« 上田の蕎麦「刀屋」 | トップページ | 3分クッキング6月号 »

2011年5月27日 (金)

上田の蕎麦「おお西」

西麻布にある祈年手打茶寮は、
蕎麦の甘みが増し成分ルチンが増加される発芽玄蕎麦を
独特の方法で打ち込んだ発芽蕎麦と、
打つのも茹でるのも難しい水捏ね更級蕎麦がある蕎麦屋さん。

その修業先が上田の「おお西」と聞いてはいましたが、
行けるチャンスが訪れるとは。

先日書いたルヴァンと同じ通りにある構えの大きなお店です。

110527_2

広々とした店内にはこれまた広々とした打ち場が。

110527_1_2

店主一押しの発芽蕎麦はお品書きのトップを飾ります。

刀屋と段違いの値段にちぃとばかし驚きましたが、
ここに来てそんなことぐらいでシッポを巻いているようじゃ
料理研究家がすたる、と、妙な負けず嫌いを発揮して、
鼻息粗く注文!

が、「え?もう?」という時間なのに売り切れ。
良かったような残念なような。

せっかくなので、お値段も安いことだし、と
どういう状態のものかはわからないけど、
発芽そばがきを頂くことに。

110527_3

えーっと。……。なんちゅうかな。……。

みんなで少しずつシェアと思っていましたが
皆さん遠慮深い人ばかりで、私がほとんどいただきました。

発芽させた玄蕎麦を練り込んだそばがきなんですね。

110527_4

さて、せいろは細打ちのツヤの美しい、コシのある蕎麦でした。

110527_5

110527_6

量が思ったよりたっぷりで、
かなり急ぎ足で食べ終えた方が良いようです。

水捏ねの更級蕎麦は一鉢4人前の予約注文で、8400円。
技に自信の値段、ですね。

|

« 上田の蕎麦「刀屋」 | トップページ | 3分クッキング6月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上田の蕎麦「刀屋」 | トップページ | 3分クッキング6月号 »