« 巣鴨の蕎麦「菊谷」 | トップページ | 銀座「うち山」の鯛茶漬け »

2011年6月 6日 (月)

5月の料理教室

中華のような和食のような。
洋風ではない献立であることは確か。

優柔不断などっちつかずな説明だけど、
5月の料理はそんな感じ。

鯵のたたきのようななめろうのような。
でも、味付けはアジアンな。
火を使わない料理なので、今年の夏向きです。

110606_1

これはどっちつかずではなく中華です。
実はこの料理、買って来たタタキがイマイチだった、
てな時に炒めてしまうといいですよ、と、お教えした料理です。

ま、それじゃお生徒さんに申し訳ないし私もヤだし、で、
築地で買って来て私がおろした新鮮な鰹を使いました。

110606_2

薬味たっぷりの冷たいスープの発想は、
韓国のわかめスープから来ています。

でも濃いめに引いた鰹&昆布の出汁を使って、
ベースは和風です。

薬味野菜をたっぷり入れたので、
飲むサラダスープみたいな感じかな。

110606_3

中華のにらまんじゅうのような信州のお焼きのような。
包み方は中華まんじゅうと同じなので、
そこがお勉強のしどころです。

一人2個成形したけど、コツをつかむには足りません。
お家で頑張ってみよう! ね!

110606_4

萩の月のような優しい甘みのカスタード。
和洋中どれでも合わせられるようなおやつです。

これじゃ足りない、と言う人もでました。
ゴメンねー。

110606_5

ニコラ・ポテルが作ったワインの初リリース。
美味しいときは飲むピッチが速くなるのですが、
このワインはまさにそれでした。

カーヴ・ド・リラックスで2,100円。
お財布に優しい、優秀なワインです。

110606_6

試食の前はおきまりの撮影タイム。
コンデジだったり携帯だったりですが、結構みんな真剣に撮ってます。

110606_07

さて、そろそろ今月のを考えないとね。
5月のメインは魚だったので、肉!…かなぁ。
お楽しみにね!

|

« 巣鴨の蕎麦「菊谷」 | トップページ | 銀座「うち山」の鯛茶漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣鴨の蕎麦「菊谷」 | トップページ | 銀座「うち山」の鯛茶漬け »