« アロマをブレンド | トップページ | ピッツァ炊き出し@石巻湊小学校その2 »

2011年8月13日 (土)

ピッツァ炊き出し@石巻湊小学校

関西屈指のピッツァの美味しいイタリアンと言えば、
兵庫県赤穂にある「さくらぐみ」

そのさくらぐみのオーナーである西川シェフが支部長を務める
真のナポリピッツァ協会日本支部
8月8日に石巻湊小学校にてピッツァ炊き出し活動をしました。

西川シェフに参加の打診をしたところ快く承諾してくださり、
微力ながらお手伝いをさせていただきました。

支部長西川シェフと打ち合わせをする後ろ姿の人は、
副支部長であるパルテノペオーナーの渡辺陽一さん。

ピッツァ400枚とパスタ400人分の炊き出し。
大変な数をなんと2時間でその場で焼き上げ茹で上げ、
しかもこの日はバリスタによるコーヒーのサービスまで!

110813_01_2

真のナポリピッツァ協会のシンボルを掲げたここは、
最強軍団による本場ナポリの味のお店でした。

110813_02_2

まだまだ状況がままならない湊区です。
現地の水を簡単に使う訳にはいきませんので、
パスタを茹でる水は持ち込みです。

110813_03_2

茹でる塩加減を決める西川シェフの表情は真剣です。

110813_04 

バリスタはスッテラ・ヴィヴァーチェの阿部バリスタ。

110813_05

なんと発電機を持ち込んでの本格的サービスです。

110813_06

110813_07

石釜は前日から試運転を開始して、
当日も朝早くから薪を燃やしてその時を待ちます。

110813_08

中心になって進めていくのは、
仙台勝山館のピッツアイオーロ、千葉さん。

110813_09

今回、グーチームので参加したお生徒さんのサトちゃんは、
ご親戚が大勢石巻に暮らす石巻出身者。

ご親戚が勤める木の屋石巻水産は、
津波で跡形もなくなってしまいましたが、
瓦礫や泥の中から助け出された缶詰は、
これからの復興に望みを込めて「希望の缶詰」と名付けられました。

その缶詰を、サトちゃんやサトちゃんの叔母さんから
ピッツァの材料に使ってみて欲しいとのお申し出があり、
さっそく西川シェフに連絡すると、やりましょうの心強いお返事が!

こうして用意された金華さばの味噌煮缶です。
つまみ食いした西川シェフは「ごはんと一緒にこのままで食いたい!」

110813_10 

鯖をほぐし散らして

110813_11

モッツァレラチーズとバジリコと最後にオレガノをパラリ。

110813_12

いざ、石窯へ!

110813_13 

こうして出来たのが、その名も石巻ピッツァ
シェフも太鼓腹…あ、いや、その、…、
太鼓判の味になりました。

110813_14

そして、いよいよ炊き出しスタートです。

|

« アロマをブレンド | トップページ | ピッツァ炊き出し@石巻湊小学校その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロマをブレンド | トップページ | ピッツァ炊き出し@石巻湊小学校その2 »