« ロールケーキを焼く | トップページ | 鯛茶のたれの使い道 »

2011年6月12日 (日)

下呂の蕎麦「仲佐」

…と言うワケで、
ついに岐阜下呂温泉の「仲佐」に行きました。

名古屋から富山・高山に向かう特急列車、
ワイドビューに揺られて2時間弱。

駅に降り立つと、温泉地らしい客引きがいるものの、
別府や登別のような硫黄のにおいはなく、
平日だったからか駅前も町中もとても静か。

駅から仲佐までは徒歩で10分弱。
ナビタイムのおかげで迷うことなく到着。

思ったより大きな店構えに、
「そば名人」の本に食堂だったと書いてあったことを思い出す。

110612_01

店内は、仕切られたテーブル席、小あがり、個室、そしてカウンター。
到着したときはテーブルや小あがりにお客がいて、
私は中庭が横に見えるカウンターへ。

蕎麦三昧は料理1品とざると小さめのサイズの冷やしかけそば。
無理がなければとお願いしてあった卵焼きもOKと聞いて
心の中でガッツポーズ!
卵焼きが食べられるとわかると、
やたらとニタニタしていると自分でも自覚があるぐらい嬉しいんだわ。

110612_02

料理の一品は蕎麦豆腐。
ツヤ良く煉られた八丁味噌がかかった蕎麦豆腐は、
濃すぎず重たくならない口溶けの良さ。

「料理の予約が入ってて作ってあったから。」「サービスです。」
と、出してくださった蕎麦寿司は、海苔じゃなくて昆布で巻いてある。

こう言うサプライズは嬉しいですよね~♪

110612_03 110612_04

こうなると、やっぱりお酒なしではサミシイよねー。
フルーティーとうかがった大吟醸生原酒の「しずく」をお願いして、
こう言う運はあるのよね~、と、蕎麦寿司を頬張りながらひとりごちる。

さ~て、出てきましたよ~♪ 卵焼きです。
出汁の利いたつゆをたっぷりかけられた卵焼きは、ふわふわの熱々。
上品な塩気に箸が止まりません。

110612_05 110612_06

出たーーー! ついに出たーーー!
ざるです!

粉同士がしっかりとスクラムを組んで
仲間はずれになって飛び出している粉がなく、
しっかり捏ねて空気が抜けているから麺が透き通るよう。
水が入り込む隙間がないから水が一面になって光ってる。
そう、ツヤがあると言うより光ってる。

蕎麦をつまみ上げると、絡まずするりと持ち上がる。
上質の絹のようだなーと思ったら、
良いではないか良いではないか、ヤメテくださいお殿様ぁー、って。
まったくもう、感動が薄れるよなー、私って。

蕎麦をすすったときの上がってくるスピード感がすごい。
しっかりとした噛み応えは、蕎麦大学の時よりはるかにある。

すごいすごいと夢中でたぐり、はっと気がつくと食べ干してた。
えーん、もっとゆっくり食べられる性格だったらよかったのにぃー。
少々自分を恨みます。

110612_07 110612_08

これいいなぁ~。
バッグのように腕を通して
「それじゃ!」と知らん顔して持って帰っちゃおうか(笑)
蕎麦湯が楽しくなる器です。

後は冷やかけで終わりかと思うと、
まだ入る胃袋が十食限定の蕎麦掻きをほしがるもので。ほほほ。
なめらかな口当たりと、くすぐるような粗挽きの触感が心地よい。

110612_09 110612_10

冷やしかけ蕎麦の鮮やかな青は野三つ葉。
野性味あふれる強い香りに蕎麦は負けてない。
するりと入っていく蕎麦の時折に食べる野三つ葉はいい刺激になる。
出汁の利いたつゆはよく冷えていて涼味を誘う。

白小豆餡を包み込んだ蕎麦まんじゅうには
石臼で手挽きした黄粉がたっぷりとかかって香ばしい。
機械だとむせる黄粉が、石臼だとむせることなく粉の甘みが立つ。
行儀悪いと思われたっていいさ。
そう思って指ですくい取ってペロペロなめちゃったわいな。

110612_11 110612_12

蕎麦大学でのことに始まり、
蕎麦の話、石臼の話、畑の話、材料の話、
他のお店や仲良くしているお店の話にまで飛んで、
あっと言う間に3時間4時間。

110612_13

まだまだお話を伺いたいところだったけど、
名残惜しいぐらいにしておかないと
また訪ねる機会が遠のいてしまうので、
そろそろ切り上げないと。

…と、奥様が帰りの列車を調べてくださると、
あと10分足らずで発車!

次のでもいいか、なんてのんきに構えたら、
1時間から1時間半に1本ですよ、と聞いて、げっ!

なんと、仲佐さんが送りましょう!と車を出してくださった!

お礼もそこそこに最後は大慌て。
感謝感謝の仲佐さん。
必ずまた伺います!

せっかくの下呂への旅。
今度は慌てることなく、せめて足湯ぐらいつからなきゃね。

|

« ロールケーキを焼く | トップページ | 鯛茶のたれの使い道 »

コメント

キャーーー。
仲佐デビュー羨ましい限りです。
デビューおめでとうございます。
記事を読めば読むほど
行きたい度がさらに上がりますね。

先日教えていただいた
オリミネベーカーリーに行ってきました。
テンションあがりました。
ありがとうございました。

蕎麦大学の第3回課外講座に
申し込みました。

投稿: luna | 2011年6月12日 (日) 21時59分

蕎麦のことをホント楽しそうに話されて、まさに「蕎麦を打つために生まれてきた男」です。
次行けるときが更に楽しみになっています。

課外授業に申し込むの早ーい!
私もアワテテ申し込みましたよ!

投稿: lunaさん ← グー | 2011年6月13日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロールケーキを焼く | トップページ | 鯛茶のたれの使い道 »