« 鯛の桜蒸し | トップページ | ロールケーキの出来映え »

2011年3月 1日 (火)

加賀の砂糖菓子

加賀山中温泉にある漆工房大島さんが
ひな祭りに飾る菓子「金花糖」をお送りくださいました。

110301

めずらしいかなぁーと思ったので、と、お手紙が添えられていました。

はい、めずらしいですねぇ~。
調べてみるといろいろな形の金花糖があるようです。

煮溶かした砂糖を木型に流して外側が固まったら、
固まっていない内側の液を取ってくっつけ合わせているので
中は空洞で持ってみると案外軽いんですよ。

江戸時代からあって、祝い事の時に用いられるそうで、
魚や野菜や果物や七福神や、
近年ではスポーツや乗り物などがあったりと、
多種な形があって楽しいお菓子だったようです。

加賀金沢では今でもお祝い事の時に使われるそうで、
ひな祭りには欠かせないとか。

「金花糖だけで飾った雛壇」なんて言うのもあるのかしら?ねぇ。

飾った後は割ってお砂糖として使うそうですが、
もったいないなぁー。躊躇してしまいます。

それはともかくとして、
またひとつお勉強になりました。

漆工房大島さん、ありがとうございました。

|

« 鯛の桜蒸し | トップページ | ロールケーキの出来映え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯛の桜蒸し | トップページ | ロールケーキの出来映え »