« 具だくさんのスープ | トップページ | 不思議な飲み物「レモン牛乳」 »

2009年10月28日 (水)

柿とりんごのパフェ

これから晩秋に向かって、柿が出盛りますね。

柿は甘くて酸味がないからかどこか地味な印象ですが、
その甘さは和菓子の甘さの基準になっているぐらい、
日本人にとって、昔から大切な甘味だったんですね。

最近ではいろいろな種類の柿を見かけるようになって、
まだまだ知らないのがあるんだなーと思わされます。

お菓子やお料理に使って便利なのは、やっぱり種なし。
大きな種なんだから、チョイと取り出せばすむことでしょ、
とは思うのですが、やっぱりあると一手間かかる気がします。
値段も安いしね。つい、種なし柿を買ってしまいます。

りんごはこれまた色んな種類が出てきてて、
迷ってしまいます。
私の好みとしては、しゃりしゃりとした噛み応えの、
酸味と甘さのバランスの程よい…って、
なに当たり障りのないこと言ってんでしょ。ね。

ともかく、
先日の撮影で作ったパフェは好評でした。

柿とりんごのパフェ

091028 

サイコロ切りにした柿とりんごに
砂糖と白ワインをかけてしばらく置きます。

サイコロ切りしたカステラを器の底に入れ、
柿とりんごを汁ごと入れます。

ナツメグとクローブで香りを付けたホイップクリームを絞って、
できあがりぃ~~~~ wink

火を使わないし、とっても簡単。

ポイントは、
ホイップに加えるナツメグはホールをすりおろして使うこと。
香りが、パウダーで売っているものと全く違います。
ナツメグって、こんなにいい香りだったの?と、ビックリしますよ。
 パウダーしかなかったら、入れるとってね。

ご馳走おつまみの中でも紹介しているこのホイップ、
バナナやかぼちゃとも相性がいいです。お薦めです。

|

« 具だくさんのスープ | トップページ | 不思議な飲み物「レモン牛乳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 具だくさんのスープ | トップページ | 不思議な飲み物「レモン牛乳」 »