惑に負けました happy02

090911_11 090911_13 

これだけ出てきて6000円しません。
お昼もやってます。蕎麦アラカルトです。
夜は単品での注文も出来ます。

誰かをお連れしても財布に優しいし、使えるお店だな~。
機会があったら、また利用したいお店です。

|

« 打ち合わせの後は | トップページ | 新しいグラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ち合わせの後は | トップページ | 新しいグラス »