« 弁当箱の歴史 | トップページ | 世界にひとつだけのカレー »

2011年5月17日 (火)

京都の蕎麦「じん六」

そぼ降る雨の中、京都北山の「じん六」へ行ってきました。

蕎麦Web検定大学のテキストに出てくる
じん六さんでの利き蕎麦の話を読んでいると、
それでなくても気になっていたじん六さん。
そうだ、京都に行こう、となりますよ、やっぱ。

110517_1

平日雨交じりだったからか、
12時にたどり着いたときには若いカップルがひと組。

その後続々とお客が続いたので、
良いタイミングで入れたと言うところですね。ラッキー♪

日本酒が色々あったのですが、この後のことを考慮して、
今日のところは蕎麦だけ。直球勝負!

110517_2

目的は3種類の産地を食べ比べられる蕎麦三昧!

でもね、いきなりそれもサミシイから、まずはそばがきです。
なめらかな、柔らかすぎず固すぎず。

醤油か蕎麦つゆか塩がついてくると思ったら、
しょっぱいワケではない淡い淡いつゆが付いてきた。
当然、食べると蕎麦の香りが引き立ちます。
良く練り込んだなめらかな口当たりのそばがきでした。

110517_3

さて、蕎麦三昧スタートです。

まず始めにわかったことは、
じん六さんの蕎麦つゆはとても淡いと言うこと。
そして、仕上げに引き締めに使う冷水が冷たすぎないと言うこと。

淡い緑を帯びた最初の蕎麦は、香りが穏やかでさらりとした喉ごしです。

110517_4

次に出てきた蕎麦は、緑より茶色が勝った、とても香りある蕎麦。
粉のきめ細かさが違うのか、少しざらつきを感じましたが
比べて初めてわかるという程度、気にするようなものではなく。

110517_5

最後の蕎麦は、緑がきれいで香りも強い。
口に広がる味の濃さも、十割特有のぬめりを感じる喉ごしもパワフル。

110517_6

比べてなかったら当然どれも美味しいお蕎麦だったんだけど、
こういう風に食べ比べると、この場合、3番目が好みだなー。

110517_7

長野県松本産、北海道牡丹種、福井県大野産の順番でした。

店主の杉林さんと少しお話をさせて頂いて、
勉強になったじん六さんのお蕎麦でした。

|

« 弁当箱の歴史 | トップページ | 世界にひとつだけのカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁当箱の歴史 | トップページ | 世界にひとつだけのカレー »