« 昭和なパン屋さん | トップページ | 握りブロマイド16 »

2011年2月 7日 (月)

山中塗りの粥椀

漆器は、「値段が高い」「手入れが大変」「保管が難しい」と、
なにかと敬遠されています。
近頃ではそれに加え「食洗機に入れられない」と言うのまで。
ちと寂しいじゃないですか、これって。

漆器は日本を代表するもののひとつなんですよ。
英語で「japan」と言われているぐらいなんですよ。

日本人なんだから、プラスチックじゃない本物の、
何度も塗りを重ねたいい漆器を一つぐらいは持っていたいと思ったの。
もうだいぶ前の話だけどね。

気に入ったのを見つけたら、
安くはないだろうから一気には揃えられないけど、
時間をかけて1客ずつ買い足していこうと思ったの。

ただし、でもあくまでも普段使いできる椀。
1客5万も10万もしたんじゃぁね、
小心者の私としては、気になるというか、ドキドキして、
気軽に料理教室の時に使えないじゃない。
使うお生徒さんの方もビビルかもしれないし。

そんなつもりを持っていたときに見つけたのがこれ。

110206

マイルドセブンを横に置いていないと大きさがわからないわね。
結構大振りなの、これ。

日本橋高島屋で見つけ、10客は揃えたいと、
半年1年という間隔で1客ずつ買い始めたのよ。

ところが6客揃えたところで高島屋から消えた。

取り扱いをやめた、だって。
そ、そ、そんなぁー。でしょ?
でも、ま、6客あればそれはそれでいいかー。
で、ずいぶん長いことそのままになってた。

だけど、やっぱり揃えたい、と言う気持ちが、
ふつふつと湧き上がってきた。

当時のパンフレットには住所が無くてね。
検索してもわからなかったのよ、「漆工房大島」だけじゃ。
やっぱダメか、と、仕方なくあきらめた。

つい最近になって、ふと再挑戦してみる気になって検索してみた。
そうすると、やっぱホント便利ねー。見つかった~♪

大島塗りと言うのかなと思ってたら、山中塗りでした。
山中温泉にあったのよ、「塗工房大島」は。

さっそくメールしたら、今東京ドームで開催してる、
テーブルウェア・フェスティバルにブースを出すと言うお話。

で、取りに伺うと約束して今日行ってきました。(あ、もう昨日だ)
長年気になってた買い足しができて、今日はシアワセよん♪

…と言うお話でした。

…で、余談ですが…。

あそこは危険だぞぉー!
デンジャラスゾーンだぞぉー!

はい、椀だけじゃすみませんでした。

|

« 昭和なパン屋さん | トップページ | 握りブロマイド16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和なパン屋さん | トップページ | 握りブロマイド16 »