« ソバリエ達と | トップページ | 千住葱もしくは千寿葱 »

2010年2月16日 (火)

寒い日に酸辛湯鍋

築地の折峰さんは、
打った蕎麦のパッケージ材料を買っているお店で、
すっかり顔なじみになってます。

「あーー!テレビ見たよ~」「金曜日金曜日」と言ってくれたので、
「あ、先週の。私見てなくてー」と言ったら、
「違う違う。先月だよ」

あ、そうかー。
年明けすぐに行ったっきりだったかー。

「すんごく美味しそうだったからさ、すぐに作ったよ」
「何かっつうとうちはすぐ鍋だからさ、
 女房と、うまいうまいって食べちゃったよ」
「テレビ見てすぐだったからさ、
 インターネットで探しまくってレシピ見つけたよ」

ありがとうございます。
そこまで喜んでいただけて、グーは嬉しゅうございます confident

で、ここまで書くと気になるでしょ?

もう新しい号が出ちゃったから探すの大変かと思うので、
これだけはここでお披露目しちゃおうか。

なんとなんと、ヨーグルトで酸味をつけたんですよ。
酸味はしっかりあるんだけど、酢で味付けてないから、
部屋中酸っぱいニオイになっちゃった、と言うことがないのよね。

ヨーグルトはメーカーによって酸味が違います。
全国放送なので、こんな時は一番普及しているのがいいのよね。

だから、明治のブルガリアヨーグルトです。

100216_1 100216_2

ヨーグルト酸辣湯鍋

●材料(2人分)

   鶏もも肉(水炊き用骨付き)・・・350~400g
   生椎茸・・・・・・・・・・・・4枚
   青梗菜・・・・・・・・・・・・3株
   片栗粉・・・・・・・・・・・・大さじ11/2
   ヨーグルト・・・・・・・・・・1/2カップ
   塩・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
   ラー油・・・・・・・・・・・・大さじ1~2
   塩・こしょう・片栗粉
   <A>
    ヨーグルト・・・・・・・・・1カップ
    うすくちしょうゆ・・・・・・大さじ1
    生姜(すりおろし)・・・・・・20g
   <B>
    水・・・・・・・・・・・・・3カップ
    昆布・・・・・・・・・・・・10cm角

●作り方

(1)鶏肉は塩・こしょうを強めに振り、
   しばらく置いてからAに漬け込み、
   1時間以上置きます。

(2)1とBを合わせて鍋に入れて火にかけ、
   煮立てば弱火にして蓋をし、30~40分煮込みます。

(3)生椎茸は石突きを切り落とし、
   青梗菜は葉と茎に分け、茎は4ッ割りにします。

(4)2から昆布を引き上げ、
   同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつけて
   ヨーグルトを溶かし、塩とラー油で味を調え、
   3を加えて煮えたものからいただきます。

細かいアドバイスをしている時間が今ないの。
ごめんねー。

でも、この通り作れば間違いなくできるからねー。
最後に汁が残ったらラーメンにしてねー。

時間のある人はラー油を手作りにしてねー。
作り方はブログに載せてますので、ぜひトライしてみてね。

|

« ソバリエ達と | トップページ | 千住葱もしくは千寿葱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソバリエ達と | トップページ | 千住葱もしくは千寿葱 »