« 中華風蒸しパン | トップページ | 3分クッキング12月号 »

2009年11月28日 (土)

薄焼きのラザニア風

お好み焼き粉を使ったアレンジ料理の第3弾です。

広島焼きを作るときには、まず薄く生地を流します。
ま、クレープみたいに薄焼きを作るワケですね。

それを重ねるときに、
ミートソースとホワイトソースを交互に塗り重ねて、
ちょっとケーキ仕立てっちゅうんですかねぇ。

リハーサルの時に大島さんにその作業をお願いしたら、
とっても無邪気に喜んでくれました。

ちょっと盛り上がって、いいんじゃないのかしらねぇ。

薄焼きのラザニア風

●材料
   ミートソース・・・・・・・・・3/4カップ
    そら作った方がよろしけど、
    ま、市販のでもええんちゃいますか。

   ホワイトソース・・・・・・・・3/4カップ
    これまた市販のでも、とは言うけどサー、
    ミートソースに比べたらゼンゼン時間がかかれへんねんから、
    これは作った方が絶対美味しいよねぇ。

   牛乳・・・・・・・・・・・・・1/4カップ
    木次乳業の「山のおちち牛乳」がいいなぁ~。
    って、これ、私の好みなんですわ。

   パルメザンチーズ・・・・・・・適量
    筒に入ったのはねぇ…。おろしたてにはかないまへんなぁ。
   粗挽きこしょう
   <A>
    お好み焼き粉・・・・・・・・100g
    水・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
    卵・・・・・・・・・・・・・1個

●作り方
(1)Aを滑らかになるまで混ぜ合わせ、
   180℃に熱したホットプレートで薄焼きを8枚焼きます。
    直径16cmぐらいかなー。
    つい大きくしてしまいそうやったらAは倍量用意してな。

(2)ホワイトソースと牛乳を混ぜ合わせます。
    これ、市販品を使った場合ね。濃いからね。
    自分で作った場合はソースを1カップ用意してねー。

(3)1の薄焼きを1枚ホットプレートに置いて2を塗り、
   薄焼きを重ねてミートソースを塗り、
   これを繰り返して最後に2をたっぷり流しかけ、
   パルメザンチーズと粗挽きこしょうを振って蓋をし、
   チーズが溶けるまで温めます。
    8枚の時は最初に塗るのはミートソースやわ。
    で、7枚の時はホワイトソース。
    最後に上からかけるのがホワイトソースになるようにしてね~。
    蓋をして温める時間は、2分弱ぐらいかなー。

ラザニアより軽くてもたれないのがいい、と、
スタジオでは人気者でしたよ~。

|

« 中華風蒸しパン | トップページ | 3分クッキング12月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華風蒸しパン | トップページ | 3分クッキング12月号 »