« 養老渓谷の「ゆい」 | トップページ | 浅草の「おざわ」 »

2011年5月 6日 (金)

長命寺の桜餅

安近短の2回目は浅草散歩。

外人らしき人はほとんど見かけずでしたが、
大勢の人でごった返していました。

ボリュームたっぷりのハンバーグ屋にまで行列が出来ていて、
浅草なのになんでこの店?と思ってしまう。
ま、私のリサーチ不足なんでしょうね。
きっと色々なところで紹介された話題のお店なんでしょう。

ここも行列、ここも混んでる、と、
行ったことのある名店の人気がうかがえると
ちょっと嬉しくなる。
でも、その行列に並ぶ気にはなれない。

散歩だから今日は歩くと決めたからには
もうちょっと歩いたところに行こう、と、
食べたことはあるけどまだ行ったことは無い
長命寺の桜餅を目指すことに。

ここからも見える、だんだん大きくなってきた、と、
スカイツリーをチェックしながらもお上りさん。

道、合ってるよね?と不安になり始めた頃に
やっと見えた桜餅の看板。

110506_2

10個20個とお土産を買う人を見ながら
イートインのお茶付き250円。

110506_1

桜の葉を3枚使った贅沢さ。
練り上げた漉し餡が粒餡派の私には
小指を立てて食べちゃいそうな上品さ。

一緒に食べるか食べないかで議論になる桜の葉は、
しっかり食べました。
3枚だと塩気が効いてて、
漉し餡が更に控えめな存在になってしまったので
途中で枚数を減らしました。

皮と餡のバランスを確認しながらの完食は
ちょっと仕事モードだったなー。

|

« 養老渓谷の「ゆい」 | トップページ | 浅草の「おざわ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 養老渓谷の「ゆい」 | トップページ | 浅草の「おざわ」 »