« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月16日 (水)

ご協力に感謝

お休み中のお生徒さんや
お生徒さんのご家族の方から、
協力のお申し出をいただきました。

今できることへのご賛同、
ありがとうございます。

これを終えたら次は、
「これから出来ること」。

自分自身の負担にならず、人に強制せず、
長く続けられる「出来ること」を
考えていきたいと思います。

グーのお生徒さんの先生をしていて良かった。
と、皆さんの暖かい気持ちに
心から感謝しています。

| | コメント (0)

2011年3月13日 (日)

できること

今週は料理教室の予定なので、お生徒さんから、
教室実施の有無の問い合わせをいただきました。

迷っていました。

その間、無事だった報告に加えて、
まさにその時どうだったか、帰宅難民になった体験談、
お家の惨状など、数多くのメールをいただきました。

来るのは難しそうだなと思われるお生徒さんもいらっしゃいますが、
やはりがんばって来ようというお生徒さんもいらっしゃいます。

料理教室に来ることで
気持ちが切り替わる方もいらっしゃるだろうし、
やはり楽しみにしてくださっている方もいるだろう。

そんなことと、
テレビで見る惨状に、
私にできることは、を併せて考えていました。

物資を送るにも押しつけになるようじゃ意味がない。
行って何か出来るかと言えばたぶん邪魔になるだけ。

何を送ればいいかわかっている人に選んでもらえて、
邪魔にならないもの。

つたない私の脳みそが思いつくのはやはり寄付金。

考えがそうたどり着いたとき迷いが取れました。
今週の料理教室で頂戴するレッスン料は、
すべて寄付することにします。

いつもと違ってちょっとだけ勉強をして、
ゆっくりおしゃべりをして。
気持ちを切り替える場に出来れば、と思います。

生徒数は少ないグーだけど、
みんなが一緒になれば、
被災地の皆さんの何か役に立てるのでは。

微力を注げたら。
そんな思いを込めて料理教室を実施します。

なかなかお教えするチャンスのない鍋料理。
どうかな?

単なる飲み会宴会になってしまうかもしれないね。
でも、その時いただいたお金は、
泡と消えていくことなく、確実に役立てたいと思います。

お生徒さんだけでなく、ご賛同くださる方!
グーまでご連絡くださーい!

| | コメント (3)

2011年3月12日 (土)

地震

これからの一生の記憶に残る経験でした。

1103121 1103122

一人ではなかったのでとても心強かった。
割れた食器は手分けしてテキパキと片付きました。

ルクルーゼが落下してこんなに割れました。
頭に落ちてこなくて本当に良かった。

1103123

一人だったら、何も手をつけられず
ただ時間だけが過ぎていってたと思う。

被災地の皆さんはこんなものではないと思い想像すると、
怖さで鳥肌が立ちます。
怖くてひたすら不安な時間を過ごされていることと思います。

今はただ、一人でも多くの方の無事を祈るだけです。

そして、何かできることが来たときに何ができるか
考えていきたいと思います。

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

わーい

ロケ弁だ〜♪

242CC278-AA56-4C65-B1B2-8D504C7EE362

本や雑誌の撮影の時は、
きちんと作るし、人も多くありません。
料理は美味しく胃袋に消えていきます。

今回は広告の撮影なので
10人以上の人が立ち合ってます。

だから仕出し弁当、ロケ弁の登場です。
自分では注文する機会がないので、
なんだかうれしいぞよ。

| | コメント (0)

本日はフードコーディネーター

久々に広告のお仕事です。

クライアントの要望やイメージに
どこまで応えられるか。
ノウハウ総動員で、かなり脳トレ。

撮影までの材料探しと手配に
バタバタしたけど、
いざ撮影がスタートすると、
出番待ちでノンビリ。

7ページの料理撮影を
孤軍奮闘した昨日がウソのようだわ〜。

とは言え、出番がきたら、
広いスタジオを行ったり来たりと
走りっぱなしだぞ〜。

万歩計をつけてみようかな。

4C9D3758-90C0-4908-9D4C-F938C9236062


| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

ロールケーキの出来映え

テレビを見ながらのんびりシャカシャカ泡立て。

わわわー、やっちゃたー!
塗りつけるには立て過ぎです。
捨てるにはもったいないから何とか巻いたけど、
切り口がやっぱり美しくありません。

110302

撮影隊のおやつ用に作ったけど、これじゃ出せないよー。
スタッフに泣きを入れて食べてもらって、
密かに無かったことに…。トホホだね。

でも、ま、こんなこともあるんだよ~、と、アップしてみました。

イケマセンね、ながらは。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

加賀の砂糖菓子

加賀山中温泉にある漆工房大島さんが
ひな祭りに飾る菓子「金花糖」をお送りくださいました。

110301

めずらしいかなぁーと思ったので、と、お手紙が添えられていました。

はい、めずらしいですねぇ~。
調べてみるといろいろな形の金花糖があるようです。

煮溶かした砂糖を木型に流して外側が固まったら、
固まっていない内側の液を取ってくっつけ合わせているので
中は空洞で持ってみると案外軽いんですよ。

江戸時代からあって、祝い事の時に用いられるそうで、
魚や野菜や果物や七福神や、
近年ではスポーツや乗り物などがあったりと、
多種な形があって楽しいお菓子だったようです。

加賀金沢では今でもお祝い事の時に使われるそうで、
ひな祭りには欠かせないとか。

「金花糖だけで飾った雛壇」なんて言うのもあるのかしら?ねぇ。

飾った後は割ってお砂糖として使うそうですが、
もったいないなぁー。躊躇してしまいます。

それはともかくとして、
またひとつお勉強になりました。

漆工房大島さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »