« ガトーショコラ | トップページ | 昭和なパン屋さん »

2011年2月 2日 (水)

人形町の「仁行」

蕎麦打ち名人の石井仁さんが
ミシュランの星を取っておきながらも
東銀座の「古拙」を閉めて
人形町に「仁行」を開いたのが昨年の10月。

すでにいろんな雑誌に取り上げられて
これじゃ瞬く間に予約の取れないお店になっちゃうのでは、と、
いさんで出かけてきました。

古拙の時は1万円は超してしまってたのが、
仁行では、高いコースで8400円と、優しい価格。

せっかくだから高いコースでお願いして
石井ワールドを堪能しました。

向付けには山椒の効いた牡蠣。刺身は寒鰤。

1102021_2 1102022_2

出汁巻き卵は塩気を押さえた上品な薄味。
鰆の照り焼きには石井さんのお母様作の大根漬けが添えられていました。

1102023_2 1102024_2

カラリと揚げられた穴子は塩で。
もずくはきちんと仕込みされたサラリとしたのどごし。

1102025_2 1102026_2

おでんが出てくるのがちょっと嬉しい。
せいろは、The石井ワールドの見事な細打ちです。

1102027_2 1102028_2

2杯目は、おろしか胡麻だれか選べます。
…と言うより選ばなくてはイケマセン。
けっこう悩んじゃう。

あのぉー、どっちにって、選べないんですけどぉー。
…と、両方食べたいアピールをしてしまいましたわよ。ほほほ。

1102029_2 11020210_2

最後はいちごのムースと高原豆の甘煮。

11020211_2

堪能♪堪能♪

新たな気持ちでの再スタート。
応援したいと思います。

|

« ガトーショコラ | トップページ | 昭和なパン屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガトーショコラ | トップページ | 昭和なパン屋さん »