« こめたま比べ | トップページ | 拓すしを堪能 »

2011年2月19日 (土)

長芋と海老の生姜あんかけ

「あの日以来我が家の人気メニューになってます」と、
数年前に撮影した料理の話になりました。

長芋は生で食べていたので
火を通すことが新鮮なオドロキだったそうです。

表面のほくほくした食感と中のシャリシャリした食感を
ダブルで味わえるのが楽しいとのこと。

「長芋と海老の生姜あんかけ」

110218

長芋・海老に粉をまぶして
さやいんげんとともに高温の油で素揚げにする。

中華ブイヨンを塩で味付けし片栗粉でとろみをつけ、
生姜汁をたっぷり加え混ぜて先の材料にかける。

長芋に火が通ったかどうか気にしなくてもよいところが
揚げ物が億劫な人にも気持ち的に楽だとか。

生姜じょうゆ味にするのも温かな印象でよいですね。
かけるあんの味付けはお好みで。

慣れてしまえば10分料理。
お試しあれ。

|

« こめたま比べ | トップページ | 拓すしを堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こめたま比べ | トップページ | 拓すしを堪能 »