« 2月の料理教室 | トップページ | 加賀の砂糖菓子 »

2011年2月24日 (木)

鯛の桜蒸し

今日から新しい本の撮影に突入します。

電子レンジがテーマの本。
私らしくないなーと自分でも思うのですが、
電子レンジ、実は2冊目。

むちゃぶりではなく、きちんと活用する。
そして美味しくキレイ。
そんなところを目指しています。

今回の本に入れられなかった料理。
結構ありますが、この料理もそうです。

「天然とは言わへんけど、
 身に厚みがある方が美味しいねん。」と、
鯛にはこだわってしまう関西人のグー。

季節感も出すぎてるし、と、リストから省いたけど、
来週からはもう3月。

この時期にはぴったりの料理なので、
皆さんに真似てみていただけたらと思います。

110224

白身の王様鯛と言えども下準備が悪いと生臭みが出ます。
塩を振って15~20分は置きましょう。
魚から水分が浮き出てきますからこれを拭き取って、
準備は完了。

これに桜の葉の塩漬けを巻きます。
大体春先になると、製菓材料のコーナーで売られますね。

まだ売っていなかったらってか?
桜餅を買ってきてはがす!

…これはむちゃぶりだけど、悪くはない方法なんですよ。
撮影でどうしても必要だけど無い、と言うときに、
やります。この方法。
あとは築地か合羽橋で買う。
ただし、数百枚から千枚単位。
なんぼほど作るねん!っちゅうむちゃぶり。

ま、今日にはなくても来週にはでてきますよ。
季節だから。待っててね。

お酒を振ってレンジで加熱している間に
かける桜あんを作ります。

出汁に塩で味をつけ、
塩を洗い落とした桜の花の塩漬けを加えて
水溶き片栗粉でとろみをつける。

桜の花の塩漬けは茎を取ってから
粗く切ってね。
とろみは薄くね。
そして、出汁。インスタントはイヤよ。

これを鯛にかけてお茶漬けあられを散らす。

手間としてはお手軽だけど
材料としてはお手軽とは言えません。
だから、ズボラでも手抜きでもないでしょう。

ハードルが高いか低いか。
それは考え方次第。
と言ったところの料理ですね、これ。

|

« 2月の料理教室 | トップページ | 加賀の砂糖菓子 »

コメント

うっわー美しいし美味しそう!!
作ってみまーす(o^-^o)
電子レンジは何分くらいが目安でしょうか~?
(なんて伺ってもよかったのかしらん)

投稿: いろどりやま | 2011年2月25日 (金) 17時05分

失敗無くできると思います。
是非お試しくださいね~♪
一切れ2~3分が目安で良いと思います。
電子レンジクッキングって厳密なことを言い始めると、ワット数、一切れのグラム、冷蔵庫から出したてかどうか。ま、そこまで言わなくても、火が通ってなかったときは再加熱と言うことで(笑)。

投稿: いろどりやまさん ← グー | 2011年3月 1日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月の料理教室 | トップページ | 加賀の砂糖菓子 »