« ウィタメールで | トップページ | 拝島の蕎麦屋「みのり」 »

2010年5月13日 (木)

食べるラー油にトライ

食べるラー油がものすごい勢いで流行って来ると、
試作してみない訳にはいきません。
料理研究家だものね。

にんにく・生姜・長ねぎはみじん切りじゃ細かすぎるから、
にんにく・生姜は2mm角のあられ切りにして、
長ねぎは5mm角にしました。

100513_1

サラダ油とごま油は同割りでブレンドし、
干し海老は、お高いけど国産にしました。

私たちが安易に買える中国産の干し海老は、
着色料が使ってあるし塩気が強いので。

外国産でも良質の干し海老なら買いますが、
今のところ、それを探すより国産を買った方が早いので。

100513_2

弱火でじっくり時間をかけて薬味の水分を抜きます。
火を強くするとすぐ焦げちゃいますからね。

100513_3

飴色になったところへ唐辛子・粉山椒・ごまなどを投入。

100513_4

そのまま冷まして出来上がり。

100513_6

唐辛子を入れるタイミングをもちょっと考えた方がよさそうな、
焦げ臭くはないけど色が黒すぎるかも。

100513_5

次は薬味をもっと増やすか油を減らすか。
2種類の唐辛子のブレンドを変えて辛味をもっと効かすか。
香りはすごくイイので、これはキープしたい。

ラー油のレシピを基本にしているので失敗はないけど、
更なる工夫は欲しいところ。

で、肝心の桃屋のラー油、食べたことがないのよ。
先日買った芝蘭のもまだ開けてない。
だから再現を試みてるんじゃなくて、あくまでもグー流。

試食してくれた人は、
「美味しいし、すごい香りが良い」と誉めてくれましたが、
「桃屋のはにんにくのカリカリ感がすごくあるのよ」という人も。

まだ見ぬ桃屋をライバルにするか我が道を行くか。
さて、どっちにしようどうしよう。

|

« ウィタメールで | トップページ | 拝島の蕎麦屋「みのり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィタメールで | トップページ | 拝島の蕎麦屋「みのり」 »