« 人形町の「仁行」 | トップページ | 山中塗りの粥椀 »

2011年2月 5日 (土)

昭和なパン屋さん

初めて降りた小倉。
駅前の商店街の入り口に、
人だかりができているパン&ケーキの店がありました。

遠目に見ても、今人気の天然酵母は無いとわかる、
食パン!ロールパン!メロンパン!と、
ちょっと懐かしい昭和な雰囲気。

人だかりができていると覗いてみたくなるオバサン心理。
「70円? やっすー」と、値段の安さが人気の秘密だろうと、
取りあえず急いでいたので、その場をスルー。

ところが、帰りにはもっと多くなっている人だかりに、
これは買うしかないな、と、俄然燃えたのよ。

でも、どれが一番人気なんだかわからない。
そんなことを聞いてモタモタすると
お客さんにも店員さんにも迷惑がかかりそうで
躊躇すること数十秒。

うーん、ちょっと作戦を練らなくては、と、
向かいの二階にある喫茶店で様子を見ることに♪

110203

「5個10個と買って行きますぜ」
「積み上がってるあれがもうカラになりましたぜ」
「箱詰めしてるあの茶色いのはナンだ?」
「お、奥から出来たてが来ましたぜ」
「真ん中に見えるあの胡麻ナントカも人気があるようですぜ」

張り込みをしている刑事になった気分で、
(…と言ってもドラマでしかみたこと無いけどさ)
探る探る。

iPhoneでも探りを入れてみるか、と思ったら、
肝心なときに不具合を起こすんだからなー。
駅前だぜ?地元だろー!と、
圏外に怒りをあらわにするグー刑事。

「どうやらサニーパンというのが一番人気のようですぜ」
と、冷静に分析する相方刑事。

「よし、行くぞ!」

人だかりが途切れたそのときを逃さずかけより、
証拠を押収!

って、買ったんだけどさ。(とーぜんでしょ)

取りあえず、サニーパンとオムレット。

サニーパンはどんなのかというとですね、
コンデンスミルクをたっぷり注入したフランスパン。
フランスパンと言っても見た目は大きめのロールパン。
パン生地はかみ切りにくいような噛み応えで、
噛み方と言うか噛む場所と言うか、失敗すると、
中に入ってるコンデンスミルクがしみ出て来ちゃう。
そのくらいたくさんコンデンスミルクが入ってるのよ。

オムレットは二口で食べ終えるミニサイズ。
生クリームは、懐かしい昭和系。
何よりもオドロキなのがその安さ。1個35円!

すでに色々戦利品をゲットした後だったので
食欲に任せて買い込むことを控えたけど、
次小倉に降り立つことがあったときには、
色々買い込むのを心に誓ったのでした。

あ、サニーパンとオムレットはね、
博多に向かう新幹線の中で、
写真撮る前にイッキ食いしてしまったわ。ははは。

|

« 人形町の「仁行」 | トップページ | 山中塗りの粥椀 »

コメント

ええっ!!
オムレット、35円!!!

途中まで「うーん、昭和系のパン、
おいしそう♪」と読んでいましたが、
値段のところで、思わず
「ええっ!」と大声を出してしまいました……。

うーん、小倉、すごいです。

投稿: | 2011年2月 8日 (火) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人形町の「仁行」 | トップページ | 山中塗りの粥椀 »