« 山椒好き | トップページ | 3分クッキング3月号 »

2010年2月22日 (月)

キャベツ入りミンチカツ

テレビをつけていたら、
キャベツミンチカツカレーと言うのが紹介されていました。

見るとは無しにだったので、
気がついたときにはどこのお店かわからないまま。

カレーもアリね、と思いながら、
梅肉を出汁でのばして片栗粉でとろみをつけた、
和風ソースがグーでは定番よ、と、ひとりつぶやいてました。
 Twitterにはつぶやき忘れたけどね。

肉厚で甘くなる冬のキャベツをたっぷり練り込んだミンチカツ。
美味しいんだよね。
カレーだとキャベツの甘味は引き立て役なのかな?

100222

カレーの特集だったので、
お店としては「そんな、キャベツのこと言われてもネェ。」ですね。

まぁ、カレーバージョン食べてみたいなーとは思いつつも、
梅肉ソースでメインをはらせてやってよ、と思うグーです。

で、グーのキャベツ入りミンチカツはこんな作り方です。

●材料(2人分)
   キャベツ・・・・・・・・・・・2枚
   小麦粉・・・・・・・・・・・・大さじ11/2
   牛挽肉・・・・・・・・・・・・150g
   小麦粉・溶き卵・パン粉・揚げ油
   <A>
    卵・・・・・・・・・・・・・1/2個分
    生パン粉・・・・・・・・・・大さじ4
    牛乳・・・・・・・・・・・・大さじ4
    塩・こしょう
   <B>
    梅肉・・・・・・・・・・・・大さじ1
    だし汁・・・・・・・・・・・大さじ5
    片栗粉・・・・・・・・・・・小さじ1

●作り方
(1)キャベツは1cm弱の角切りにし、小麦粉をまぶします。
    小麦粉をまぶすと挽肉との馴染みが良おなるんですわ。
    ま、接着剤みたいなもんやね。

(2)挽肉・1・Aを合わせてよく練り混ぜ、
    キャベツがデコボコしてるからね、
    よお練らんと隙間ができすぎて、
    噛み応えのないスカスカになるんですわ。
   
4等分に分けてそれぞれ形を整えます。
    練った後の生地を小分けするとき、
    あっちに足したりこっちを減らしたりしたのは
    それぞれ練り直してから成形しいな。
    それせんと軽くまとめただけやったら、
    足したトコだけポコッとふくれたのんが出来るんですわ。

(3)2に小麦粉・溶き卵・パン粉をつけ、
   180℃の油で色よく揚げます。
    ホンマは、170℃ぐらいの低めの油に入れて、
    火が通ってきたやろな~、まだちょっと中は生やろな~、
    …と思う頃に火を強うして、表面をカラッと仕上げるねんけど、
    この辺の流れの説明をキチンと文章で伝えるのって、
    難しいし、やたら長なんねんなぁ。
    教室でやったらその辺のとこは、
    色んな言い方して説明して、やっぱりやたら長いんですわ。


(4)Bを火にかけ、混ぜながら煮立ててとろみをつけ、
    混ぜてないと片栗粉が沈んだまんま火が通ってしまうから、
    ツヤツヤの滑らかできれいなソースになれへんのですわ。
   
器に盛った3にかけます。

あ、梅肉はチューブのじゃないですからね。
昔ながらのしょっぱい梅干しで作ってね。

このレシピを含めた料理16点を
「おあじはいかが」3月号で紹介しています。

スーパーマーケットなどに置いてある料理情報誌で、
人気があってすぐになくなるそうです。

お見かけの時は即キープしてくださいね。

|

« 山椒好き | トップページ | 3分クッキング3月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山椒好き | トップページ | 3分クッキング3月号 »