« 油抜き | トップページ | ジェイコブスクリークのサイト »

2009年12月14日 (月)

吉兆のごはん

嵐山吉兆の徳岡さんのお話しを聞ける機会がありました。

以前から話には聞いたことがある「ごはんの炊き方」について、
徳岡さんならではの理論を直接、とても興味深くうかがいました。

当たり前のように思っていることと大きく違うところは、
沸き立ったら蓋を取って混ぜるところ。
「赤子泣いても蓋取るな」じゃないんですね。
炊きむらを無くすにはこの方法が一番とのこと。

…と言う説明をしているのに、私ったら、
ズングリムックリがかわいい釜に釘付け coldsweats01 heart02

091214_1

そして、炊きあがったら即よそう。
蒸らさないですね。
そのほうがお米本来の味がよくわかるとのこと。

091214_2 091214_3

こうして盛られたご飯は、程よく軟らかで艶やかなごはん。
甘味と香りが引き立ちます。

091214_4

お茶事のような上品な量です。
ん~。
ワラワはもうちょっと食べたかったぞよ。

|

« 油抜き | トップページ | ジェイコブスクリークのサイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油抜き | トップページ | ジェイコブスクリークのサイト »