« おかずのクッキング4・5月号 | トップページ | 花岡さんの個展 »

2010年4月19日 (月)

海老食べ比べ

FAXで商品情報を流してくれるサービスの先駆けじゃないかなと思う、
築地 大野水産 さんは、サービスがスタートした頃からの、
20年にはなるんじゃないかな、長いお付き合いです。

家の近くに納得のいく魚屋さんがなくて、でも築地は遠すぎて。
そんな環境にいたときに知り、即お電話telephone

築地仲卸の三代目大野さんは、
場内を遊び場にして育ったチャキチャキ。
いたずら坊主がそのまま大人になったような童顔だけど、
長靴の似合ういい男です。

撮影に使う魚の相談にも真剣にのってもらったり集めてもらったり。
泣きついて場内見学を希望する外人を受け入れてもらったことも。

何かとお世話になってる大野さんに、
今でも月2回、お薦めの情報と知識を流していただいています。
 このFAXサービスは無料なので皆さんも利用すると良いかも。
 何よりも今旬の魚の勉強になるんですよ。
 たぶん、メルマガも同じ情報を流してくれてると思いますよ。
 

そして今回、食べ比べ好きなグーの琴線に触れた情報が、
来ちゃったのです。

甘海老、縞海老、ぼたん海老、ぶどう海老、の海老4種!
海老好きの友人に声をかけるともちろん誘いに即乗りwave

どれも新鮮な生なので、
これはもう、わさびに醤油に塩に、と、色々堪能しようと
早速取り寄せました。

自分でも築地に買い出しに出かけますが、
色々見て回ると時間がかかります。
築地が庭の彼におまかせして送ってもらうのって、楽♪

甘海老は一番馴染みのある海老なので、味の基準にすべく揃えました。

小振りな身体ながらもとろりとした甘さを主張しています。

100419_1

縞海老は殻の縞模様がきれいな海老で、ひとまわり甘海老より大きい。
甘海老よりもしっかりした噛み応えがあり、
甘さも勝っていますが、思いのほかあっさりしていると言う印象を残します。

100419_2

ぼたん海老はねっとりとした食感と甘さが濃いいこと濃いいこと。
縞海老に比べて沢山は食べられない旨味の濃さもあります。

100419_3

ぶどう海老は幻の海老と言われているそうで、
始めて口にする海老でした。
大きさと言い殻の色と言い、インパクトの強い海老です。
殻の色が葡萄の色のようなところからついた名前だそうです。

初めはぼたん海老よりサラリとした味わいに、
大きさからもぼたん海老より濃厚だろうとの想像が拍子抜け。
あれ?と思いながら噛んでいると、旨味が出てくる出てくる。
おおっ!と言いながらその味に引き込まれていきます。

100419_4

写真の撮りようが悪くて大きさの違いが解りにくいかと思ったので、
剥いたのを並べてみました。
下から、甘海老、縞海老、ぼたん海老、ぶどう海老です。

100419_5

それぞれの海老の説明は、
私が言うよりサイトをご覧いただくのが確か。
赤い字をクリックすると大野さんの説明が読めます。

こんなにたくさん買ってー。
ま、食べきれなかったらその時考えようか。
…などと言いながら食べ始め、
しぃぃぃーーーーーん。

蟹だけじゃないのね。
おしゃべりなはずの面々が超集中。
そして完食!

わさびをつけるのも忘れ、ひたすらそのまま。
そして時々塩。

残った頭や殻はフープロにかけて出汁を取り、
白味噌をたっぷり使った味噌汁に。

なんとも贅沢な締めになりました。

|

« おかずのクッキング4・5月号 | トップページ | 花岡さんの個展 »

コメント

おお!食らい付いてしまうネタです!笑
甘エビ(ホッコクアカエビ)は、小さい割りに味が濃厚で、いつも思いますが、意外に寿司に合わないんじゃないかなあ?って気がします。
しま海老は先生のおっしゃるように見た目ほど味にインパクトが無い分、料理しやすい海老ですよね?ボタン海老はやはり、大きさ、味もバランスよく、好まれて使われる理由が何となくわかります。ぶどう海老は食べたことありません。この辺ではみないなあ。
先生是非、ガスエビ、トライしてみてくださいね?

投稿: リーダー | 2010年4月20日 (火) 10時36分

ふふふ。
ガス海老は既に何度も食しているんだわぁ~。
縞海老とぼたん海老の間ぐらいの旨味ですね。
海老は各地に色々あって興味深いですね。

甘海老の寿司は握りですか?
旨味の強い海老・烏賊・蛸系は醤油の旨味に打ち消されることがありますので、私は塩もしくはそのままで、甘味の奥から出てくる旨味を賞味しています。

投稿: グー→リーダーさん | 2010年4月25日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかずのクッキング4・5月号 | トップページ | 花岡さんの個展 »