« 筍を焼きました | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »

2010年4月17日 (土)

3分クッキング5月号

今月号は、待望の蕎麦屋で一杯です。

蕎麦前はやっぱ海苔でしょ、と、
焼き海苔にごま油を塗って塩を振った韓国風。
瞬く間に出来上がる1分つまみです。

そして、10分つまみは鴨焼きです。
塩山葵でいただく鴨は、脂の抜き加減がポイントです。
抜き足りないと口中脂っぽくなるし、抜きすぎると味気ない。
そして赤身のところも焼きすぎないように。

もちろん蕎麦を添えて鴨せいろ風。

100417_1 100417_2

撮影のためにスタジオに向かう前に1kgばかし打ったグー蕎麦です。

せんせー、お忙しいかったら無理しなくてイイですよー。
乾麺でもかまいませんよー。

って、言ってるけどさ。
行間から蕎麦食べたいオーラが噴火してるわよ。

あ、乾麺なんですね。
…いいんです。いいんですよぉ。

って、ひゅぅ~~~って鎮火していくのがわかってるからね。
打たないわけにいかないじゃない、
ソバリエルシックを持ってる身としては。

その甲斐あって、大騒ぎの宴会状態でしたね。

鴨脂が好きなスタイリストのユキさんは、
鴨じるぅ~鴨じるぅぅ~と怪しげにつぶやきながら
茹でたての蕎麦にタラタラかけてご満悦。

100417_3 100417_4

新しい蕎麦の食べ方を発見?できた、
今回も楽しい撮影でした。

あ、昨日の16日発売です!

|

« 筍を焼きました | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »

コメント

せんせっ……!
本当にありがとうございましたっっ!

私が「お気遣いなく」と発した言葉とは裏腹に、

「あぁ……、もし、もし、
先生の手打ちそばだったならば、
何億倍も美味しいんだよなぁぁぁ……」

と内なる声が、
先生には聞こえていたのですねっっ!
せんせは、聖徳太子ですかっ!?

ご指摘の通り、撮影当日は
「マジでヤバくねっ!!」ってくらい、
振り向けば完食でした(笑)。


投稿: いく | 2010年4月22日 (木) 13時45分

あれだけ大興奮で、1本も残さずあっと言う間に食べてくれると、蕎麦打ち冥利に尽きますよ~。
あのニコニコ顔見たさにまた打って行っちゃうゾ!

投稿: グー→いくさん | 2010年4月25日 (日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筍を焼きました | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »