« 様子がいい | トップページ | チャリティー蕎麦会 »

2011年6月18日 (土)

バターを手作りする

冷蔵庫の中で密かに眠ってた生クリーム。
未開封だったので、劣化することなくいい子にしてたのですが、
上面が固まってる。

そんなことありますよね。
…と、無知やり同意を求めようとしてるけど、普通はない。

でも、そのうち使おう、と置いたままと言うこと、
あるんですよ、私。

そんなときはバターを作ります。

固まってる上面をボウルに入れてヘラで煉り始める。
固まっていないときは泡立て器で過ホイップする。
そうするとバサバサになってきます。

110619_3

更に混ぜ続けると水分が分離してきます。

110619_4

こまめに水分を他に移して煉り続けるとバターになります。

私はほんの少し水分を残した状態で、フルール・ド・セルを加え混ぜます。

110619_5

パリのマルシェで買ったバターの、
シャリッとした食感と塩気のメリハリがとても気に入って、
それ以来、パンに塗る用のバターにはフルール・ド・セルを入れてます。

ラムカンに詰めてラップをしてフリーザーで保管。

110619_9

量の多い少ないにかかわらず作業は同じ。
手作りのバターは、軽い味わいで口溶けがいいので、
一度お試しください。

|

« 様子がいい | トップページ | チャリティー蕎麦会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 様子がいい | トップページ | チャリティー蕎麦会 »