« 表参道の「自然薯tororo」 | トップページ | 長芋と海老の生姜あんかけ »

2011年2月18日 (金)

こめたま比べ

フードトラスト食味選定委員会がプロジェクトを組んでいる、
ときわ養鶏の卵「こめたま」は、
餌に日本の米を使用している今注目のブランド卵の一つです。

卵黄の色が濃くなる餌を使っていないので、
とても淡い黄色。

110218 1102182

卵焼きにすると物足りない白さなのですが、
味はちゃんと卵なんですよねー。

卵の色がないといいなと思える何かに使ってみよう、と、
抹茶ケーキを焼いてみました。

泡立てた卵黄は生クリームを泡立てているかのような白。
これは期待できますね~。

1102183

で、焼き上がった抹茶ケーキがこれ。

1102184

手前がこめたまを使った抹茶ケーキです。

ん~~~~~~。
写真ではあまり違いがわかりません。
肉眼でもあまりわかりません。

普通の卵が沈んだ緑なのに比べ、
こめたまは若干鮮やかな緑。

でも、これは作る側のこだわりでしかない。
その程度の差。

新鮮さはバツグンなのでふくらみは良かったのは確かですが、
卵の大きさに差があって、こめたまは大きめだったので、
その分ボリュームが出たのかもしれません。

レッスンに向けての試作ですが、
お生徒さんが作ることを考えると、
こめたまを使うか使わないか、
その良さが明確になっていない現段階では
悩めるグー先生であります。

|

« 表参道の「自然薯tororo」 | トップページ | 長芋と海老の生姜あんかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表参道の「自然薯tororo」 | トップページ | 長芋と海老の生姜あんかけ »