« お好み焼き粉を使って | トップページ | 一銭洋食 »

2009年11月25日 (水)

チヂミ風お好み焼き

昨日のレディス4は
お好み焼き粉を使った料理でしたが、
そんな時に限って、
大阪では特別番組に変更になっていたそうです。

「大阪人こそ見たい内容だったのに」と、
大阪のスタッフから残念メールが来て知りました。

そっかー、残念だったなー、と私も思うので、
レシピを紹介することにします。

残ったらいつまでもあるお好み焼き粉。
色々な料理に使えたら使い切れて助かる。

な~んてさ。
大阪人はお好み焼き粉を
お好み焼きに使うだけで使い切れてしまうよ~ん。
…なんだけどね。
使える幅が広がるとやっぱり嬉しいもんね。

まずは、

チヂミ風お好み焼き

●材料(2枚分)
   白菜キムチ・・・・・・・・・・150g
    濃くて美味しいのんがやっぱりええね。

   青ねぎ・・・・・・・・・・・・1本
    太いのんで1本やから細かったらもっと要るよ。

   牛薄切り肉・・・・・・・・・・60g
    小間切れで大丈夫やけど、ええ肉は美味しいねぇ。

   ごま油・ポン酢しょうゆ

   <A>
    おろし大根・・・・・・・・・1カップ
     汁ごと使うからねー。

    お好み焼き粉・・・・・・・・100g
     カップで言うたら3/4カップ強っちゅうとこかなー。

    片栗粉・・・・・・・・・・・大さじ2
     これがモチッとした食感の決め手やでー。

●作り方
(1)白菜キムチは粗いみじん切りにします。
    汁ごと使うから汁捨てんようにね。

   青ねぎは1~2cm幅に切ります。
    ま、ザックリ切ったらええっちゅうことです。

(2)Aをよく混ぜ、滑らかになれば1を加え混ぜます。
    粘りが出てもかまへんねんからグルングルン混ぜてなー。

(3)ホットプレートを180~200℃に熱し、
    本番で温度上げすぎて、焦がしてしまいましてん。とほっ。

   2を2等分に分け入れて成形し、牛肉を広げ置き、
    丸でも三角でも四角でも。
    ただし、お好み焼きみたいな厚みにな。


   生地の周囲にごま油を少量流し、
    前もって流すと成形の時に生地が動くからやりにくねん。

   乾いた感じになれば裏返し火を通します。
    裏返したらギューギュー押さえて半分の厚みにしてな。
    こうしたら空気が抜けてモチモチ感が出るねん。

(4)食べよい大きさに切り分け、ポン酢しょうゆをつけていただきます。
    放送では粒マスタードや梅肉&ごま油も添えましてん。
    大島さんは梅肉が気に入ってはりました。

次に紹介したのが蒸しパン。
これは次回紹介しますね。

|

« お好み焼き粉を使って | トップページ | 一銭洋食 »

コメント

お疲れ様でした。
裏方お手伝いさせていただきました、横田です。

本当に先生のお手伝いは、楽しい現場です。
美味しい料理と 楽しい時間をありがとうございました。

投稿: 横田美子 | 2009年11月25日 (水) 21時06分

いつも元気いっぱいのムードメーカー横田さんのおかげです!
またよろしくね~。

投稿: グー→横田さん | 2009年11月27日 (金) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お好み焼き粉を使って | トップページ | 一銭洋食 »