« ぼんやりと | トップページ | 今朝は七草粥で »

2011年1月 6日 (木)

今年のお正月は

元日から急用が出来てあまり込み入ったことが出来ず、
名店の味、名産地の味に助けられました。

110106

松露の卵焼き、新橋笹田のからすみ、瓢亭のぶどう豆。
どれも流石のお味です。

小鯛の笹漬けを龍皮昆布で巻いた昆布巻きは
巻くだけのお手軽さ。
京都のしば漬けを芯にしたところがグーっぽいと喜ばれました。

110106_2

そして手前のリエットは、西麻布ブルギニオンのリエット。
菊池シェフ、ありがとぉ~。愛してるよぉ~。(いらない?あ、そ。)

室温で柔らかくしてから食べるとね、
当たり前だけど、すんごく美味しいんだわ~。

そして奥に見えるのは、鮪のサイコロカルパッチョ。
要はお刺身、火を使わない料理ですねぇー。

110106_3

最近人気が高くなってきてる、「戸井産」の鮪です。

最高級の鮪の代名詞「大間」に匹敵、と言うより抜いている。
同じ津軽海峡ですが、「大間」は青森側で、「戸井」は北海道側。

大間の鮪は鰯や鯖などの青魚を主に食べているのに対し、
戸井の鮪はいかを食べていると言われています。

餌が違うとこうも味が違うの?
…と言うほど食べ込んでいないグーは、
戸井産だよ~~ん、と、ブランド名に小躍りです。

ま、これだけ人気が高くなっているのは、
餌だけではない、
そこに技術があってこその戸井産だからだと思います。

まずはこれらを食卓に出して、
それからおもむろに熱々の料理を準備。

くわいとクネルのエポワスグラタンに氷見の寒鰤。

ま、お金で解決したような料理を並べてしまったのさ。
はっはっは。

反省…。

|

« ぼんやりと | トップページ | 今朝は七草粥で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼんやりと | トップページ | 今朝は七草粥で »