« 江戸伝統野菜「雑司ヶ谷茄子」の復活 | トップページ | 先生、どこにいっちゃうんですか? »

2011年7月14日 (木)

大塚の蕎麦「小倉庵」

JR大塚駅はほとんど降り立ったことがない。

ほとんど、と言ったのは、
駅前にある「岩舟」という今風の蕎麦屋さんに行くために
一度だけ行ったことがあるから。

いいお店だったのでまた行きたいなと思いながら、
そのままになって数年。
やっぱり大塚は私にとって遠い駅なんだわ。

…と思っていたら、ソバリエに人に誘われて大塚の駅再び。

でも、岩舟ではなかった。
「昔ながらの蕎麦屋だけど、頑張ってるんだよ。」
「ハヤシさんはそういうところはあまり行かないだろうから、
 かえって新鮮なんじゃないかと思って」
とか言われたような気がするけど、違うかな。
(なにせ半年前だからいい加減だけど、ま、そんな感じ)

確かに。
蕎麦、うどん、丼、酒の肴、カレーライスまで。
街場の一杯引っかけて帰るのにいいような、
昼間さっさと済ませて仕事に戻ろうかという、
サラリーマンでいっぱいになりそうな、
出前もこなすと言うから、ホントに昔ながらの蕎麦屋さん。

ところが手打ち。

で、せいろが500円。
普通値段が高い天せいろでも950円。

大変じゃないのかなと聞いてみると、
出前があるからなんとか頑張れてます、って。

目指すところを極めるご馳走な蕎麦も大事だけど、
懐寒いときに気軽な気持ちでフラリと入れる蕎麦も必要。

…と言うわけで、先週フラリと行きました。

オーダーしたのは「てんぐ」。
「天」ぷらが「具」で「てんぐ」。
なるほど。それにしましょ。

あ、温かいかけそばとせいろの合体ね。

110712

700円だったか750円だったか。

安いよなー。
昔ながらの蕎麦屋さん「小倉庵」、頑張れ!

大塚には小倉庵が4軒あるそうな。
私の行った小倉庵は、この小倉庵

今の店主は三代目。
まだまだ刺激を受けつつ日々進化しているそうな。

たまに行ってその進化を見届けていくというのも、
いいかもね。

|

« 江戸伝統野菜「雑司ヶ谷茄子」の復活 | トップページ | 先生、どこにいっちゃうんですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸伝統野菜「雑司ヶ谷茄子」の復活 | トップページ | 先生、どこにいっちゃうんですか? »