« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

フライパンひとつで

いったい何年ぶりだろうと言うぐらい久しぶりに、
COMO6月号に登場です。
肘のあたりに書いてありますね。フライパンの文字。
これです。

110430como1_2

定番中の定番、ハンバーグも、

110430_6

蒸しの定番のひとつ、焼売も、

110430_5

パーティーで披露したいパエリヤも、

110430_7

パンまで焼いちゃう。

110430_8

フライパンひとつと言っておきながら、
いったい何本要るんだい?(笑)

他にも茶碗蒸しや生姜焼き等々。
定番料理がいっぱいです。

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

ヨーグルトにバナナ

甘さの強いバナナはヨーグルトに良く合いますね~。

私は切らずに指でつぶして入れるのが好き。

110429

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

口福作り隊

おにぎり、うどん、カップラーメン、スナック菓子。

被災地に送られる支援物資は、
まずはおなかが満たされて腹持ちのするものや
日持ちするものが中心でした。

少し落ち着いた今、
そういった食べ物が続くと
恋しくなるのが新鮮な魚や野菜や果物。

少しでもお役に立てるのなら、と、
10種類の野菜を使った白梅酢ピクルスを
時間を支援してくれたお生徒さんと一緒に作りました。

和歌山のある地域の小学校では
白梅酢を薄めてうがいに使って風邪の予防に役立ててるとか。

梅のクエン酸は疲労回復にも役立つし、
醸造酢のような酸っぱいにおいがしないのもいい。

ミディアミクス畑さんの尽力で
たくさんの白梅酢とたくさんの野菜が用意され、
早速試作!

濃度の高い白梅酢の塩分を
何パーセントに調節するかが一番神経を使いました。

できあがったピクルスは甘さのない、
酸味と塩気の、ピクルスと言うより浅漬けのような味。

東北出身の方に食べてもらって、
「これぐらいの塩気ならアリだと思う」と感想をもらい、ホッ。

野菜らしい味と噛み応えを残しつつ、
常温である程度日持ちする。

できあがったピクルスには
印刷のラベルよりも手書きの温かみをと、
みんなで真剣にメッセージ書き。

1104271

できあがったメッセージを一つずつ張りつけ、

1104272_2

目にも鮮やかで食欲をそそります。

1104273

個性豊かなメッセージにみんな和気藹々。

1104274

「届け隊」というところの炊き出しで配られるとか。

なら、作った私達は「作り隊」だね、と、
「口福作り隊」と言う名で
東北に向けて本日送り出しました。

暖かくなってくると発酵が早く進むので、
いつまで出来るかわからないけれど、
東北の方に受け入れていただける味に
なっているかどうかわからないけれど、

また出来るようにしたいと思った
口福作り隊活動でした。

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

葉ごぼうと豌豆

茎を炊いて葉を山椒炒めにし、豌豆は玄米&雑穀と炊き込み。
せっかくだからお弁当箱に詰めてみた。

110423_5

…やたら出汁巻き卵が目立ってるって?

だって好きなんだもん。

| | コメント (0)

エルベモンスのコンテ

夜遅くに1本提げて遊びに来てくれた人アリ。

「あら、ケイマスだわ♪」と、
久々の濃い濃いカリフォルニアに嬉しくなって、
残り少なくなって大事にしてた
ナッツ香の素晴らしいエルベモンスのコンテをいそいそと準備。

110423_1

ライ麦たっぷり、天然酵母の酸味がきいた、
ルヴァンのパン・ド・セーグルも良く合って、
ワインがススム君。夜中まで会話に花が咲きました。

それにしてもモンスのコンテはホント、美味しい。

紀ノ国屋で量り売りで買えてたのに、
対面のコーナーをやめちゃって、
チーズ売り場が実につまんなくなってしまいました。

高級スーパーとしてのステイタスは残そうよ紀ノ国屋さん!

コンテが切れかけて私も切れかけてる…。

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

おろし金のおかげで

カトルカールの準備が楽になりました♪

110422_4

さ、もう1台焼くよ~ん♪

| | コメント (2)

レモンの皮をすりおろす

ずっとおろし金ですりおろしていたんだけど、
あまり細かくおろせなくてもかまわないから、と、
以前から気になっていたおろし金を買いました♪

110422

初めて見たときの感想は「たっかー!」でした。

そう、値段がね、
機能に見合うかどうか計りかねると躊躇したのよ。

でもナゼか今回、あ、これだわ、とすんなり買う気に。

おろし金の「おろす」と言うイメージとは少し違うけど、
目的にはぴったりの道具で、正解でした。

薄い細かな刃で表皮を薄く削り取ると言うのが正しい表現かなー。

1104222

見事に黄色い表面だけ、フレーク状に削れます。
苦味のある白いワタの部分は削れません。

刃が巻き込んでいる部分で
レモンの先の尖ったところもキレイに削り取れます。

しかもあちこち飛び散らずに、です。

1104223

レモンの皮15個。
手を汚すことなく瞬く間に削り終えました♪

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

3分クッキング5月号

ひと月の経つのは早いですね。
もう5月号です。

110421_1

連載中の「つまみでごはん」は、
今月もすぐに作る気になれるような1分5分10分つまみです。

110421_2

これって、二度浸け禁止ってやつ?
ってか?

そうよ。
1分だもの。
春キャベツは美味しいんだもの。
ソースをちょいとつければイイつまみになるんだもの。
…と半ば開き直り。ですかねぇ。

で、これ。(…と話題をそらす。ほほほ)

110421_3

評判良かったよ~。

最後のこれは、見た目はちぃーとブサイク。

110421_4

でも美味しくてネェ。
料理教室でも早々に教えちゃいましたよ。

是非テキスト本を手にお取りくださいませ~。

そういえば、テキスト本が電子書籍になるそうよ。
…って、もうなってるのかな?
つまみでごはんは載るのかな?

どうだったか覚えてないけど、これからは携帯できますよ!

| | コメント (2)

2011年4月20日 (水)

朝から元気に

花にら黄にらをたっぷり使い、
きのこでボリュームを出しつつカロリーダウン。

水増ししたふわふわスクランブルの上には
九条ねぎが山盛り!

香りの強い野菜や薬味野菜が朝からいっぱい。

これが私の元気を作ってるんだろうなー。

110420_31

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

大阪野菜と言えば

夏野菜の泉州の水なすはもはや全国区。
(京野菜だと思ってる人、多いけどね)

そして春はと言えば、貝塚の木積の筍。
…なんだけど、東京まで鳴り響いてこないのよね。
やっぱり東京人にとっては京都の筍なんだわ。

そんな中で頑張ってるのが、八尾の葉ごぼう。
今がまさに旬です。

若ごぼうとも言いますが、
私にとって若ごぼうは、
遙か昔に初めて見た、ごぼうと茎葉が1:2ぐらいの、
ごぼうの部分が今売られているのより長いもの。

たまたまそうだっただけなのかもしれないけど、
そのときのごぼうの美味しさの記憶が今でも残っているので、
今のには若ごぼうと言うのに抵抗があるので、葉ごぼう。

さてこの葉ごぼう。
見た目や料理方法は蕗と同じように考えれば良いです。
が、香りや味は全く違います。
そして、蕗と違って表面の筋を取らなくていいんです。
(蕗よりちょっとだけ手間がない感じ?)

大阪を仕切ってくれているユアキッチンの江島さんから
(ブログはこちら。たまぁ~~に私のことも書いてくれていますよ)
その葉ごぼうが送られてきました。
ちょっと変化球に他の野菜も入っていまし。ふふ、嬉し♪

110419_1_2

受け取るのが1日遅れたために
葉が黄色くなってしまい申し訳ない…。

よもぎはきれいな葉と黄ばんでしまった葉を丁寧に分け、
茹でてあく抜きして。

110419_4_2

栽培もののようなので、あく抜きは軽く済ませました。
取りあえず冷蔵保存したけど、
今週は料理教室でいろんな試作をする時間が取れないから、
冷凍保存かな。

いや、やっぱり寝る暇惜しんで、っていうやつで何とか使おう。
シフォンかロールケーキか。
それとも素直に、長い間作ってない草餅もいいなぁ。

そんなことを考えながら、次!
葉ごぼうの処理。はぁ~忙し。

110419_5

やはり黄色くなってしまった葉を切り落とし、
根と茎と葉に切り分けて、
根は丁寧に土を洗い落として冷蔵庫行き。
茎はたっぷりの水に晒してあく抜きし、サッと塩ゆで。
葉は塩ゆでして2~3度水を替えながらたっぷりの水に晒す。

根はかき揚げ、茎は油揚げと一緒に炊いて、
葉はじゃこと一緒に炒める。

王道だけど、まずはやっておかないと落ち着かない。

…とはいえたっぷりの量。
我が家だけでは食べきれない。

そのままお裾分けだと、
葉ごぼうに馴染みのない人は躊躇しちゃう。
でも下処理をしてあると、
葉ごぼう料理に挑戦する気になってくれます。

どうせなら料理したのが欲しいってか?

かーーーーつ!

| | コメント (2)

よねむらのクッキー

京都祇園のレストランよねむらは
創作料理のお店として人気の高いお店です。

そのよねむらがクッキーを発売したと聞いてはいたのですが、
京都まで買いに行くのもなー、と、
気になりつつも当分は買いに行けないなと思っていました。

ところが、渋谷西武で取り扱うようになったと知って
ウキウキ気分で買いに出かけましたのよん♪

110419_1

まっ、かわいい缶だこと。
缶の周りはよねむらのお店の雰囲気をイラストにしてあります。

大きそうに見えますが、結構小ぶりな缶です。

え?これで3900円するのん?と一瞬思いましたが、
舌切り雀のイジワルおばあさんにならなくて良かった。

持ってみて納得。
ずっしりと重いんですよ。
めいっぱい入ってるな、と思って開けたところ…

110419_2

隙間無し!緩衝材無し!

小さなメレンゲが入っているあたり、
これでピンクの缶なら村上開新堂だな。
と言うのがご開帳一番の感想。

でも中身は、
和のテイストがバラエティー豊かに盛り込まれていて、
村上開新堂とは全然違った京都テイストどすえー。

110419_4

甘味、辛味、塩味と、味の変化にも富んでます。

ちょっとしばらくはまりそうです。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

朝から野菜たっぷり

我が家の朝ごはんは
朝から野菜が700g越え。
1人350gは
1日に摂りたい野菜の量300gを
すでにクリアしている。
風評被害の野菜を食べ、
少しは助けになってるか?
我が家の胃袋。


1303087941955.jpg

iPhoneだとどうもブレてしまうなぁ。

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

昼食は蕎麦寿司

チャッチャと作ってしまいたいときによく作ります。

今日はちょっとだけ手をかけて、
薄焼き卵で海老を巻きました。

110417

ねぇ、知ってる~?

お寿司屋さんの作る蕎麦寿司は寿司酢で味付けするけど、
お蕎麦屋さんの蕎麦寿司は酢を使わないんだよ~。
代わりに蕎麦つゆをつけて食べるんだよ~。
 豆しば風に言ってみたつもり。


| | コメント (0)

桜の季節です

…と言ってももう葉桜になってしまいましたね。

なかなかブログに気持ちが行かないまま
ひと月過ぎてしまいました。
昨年9月末に入院したときは、
そのあと年が明けるまであっという間で
メチャクチャ早かったのに、
この一ヶ月はなんだか長かった。

その間にあった撮影はほとんどキャンセルなしでしたが、
3月22日のレディス4は
食べ物テーマは自粛と言うことで
収録済みの料理はまぼろしになりました。

スポットライトを当てる食材が「桜の花の塩漬け」だったので
本当に放送していいのかな、と、気持ちが後ろ向き。
せめて服装を黒に、と思っていたところ、
キャンセルの電話が来て正直なところホッとしました。

つぼみがふくらむと共に
元気になろうという気持ちをふくらませてくれる
桜の力でしょうか。

4月に入って、
「一瞬ですが収録した中から取り上げたい」と連絡をいただき、
おろし和えが紹介されたようです。

110417_4_2

細切りにして塩もみした大根と塩抜きした桜の花の塩漬けを
甘酢で味付けしたおろし大根で和えた料理です。

他には、

鯛に桜の花の塩漬けを混ぜた衣をつけて揚げたフリッター。

110417_1

ぶぶあられと共に混ぜたごはん。

110417_3

ホイルで包んだ鶏肉の桜蒸しには春野菜をたっぷりと。

110417_2

そして最後は薄皮桜餅でした。

桜づくしは無理にしても、
炊き出しのおにぎりに桜の花の塩漬けをのせると
和んでいただけるだろうか。
現場をわかっていない考えだろうか。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »