« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月24日 (木)

鯛の桜蒸し

今日から新しい本の撮影に突入します。

電子レンジがテーマの本。
私らしくないなーと自分でも思うのですが、
電子レンジ、実は2冊目。

むちゃぶりではなく、きちんと活用する。
そして美味しくキレイ。
そんなところを目指しています。

今回の本に入れられなかった料理。
結構ありますが、この料理もそうです。

「天然とは言わへんけど、
 身に厚みがある方が美味しいねん。」と、
鯛にはこだわってしまう関西人のグー。

季節感も出すぎてるし、と、リストから省いたけど、
来週からはもう3月。

この時期にはぴったりの料理なので、
皆さんに真似てみていただけたらと思います。

110224

白身の王様鯛と言えども下準備が悪いと生臭みが出ます。
塩を振って15~20分は置きましょう。
魚から水分が浮き出てきますからこれを拭き取って、
準備は完了。

これに桜の葉の塩漬けを巻きます。
大体春先になると、製菓材料のコーナーで売られますね。

まだ売っていなかったらってか?
桜餅を買ってきてはがす!

…これはむちゃぶりだけど、悪くはない方法なんですよ。
撮影でどうしても必要だけど無い、と言うときに、
やります。この方法。
あとは築地か合羽橋で買う。
ただし、数百枚から千枚単位。
なんぼほど作るねん!っちゅうむちゃぶり。

ま、今日にはなくても来週にはでてきますよ。
季節だから。待っててね。

お酒を振ってレンジで加熱している間に
かける桜あんを作ります。

出汁に塩で味をつけ、
塩を洗い落とした桜の花の塩漬けを加えて
水溶き片栗粉でとろみをつける。

桜の花の塩漬けは茎を取ってから
粗く切ってね。
とろみは薄くね。
そして、出汁。インスタントはイヤよ。

これを鯛にかけてお茶漬けあられを散らす。

手間としてはお手軽だけど
材料としてはお手軽とは言えません。
だから、ズボラでも手抜きでもないでしょう。

ハードルが高いか低いか。
それは考え方次第。
と言ったところの料理ですね、これ。

| | コメント (2)

2011年2月23日 (水)

2月の料理教室

今月の料理は洋風だけどカロリー控えめ。

「いかとアボカドのディップサラダ」
パンにのっけてカナッペ風にも出来ます。

「菜の花のフリッター」
サクサクとした衣で油っぽくない軽さ。

1102231_2 1102232

「わかめのクリームソーススパゲッティ」
見た目は重そうですが実は軽いソースです。

「豚肉と春野菜のバーモント煮」
甘酸っぱい味がワインにぴったりでした。

1102233 1102234

「ガトーショコラ」
チョコレートをたっぷり使ってるけどしっとりフンワリ。
これは時間がかかるのでお生徒さんは、食べるだけ~。

1102235

ワインはオーストラリアのピノ・グリです。
豚肉に合わせて選びましたが、
写真を忘れてしまいました。

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

海苔の万能だれ

レディス4で紹介した「海苔料理」は
おかげさまで評判良く無事終了♪

番組が終わったとたんに
皆さんワラワラと料理に集まって来て、
中には、海苔の炒飯に
海苔スープをかけると言う裏技使いまで現れて、
あっと言う間に無くなってしまいました。

1102162

家に海苔があったから早速作ってみようと言う人。
今夜食べる分をもらって帰ろうと言う人。

人様々でしたが、
今夜は海苔料理という人が増えたんじゃないかなぁ~。

本番中にMC今泉さんが詳しく紹介してくださいましたが、
ここでも紹介しておきますね。

海苔の万能だれ

●材料
   海苔・・・・・・・・・・・・・4枚
   出汁・・・・・・・・・・・・・大さじ6
   うすくちしょうゆ・・・・・・・大さじ1
   塩・・・・・・・・・・・・・・少々

●作り方
(1)鍋に出汁を入れて海苔を小さくちぎって入れ、
   しばらく置きます。

(2)1にうすくちしょうゆを加えて煮立て
   海苔が溶けて煮詰まってとろみが出てきたら
   塩で味を調えます。

★醤油は必ず薄口醤油を使ってください。
  濃い口醤油だと香りが強すぎて
  海苔の香りが引き立ちません。

★塩はふたつまみぐらい。
  いろいろな使い方ができるよう、
  少し濃いめの味に仕上げましょう。

私は4~5倍量をいっぺんに作りますが、
そのときは出汁の量を減らします。
時間をかけて煮詰めるより、
出汁の量を減らして短時間で仕上げた方が
香り高い海苔ダレになるからです。

| | コメント (0)

差し入れのエクレア

本日も頑張りましょう!と、
スタッフからの差し入れ♪

シュークリーム好きなのを知ってるから、
エクレアだよん♪

ありがとうございまぁ~~~す!

ヨックモックの、季節限定?
聞いたけど、「え?わかんない」って。

110222

カワイイね。
美味しくて、ペロリさ。

さ、テレビ東京に行ってきます!

| | コメント (0)

銀座かずやの煉

店主のかずやさんって、イケメンと言うか、
カワイイのよね~♪

煉り菓子のお店で、広さはたった一坪。
ビルのちょっと奥まったところにお店がありますが、
煉り菓子に魅了されたマダムの行列でわかります。

なんと言っても「かずやの煉」が人気ですが、
予約をしないと買えません。
しかもずいぶん先の予約です。

1月の中旬に予約をしてひと月待ちました。

1102222

1102223

プニョプニョの柔らかさなんだけど弾力がある、
抹茶の香りがとても贅沢な煉り菓子で、
甘がさ控えめなので5個ぐらいはペロリといけてしまいそう♪

テレビに出たそうで、予約が殺到してしまって、
5月頃になってしまうそうで、次の予約はできませんでした。

次にお気に入りの「煉りわらび」は金・土限定です。

1102224

スプーンですくうのが大変なぐらいの弾力です。

器付きなので少々お高めの2個で1700円ですが、
これまた予約しないと買えなくなってきているとか。

店が大きくなって買いやすくなると良いのに、と思いますが、
そうなってしまったら味が落ちるでしょうね。

何よりもやっと手に入れる希少価値がなくなって、
魅力が薄れるでしょうね。

とても気に入ってしまった味わいに、
やっぱり予約しておこうか考えちう。

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

明日はレディス4

先日収録したレディス4。

110221_2

明日出演する海苔特集の生放送の中で流れます。

海苔の良いところをご紹介できれば、と思っています。

| | コメント (0)

宮崎の肉巻きおにぎり

お取り寄せではなく、グー流手作りです。

110221

市販のタレを利用できるよう工夫してみました。

すき焼き用のタレに少量の片栗粉を混ぜて
豚肉を漬け込みます。

私は薄いお肉を何枚も巻くのが好きなので
しゃぶしゃぶ用です。

しかもロースとバラのダブル使いです。
バラばかりだと、冷めるとちょっと脂っぽくてね。

オーブントースターで焼くのですが、
途中でアルミホイルをふんわりかぶせないと
てっぺんが焦げすぎます。

肉を漬け込んだタレは火にかけてとろみをつけて
焼き上がった肉に塗ると、
うまほー♪

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

「おかあさんの思い出ごはん」

10年ほど前に産経新聞に連載されていた
「料理人おふくろの味」がやっと日の目を見て、
「おかあさんの思い出ごはん」とタイトルを替えて
1冊の本にまとめられました。

110220

和洋中の有名シェフやカリスマ料理研究家の中に
なんと私も加えていただき、
母のハイカラ料理「ミルクシチュー」を
載せてくださいました。

鶏ガラからスープを取る本格的なものですが、
ホワイトソースではなく、
水溶きのメリケン粉でとろみをつけるところが
戦前らしいなと思います。

30人の料理人のおふくろの思い出。
読み物としても
温かい気持ちになれる1冊です。

| | コメント (0)

拓すしを堪能

拓すしは滅多のお目にかかれない幻のお寿司屋さん。

ナゼかというと、
本業の合間の気が向いたときにだけ、
ホントにたまぁ~にだけ握ってくれるから。

仲間との会話を楽しみながら握る拓ちゃんだけど、
本業の時より真剣っちゅうか、入れ込んでる感じ。

1102197

つまみには仕込みのいる塩辛や子持ち昆布が出ます。
それだけで遊びではないぞという空気が流れます。

1102191_2 1102192_2 1102193_2 

1102194 1102195 1102196

仕事がしてある握りを12カン。
最後は卵焼きで締めた江戸前寿司。

こんな風に握れたら楽しいだろうな~と、
いつか握りも学んでみたいと思ってしまいそうになるけど、
食べる側で居たほうが絶対楽しいよね。
次の拓すしを待つことにしようっと。

| | コメント (2)

2011年2月19日 (土)

長芋と海老の生姜あんかけ

「あの日以来我が家の人気メニューになってます」と、
数年前に撮影した料理の話になりました。

長芋は生で食べていたので
火を通すことが新鮮なオドロキだったそうです。

表面のほくほくした食感と中のシャリシャリした食感を
ダブルで味わえるのが楽しいとのこと。

「長芋と海老の生姜あんかけ」

110218

長芋・海老に粉をまぶして
さやいんげんとともに高温の油で素揚げにする。

中華ブイヨンを塩で味付けし片栗粉でとろみをつけ、
生姜汁をたっぷり加え混ぜて先の材料にかける。

長芋に火が通ったかどうか気にしなくてもよいところが
揚げ物が億劫な人にも気持ち的に楽だとか。

生姜じょうゆ味にするのも温かな印象でよいですね。
かけるあんの味付けはお好みで。

慣れてしまえば10分料理。
お試しあれ。

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

こめたま比べ

フードトラスト食味選定委員会がプロジェクトを組んでいる、
ときわ養鶏の卵「こめたま」は、
餌に日本の米を使用している今注目のブランド卵の一つです。

卵黄の色が濃くなる餌を使っていないので、
とても淡い黄色。

110218 1102182

卵焼きにすると物足りない白さなのですが、
味はちゃんと卵なんですよねー。

卵の色がないといいなと思える何かに使ってみよう、と、
抹茶ケーキを焼いてみました。

泡立てた卵黄は生クリームを泡立てているかのような白。
これは期待できますね~。

1102183

で、焼き上がった抹茶ケーキがこれ。

1102184

手前がこめたまを使った抹茶ケーキです。

ん~~~~~~。
写真ではあまり違いがわかりません。
肉眼でもあまりわかりません。

普通の卵が沈んだ緑なのに比べ、
こめたまは若干鮮やかな緑。

でも、これは作る側のこだわりでしかない。
その程度の差。

新鮮さはバツグンなのでふくらみは良かったのは確かですが、
卵の大きさに差があって、こめたまは大きめだったので、
その分ボリュームが出たのかもしれません。

レッスンに向けての試作ですが、
お生徒さんが作ることを考えると、
こめたまを使うか使わないか、
その良さが明確になっていない現段階では
悩めるグー先生であります。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

表参道の「自然薯tororo」

こどもの城の並び、青山通り沿いに
一昨年ぐらいにオープンしていたトロロのお店。

お昼時にちょうど前を通ったので行ってみました。

110217tororo

自然薯100%の「黒とろろ」と
自然薯30%山芋をブレンドした「白とろろ」があったので、
迷わず「黒トロロ」をオーダー。

浅草駒形の麦とろを想像したところ、
ごはんは麦ごはんではなく白ごはん。
端っこの方に雑穀っぽい粒があったので、
もしかしたら売り切れて白ごはんに変更されていたのかもしれません。
若干そう思いたい。

とろろは出汁入りと書いてありました。…出汁、多すぎ。
トロロごはん好きなので自分で作るのが濃すぎるの?
いやいやいやいや、もうちょっと濃くても良いんじゃない?

このお店ができる前は手打ち蕎麦のお店で、
女性が打っていたのでたまに行っていたのですが、
接客が苦手なのかなと思いました。
お客の前から自分の存在を消そうとしてるんだもの。
そんなヒンヤリしたお店だったからいつもお客がいなくてね。

閉店に気がついたときは、やっぱりな、って。
そんなの悪くなかったのにね、蕎麦は。

どこかで再開されてるのかなー。
そんなことを気にしながら、
イメージの変わった内装とお客で賑わう様子に
ちょっと感慨深いランチタイムのグーでした。

| | コメント (0)

朝食はしっかりと

昼食時間が読めない朝は、
朝食をバランス良くしっかりと取っておかなと、
お昼過ぎにはヘナヘナになってしまいます。

110217

そして食べちゃったらしっかり動いて燃焼しないとね。

さ、今日も一日頑張ります!

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

レディス4のテーマは海苔

海苔を気前よくっちゅうか思い切りよくっちゅうか、
とにかくたっぷり。
湿気て味も香りも落ちるその前に、食べちゃおうよ。

ま、そんなことが言いたい使いっぷりです。

1102163

映像は写真で見せるよりわかりやすく撮れるんでしょうか。
海苔って写真だと絵になりにくいんですよね。
(あ、でも、これは素人写真の場合ね)

万能ソースの作り方を紹介した上で、
炒飯や肉巻きをご紹介します。

1102162

110216

他のパターンのソースやスープもご紹介します。

今回も盛りだくさんのレディス4は、
来週の22日(火)に出演です。

| | コメント (0)

デザートタイムのコーヒー

今月のデザートタイムは、
別府「グリーンスポット」のコーヒーです。

深煎りのビターさとガトーショコラの相性を楽しんでね~♪

110216_1

| | コメント (0)

3分クッキング3月号

今月のつまみでごはんは「コンビニクッキング」。

コンビニで揃っちゃうよ、と言うレベルの材料で、
チャッチャと作れる、ホントのコンビニクッキング。

今月の表紙は春らしい色合いですね。

1102164

1分つまみは、サラミとちくわの「サラちくグラタン」

1102161

5分つまみは、「ポテキャベ炒め」

1102162

こんな調子でもう1品。

今月は懐がサミシイ時の強い味方ですよ~。

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

ねぎじゃこチーズトースト

チーズがらみをもういっちょいきますね。

おかずのクッキングで紹介して以来、
けっこうお気に入りで作ってるチーズトーストです。

110215

長ねぎを小口切りにしてタップリの水の中でもんでぬめりを取り、
みずけをしっかり絞ったらちりめんじゃこを混ぜる。
ちりめんじゃこは釜揚げしらすになってもかまいません。
桜海老を混ぜてもいいし。

食パンにとんかつソースを、バターを塗るように塗り、
先のねぎじゃこをたっぷり乗せ広げ、
スライスチーズを1~2枚かぶせてとんかつソースをかけ、
オーブントースターで焼く。

晒しねぎは、長ねぎの残ってしまう青い部分を使うと
節約料理になりますね。

ねぎ好きにはたまらないトーストなの♪

| | コメント (0)

義理ショコラ

…と、わかっていても喜んで、
「記念写真」と、集合してくれました。

110215

レディス4収録のスタート前、まずはケーキから。でした。

| | コメント (0)

チーズ百選で目にとまったのは

全国から集まる工房の多種のチーズはほとんどが牛。
そんな中で好きな山羊を見つけて、早速試食♪

110215

とってもリッチできめ細やかななめらかさで、
ん?山羊で合ってるのかな?と思い、
「山羊ですよね?」と質問すると、
「いえ。牛ですがシェーブルの作り方をしています。」

とても食べやすいんですよ。

ワインのコーナーの中央葡萄酒の
ワインメーカーの彩奈さんが選んでくれた
グレースワインの甲州がこれまた良く合うこと。

近いうちにグーの教室で登場させたいと思います。

1102152

「さくら」と言う名の共働学舎のチーズでした。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

おかずのクッキングの収録は

「炊き込み稲荷おこわ」でした。

110214_2

油揚げに餅米を詰めて
煮汁が無くなるまでフライパンか鍋で炊く。

テレビでのご紹介は、東京が3月25日。大阪は翌早朝。
まだまだ先の話なので、今言われても忘れてしまいますよね。

| | コメント (0)

バレンタインデーなので

ガトーショコラを焼きました。

110214

今日の撮影はテレ朝とテレ東の収録で、
撮影隊は男の人が多いんですよ。

はい、義理チョコに満たない義理義理で~す。

でもたくさん焼きましたよ。
たっぷり食べてくださいね~。

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

ピリリなお茶うけ

進々堂と言えば京都の老舗的存在のパン屋さん。
若いときは(あ、今も若いけど。…気持ちは。)、
京都に行けば必ず立ち寄っていたなぁ~。

ふとそんなことを思い出させる懐かしい進々堂を
蕎麦友からお土産にいただきました。
(ありがと~~♪)

原了郭の黒七味をコラボさせたラスクです。
辛いのが苦手な方でも美味しくいただけるほんのりピリリです。

加えて言えば、サクサクではなくバリバリです。
水分でふやかしながら食べる?
ふふふ、そんなヤワなラスクではないですぞ。

110213_2

そして、ピリリと言えば、山椒。
どちらかというと痺れ系ですね。

昨年お生徒さんからお土産にいただいてから
すっかりはまっている七味家の山椒あられ。
これまた教えてくれて大感謝!
(写真は七味家さんのサイトからのコピーです。
 そして色と露出補正をしました。
 七味家さん、無断です。すみません。)

 110213_3

ま、お茶うけというより、おちゃけうけ。
皆さん私のことをよくわかっていらっさるねぇ♪

| | コメント (0)

裂けるチーズのカナッペ

かわいい男の子がCMで
「裂けば裂くほどおいしいよ。裂~けるチーズ」と歌ってる。

あ、そういえば去年の11月に
Martのイベントでお教えしたのを思い出し、
写真を探してみたら、ありました~♪

110213

ホント、そうなんですよ。
裂けば裂くほどおいしいんですよ。

裂くことだけに集中するので
どんどん自分の世界に入るっちゅうか、
どんどん暗くなってしまうっちゅうか。
2本も裂いたらため息が出てきます。

なので、大勢の会にはおすすめできませんが、
少人数の集まりや遅い時間のお酒に合わせて、どうぞ。

台は、薄いピザクラストを型抜きして
フライパンでさっと焼いて焼き色をつけ、
オリーブ油を塗ってこしょうを振りました

チーズが噛み切りにくくバラバラになりやすいので
食べるときに2つ折りにしてチーズを挟み込もうと思い、
パキンと割れるクラッカーではなく
しなやかに折れるピザ生地にしました。

ま、そんなこと気にせず、
好みの味の市販のクラッカーでいいんじゃないかな。

チーズだけだと寂しいので、
みじん切りの生ハムを混ぜて気持ち豪華にね。

かわいい男の子にはオツ過ぎますかねぇ、雪印さん。

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

第三回チーズ百選

ソムリエ協会の仕事をしているお生徒さんが
こんなイベントの案内をくれました。

**********************

全国各地のチーズを集めてみんなで味わいましょう、ということから始まった「日本の銘チーズ百選」。いよいよ第3回目となり、会場は、アクセス便利な表参道駅直結の「青山ダイヤモンドホール」です。前回は55社185アイテムのチーズが揃い、600名を超す来場者はチーズを食べ、造り手と話しをし、大変満足した会になったようです。

・日時:2011年2月12日(土) 15時~18時(入退室自由)
・場所:青山ダイヤモンドホール 東京都港区北青山3-6-8 (地下鉄「表参道駅」直結)
・TEL:03(5467)2111

内容:
 ①北から南から、日本の銘チーズ 試食展示ブース
 ②ダイナミックなチーズカッティングショー
 ③焼いたり、溶かしたり、工房提案のクッキングチーズコーナー
 ④今日だけチーズ職人?「手作りチーズ体験コーナー」
 ⑤注目ワイナリーも多数出展「国産ワインとマリアージュ」
 ⑥熱いメッセージ!「チーズ職人によるPRステージ」
 ⑦今年も数量限定で殺到必至!「チーズ即売コーナー」

前売り券:
 4,000円(税込) (当日券:一般5,000円)

***********************

はい、もちろん私も行きま~す。

| | コメント (0)

日本橋の「花吉辰」

蕎麦友おすすめのお店で
楽しいひとときを過ごしてきました。

日本橋と言っても三越前から5分あまり。
なんと、先日行った仁行の近く。
ブロックがちょっと違うだけの距離でした。

蕎麦の種類も料理の数も多く、
蕎麦前からまったりゆっくり楽しめます。

でも初めてのお店で欠かせないのは、やっぱりこれ。

1102122

一応気を遣ったつもりだったけど、
結局ほぼ独り占めして食べてしまいました。
ストライクゾーンの広い卵焼き好きですねん。ほほほ。

そして最後は、せいろ。

110212

大遅刻しての参加だったけど、
たっぷり話し込んで蕎麦談義に花が咲いて。

蕎麦屋にしてはラストオーダーが遅いのがちょっと助かるかも。

| | コメント (2)

2011年2月11日 (金)

冷蔵庫の残り物

居酒屋の突き出しみたいだなーと思うけど、
納豆と戻したわかめと山芋とブロッコリースプラウト。
混ぜれば何とかなるもんです。

110211_2

わかめだけは自慢できる「村さんのわかめ」。
噛み応えがシャッキリしていて、
やっぱり他のわかめとは違います。

去年で作るのをやめてしまったそうですが、
なんとか復活してもらえないものでしょうかね。
せめて誰かに技術を教え込むとか。
ダメなんですかね、村さ~ん。

今日はラッキーなことに
先日作り過ぎて冷凍して置いたのがあった。

1102112

ふふふ。アグーの焼売よん♪
アグーと玉ねぎだけの贅沢さ。
アグーの溶けた脂と玉ねぎがあま~い。
でもこれは冷蔵庫の残り物とはいえないか。

あとは根菜スープと蒸し野菜&バーニャソース。

なんだか訳のわからないグローバル。
ま、冷蔵庫の残り物って、そんなものよね。

| | コメント (0)

キャベツの海苔巻き

雪が降っていると出かける気が失せます。

料理を作る気もトーンダウンです。
(…と言いつつケーキを爆焼き中なんだわ~)

冷蔵庫をゴソゴソして、キャベツ。
何気にせん切り塩もみして。
ちりめんじゃこはほぼ常備。

で、海苔好きストのグーは海苔で巻く。

110211

今日は1日冷蔵庫の片付け料理だな。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

こんな卵焼きはいかが?

110209

卵焼きの中に入れたのは粒マスタード。
マイユの広告のお仕事で作りました。

マイユの粒マスタードは、
フランスから輸入されてくる粒マスタードの中では
ゆるめで粒が大きめなので
たくさん入れると巻きづらいんですよ。

でもね、たっぷり入れてほしいんだな~。
マイユからお仕事をいただいたから言ってるんじゃないですよ。
私が粒マスタード好きだから、ですね。

ワインビネガーの酸味が卵に妙に合う、
オムレツ感覚のだし巻き卵です。

一番のお気に入りは「エドモンド・ファッロ」ですが、
このお仕事をきっかけにマイユも常備して、
料理に合わせて使い分けています。

卵焼きが好きで粒マスタードが好き。
ま、私らしいかな。

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

北郎の「ふたり旅」

京都祇園の創作料理北郎は、
何年も前に取り寄せて以来のお気に入りの、
湯葉佃煮「お豆の旅」で有名なお店です。

今では取り寄せなくても、
有名デパートで買えるぐらいにメジャーになってます。

「お豆の旅」は、
大豆が湯葉になって旅を続けるうちに
椎茸・山椒・ちりめんじゃこと巡り逢って佃煮になった、と、
藤山寛美さんが考えて名付けたそうです。

佃煮と言っても真っ黒な醤油色じゃなくて
京都らしく、素材の色そのもの。
でも味はしっかり塩気がきいてるんです。

そして、椎茸と山椒がふたりで旅を始めたそうで、
今度は娘である藤山直美さんに名付けてもらったのが、
「山椒と椎茸さんのふたり旅」

110208_2s

基本的には、
熱々ご飯にのっけてパクッっちゅうのがよさそうな。
くどくない味が蕎麦寿司の具に使えそうな。

「作れる味なんだよなー」と思ったりしながら
あっという間に食べ終えてしまいます。

頂き物の干し椎茸がたっぷりあるから
ちょっとトライしてみようかな。
この食感を再現できるかどうかが苦心を要しそう。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

握りブロマイド16

110207

小倉にはこんなのを食べに行ってました。
槍烏賊です。

タイトルの「16」は何かって?

ここ数年全く書いていないMixiにたまに載せてたの。
せっかくだからその続き。

| | コメント (2)

山中塗りの粥椀

漆器は、「値段が高い」「手入れが大変」「保管が難しい」と、
なにかと敬遠されています。
近頃ではそれに加え「食洗機に入れられない」と言うのまで。
ちと寂しいじゃないですか、これって。

漆器は日本を代表するもののひとつなんですよ。
英語で「japan」と言われているぐらいなんですよ。

日本人なんだから、プラスチックじゃない本物の、
何度も塗りを重ねたいい漆器を一つぐらいは持っていたいと思ったの。
もうだいぶ前の話だけどね。

気に入ったのを見つけたら、
安くはないだろうから一気には揃えられないけど、
時間をかけて1客ずつ買い足していこうと思ったの。

ただし、でもあくまでも普段使いできる椀。
1客5万も10万もしたんじゃぁね、
小心者の私としては、気になるというか、ドキドキして、
気軽に料理教室の時に使えないじゃない。
使うお生徒さんの方もビビルかもしれないし。

そんなつもりを持っていたときに見つけたのがこれ。

110206

マイルドセブンを横に置いていないと大きさがわからないわね。
結構大振りなの、これ。

日本橋高島屋で見つけ、10客は揃えたいと、
半年1年という間隔で1客ずつ買い始めたのよ。

ところが6客揃えたところで高島屋から消えた。

取り扱いをやめた、だって。
そ、そ、そんなぁー。でしょ?
でも、ま、6客あればそれはそれでいいかー。
で、ずいぶん長いことそのままになってた。

だけど、やっぱり揃えたい、と言う気持ちが、
ふつふつと湧き上がってきた。

当時のパンフレットには住所が無くてね。
検索してもわからなかったのよ、「漆工房大島」だけじゃ。
やっぱダメか、と、仕方なくあきらめた。

つい最近になって、ふと再挑戦してみる気になって検索してみた。
そうすると、やっぱホント便利ねー。見つかった~♪

大島塗りと言うのかなと思ってたら、山中塗りでした。
山中温泉にあったのよ、「塗工房大島」は。

さっそくメールしたら、今東京ドームで開催してる、
テーブルウェア・フェスティバルにブースを出すと言うお話。

で、取りに伺うと約束して今日行ってきました。(あ、もう昨日だ)
長年気になってた買い足しができて、今日はシアワセよん♪

…と言うお話でした。

…で、余談ですが…。

あそこは危険だぞぉー!
デンジャラスゾーンだぞぉー!

はい、椀だけじゃすみませんでした。

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

昭和なパン屋さん

初めて降りた小倉。
駅前の商店街の入り口に、
人だかりができているパン&ケーキの店がありました。

遠目に見ても、今人気の天然酵母は無いとわかる、
食パン!ロールパン!メロンパン!と、
ちょっと懐かしい昭和な雰囲気。

人だかりができていると覗いてみたくなるオバサン心理。
「70円? やっすー」と、値段の安さが人気の秘密だろうと、
取りあえず急いでいたので、その場をスルー。

ところが、帰りにはもっと多くなっている人だかりに、
これは買うしかないな、と、俄然燃えたのよ。

でも、どれが一番人気なんだかわからない。
そんなことを聞いてモタモタすると
お客さんにも店員さんにも迷惑がかかりそうで
躊躇すること数十秒。

うーん、ちょっと作戦を練らなくては、と、
向かいの二階にある喫茶店で様子を見ることに♪

110203

「5個10個と買って行きますぜ」
「積み上がってるあれがもうカラになりましたぜ」
「箱詰めしてるあの茶色いのはナンだ?」
「お、奥から出来たてが来ましたぜ」
「真ん中に見えるあの胡麻ナントカも人気があるようですぜ」

張り込みをしている刑事になった気分で、
(…と言ってもドラマでしかみたこと無いけどさ)
探る探る。

iPhoneでも探りを入れてみるか、と思ったら、
肝心なときに不具合を起こすんだからなー。
駅前だぜ?地元だろー!と、
圏外に怒りをあらわにするグー刑事。

「どうやらサニーパンというのが一番人気のようですぜ」
と、冷静に分析する相方刑事。

「よし、行くぞ!」

人だかりが途切れたそのときを逃さずかけより、
証拠を押収!

って、買ったんだけどさ。(とーぜんでしょ)

取りあえず、サニーパンとオムレット。

サニーパンはどんなのかというとですね、
コンデンスミルクをたっぷり注入したフランスパン。
フランスパンと言っても見た目は大きめのロールパン。
パン生地はかみ切りにくいような噛み応えで、
噛み方と言うか噛む場所と言うか、失敗すると、
中に入ってるコンデンスミルクがしみ出て来ちゃう。
そのくらいたくさんコンデンスミルクが入ってるのよ。

オムレットは二口で食べ終えるミニサイズ。
生クリームは、懐かしい昭和系。
何よりもオドロキなのがその安さ。1個35円!

すでに色々戦利品をゲットした後だったので
食欲に任せて買い込むことを控えたけど、
次小倉に降り立つことがあったときには、
色々買い込むのを心に誓ったのでした。

あ、サニーパンとオムレットはね、
博多に向かう新幹線の中で、
写真撮る前にイッキ食いしてしまったわ。ははは。

| | コメント (1)

2011年2月 2日 (水)

人形町の「仁行」

蕎麦打ち名人の石井仁さんが
ミシュランの星を取っておきながらも
東銀座の「古拙」を閉めて
人形町に「仁行」を開いたのが昨年の10月。

すでにいろんな雑誌に取り上げられて
これじゃ瞬く間に予約の取れないお店になっちゃうのでは、と、
いさんで出かけてきました。

古拙の時は1万円は超してしまってたのが、
仁行では、高いコースで8400円と、優しい価格。

せっかくだから高いコースでお願いして
石井ワールドを堪能しました。

向付けには山椒の効いた牡蠣。刺身は寒鰤。

1102021_2 1102022_2

出汁巻き卵は塩気を押さえた上品な薄味。
鰆の照り焼きには石井さんのお母様作の大根漬けが添えられていました。

1102023_2 1102024_2

カラリと揚げられた穴子は塩で。
もずくはきちんと仕込みされたサラリとしたのどごし。

1102025_2 1102026_2

おでんが出てくるのがちょっと嬉しい。
せいろは、The石井ワールドの見事な細打ちです。

1102027_2 1102028_2

2杯目は、おろしか胡麻だれか選べます。
…と言うより選ばなくてはイケマセン。
けっこう悩んじゃう。

あのぉー、どっちにって、選べないんですけどぉー。
…と、両方食べたいアピールをしてしまいましたわよ。ほほほ。

1102029_2 11020210_2

最後はいちごのムースと高原豆の甘煮。

11020211_2

堪能♪堪能♪

新たな気持ちでの再スタート。
応援したいと思います。

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

ガトーショコラ

気分転換に焼きました♪

110201_2

| | コメント (0)

残ったおでんを

こんな風に変身させてみました。

110201

ごぼう天と大根が残ったと想定して、
それぞれを豚肉の薄切りで包み込んで小麦粉をまぶし、
フライパンソテーします。

焼き色が付いたらおでんの煮汁を加え、
蓋をして蒸し煮にして火を通します。

煮汁の味を見てちょっと濃いめに塩で味を調え、
片栗粉でとろみをつけたら出来上がり。

豚肉は薄い方がきれいに成形できるので、
写真ではしゃぶしゃぶ用を使っていますが、
しゃぶしゃぶ用でないとできないという訳じゃないので、
その点については、どっちゃでもヨロシ。

こんなおでんのアレンジレシピ。
他にも、白和え、グラタン、丼と、チャレンジしてみました。

1102012 1102013 1102014

撮影のスタッフ皆さんに、美味し~、と、大受け。

セブンイレブンで売っている、
ぴあMOOKの「おでんぴあ」に載せていただきました。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »