« 神田の蕎麦屋「まつや」 | トップページ | 明日はためしてガッテン »

2010年5月10日 (月)

4月の料理教室

和食っぽい中華です。

「豆腐のフリッター」は、
川越は小野食品のざる豆腐「なごり雪」を使いました。
揚げてしまうのぉ~?と、
罰あたりめ的な悲鳴が聞こえてきそうな暴挙(?)です。
冷や奴で食べるのはもちろん美味しいんだけどね、
揚げるとまるで白子なのよ。
その口当たりを経験してもらいたくて教材に使わせていただきました。
もちろん冷や奴でもお出ししました。

「豚肉のわかめ包み焼き」は、
徳島の漁師村さんの作るわかめをギュッと詰めた、
噛み応えのある肉料理です。
 今シーズンを最後にわかめ作りをやめると知って、
 次のわかめ探しをしなくてはいけなくなりそうです。困ったー!

100510_1 100510_2

具だくさんの汁物は、
干し貝柱をたっぷり入れた「手羽先と貝柱の煮物」。
旨味がとても濃厚な煮汁を軽やかな味わいのするために
クコの実をたっぷり入れました。

「中華おこわ」は、
水加減の話をして炊飯器でこわめしに炊き上げます。
茶色いイメージのある中華おこわですが、
これは新緑の季節にふさわしい彩りです。

100510_3 100510_4

デザートは小野食品の濃厚な豆乳を使った「杏仁豆乳」。
ワインは、白の名だたる作り手ソゼで修行をした造り手のサンセール。

今月も満腹!

|

« 神田の蕎麦屋「まつや」 | トップページ | 明日はためしてガッテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神田の蕎麦屋「まつや」 | トップページ | 明日はためしてガッテン »