« シュトーレン三昧 | トップページ | 女子クリ »

2009年12月24日 (木)

祇園 末友

「そうだ、京都に行こう」は、
「そうだ、末友に行こう」でもあったのです。

年明けたら大阪のお生徒さんとのお食事会があるので、
ご挨拶をしておかなくっちゃ。
なぁ~んてね。行きたかっただけ~bleah

四条河原町から鴨川を渡って大和大路通を下った、
建仁寺の勅使門の真ん前にある「祇園末友」は、
祇園花霞から独立されて、お店を構えられたのが今年の2月。

オープンしたてのときにお邪魔して以来の再訪です。

091224_01

生姜湯で胃を温めた後まず出てきたのが、
百合根饅頭にあんをかけ、揚げたじゃがいもを天盛りにした一品。
いきなりパンチ。百合根好きにはたまりません。

091224_03 091224_04

お客の前で盛り付けたお刺身は、よこわ。
見せている&見られている緊張感が
末友さんのしぐさの美しさを作ります。

辛味大根とにんにくチップをたっぷりからめていただくのは
初めての経験ですが結構いいモンです。

091224_05 091224_06

蟹の殻から取った出汁をかけた聖護院大根は、
箸で簡単に切れる柔らかさ。
ほんのりの生姜が温まります。

大和芋をつなぎにした蕎麦は
小吸い物の器に入るボリュームです。
何かの時に真似たい盛りつけです。

091224_07 091224_08

熱燗をチビチビと飲みながら末友さんの盛りつけを眺めます。

鱈の火の通りが絶妙の焼き物。
炒めた椎茸をのせて芹をトッピング。
鱈ってこんなに美味しかったっけ?でした。

091224_09_2 091224_10

海老芋、人参、堀川ごぼう。
The 京都の冬、ですね。

花山椒と湯葉の入ったちりめん。
「どうぞ、ごはんにのせておくれやす」
…と言うことで、はい、のっけました。

土鍋で炊いたごはんが美味しくてね、
ちりめんのお代わりが出来たもんだからさ、
三杯飯をしてしまったわ。

もうごちそうさんをしようと思ったそのタイミングに、
「お茶漬けもよろしいですよ~。ちょっとだけいきましょか?」
「もういっぱいいっぱいやわ」
「えー、そんなこと言わんとぉー。一口だけどうどす?」
「ほな、ちょっとだけよ」 おまえはカトちゃんか。

京都はお茶漬けがホンマ好きなのね。
おかげで私の胃袋は警報が鳴るぐらいパンパンで、
きっとね、妊娠線が出来たと思う sign02

091224_11_3 091224_12_2

自家製の漬け物や昆布の佃煮は塩気の薄い上品な味。
ここのねー、すぐきがねー、おいしいんだわ。
自分ち用に作ってる農家さんに分けてもらってるんだって。
関係を大切にしてるのがわかるから、どこですか?とはお聞きしません。
食べたくなったらお店にうかがいます。

丸十が入ったお味噌汁に浮かんだみょうがは見事な薄切りです。
包丁の冴えが見られるお味噌汁でした。

091224_13_2 091224_17

シナモン風味の蕨餅には、みたらしあんが。
アイスクリームにはパリパリの麩と凍らせた柿。

もう、無理ーー!入りましぇーーん!
って、完食してるやないの。

091224_14 091224_15_2

抹茶をいただいてフィニッシュ。

091224_16

大食い魔女の熊落としをしてみようかと思ったぐらい、
胃がパンパン。
やっぱ三杯飯は多すぎたぞなもし。

|

« シュトーレン三昧 | トップページ | 女子クリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュトーレン三昧 | トップページ | 女子クリ »