« 被災者の方々とお弁当を囲みながら | トップページ | 気分転換のつもりが »

2011年5月31日 (火)

入手困難「玉姫酢」

「お酢はどこのをお使いですか?」と聞かれたので、
千鳥酢が主体だけど、とば屋もあるし飯尾も使ってるし、と、
返答にもたついていたら、
「これ、ご存じですか?」と、味見させて頂いた酢。

香りにツンとした刺激が無く、酸味が実に柔らかい。
「配合は?」と聞きたくなるような甘みがあり、
そのまま飲んでもむせかえることなく、美味しい。
冗談でもオーバーでもなく、目から鱗。

玉姫酢。
不勉強なことに、初めて聞いた名前。

聞くところによると、
鉄人だか、テレビで紹介されたとたん注文が殺到して、
それ以来一般売りをしなくなってしまったお酢だとか。

今は玉姫酢の瓶を持ってお店まで行くと
その分だけ売ってくれるとの話。

「それって、瓶が割れたらそこでおしまい?」
「そう言うことになりますね。」
「瓶がなかったら買えないということ?」
「そう言うことになりますね。」

そんなぁぁぁー!
じゃ、なんで味見させたのよ!それってひどいんじゃない?
…と、ワタクシ、ヒステリックに逆上する女ではありません。
どちらかというとオッサンですが、
ここは、シュレックの長靴を履いたネコよろしく、
うるうる目で祈るように、でもあきらかに欲しい眼力で見つめ。

念ずれば通ず。
「出来るかどうかわかりませんが、なんとかしてみましょう。」って。

なんと!なんと!
本当に手に入れてくださった!
しかも一升瓶!

110531

さっそく、
「この瓶捨てるな!」「取扱注意!」「割るな!」
瓶に貼りまくり。

料理に使い始めたのはもちろんのこと、
お猪口に1杯2杯と飲むのが楽しみでねぇ。
はい、ストレートで飲めます。

入手してくださった方へ、心の底から感謝です。

このお酢を使うと配合が全く変わるので、
撮影や教室のレシピ開発には使えませんが、
私の料理を食べて頂く機会には玉姫酢ですね。

お酢がなくなる前には京都に行かなくちゃね。
空の一升瓶を大事に抱えて京都に降り立つチビがいたら、
それは私でしょう。ほほほ。

|

« 被災者の方々とお弁当を囲みながら | トップページ | 気分転換のつもりが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災者の方々とお弁当を囲みながら | トップページ | 気分転換のつもりが »