« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月20日 (火)

クールダウン

2時間あまりかかって書き上げたブログが
さっき、一瞬にして消えた…。
ニフティーのバカヤローーーー!!!!!!

自動保存機能って無いもんなんでしょうかね。

眠気が吹っ飛んで、頭から湯気がでそうなので、
先日久々に食べた懐かしキャンデーの写真、
アップしてクールダウン。

できるかっ!

110920

| | コメント (3)

2011年9月19日 (月)

郡山の蕎麦「あなざわ」

「あなざわ」は郡山のインターから10分か15分で行ける、
蕎麦Web大学の片山さんにお薦めいただいたお店です。

写真家である片山さんの
臨場感あふれる蕎麦の写真が
蕎麦Web大学で紹介されたときは、
その美しさに目が釘付け。

たぶん直にお薦めいただかなくても、
あの写真を見れば行かずには居られません。

そんな訳で、
日曜日のお昼をちょっと過ぎた頃に立ち寄りました。

蕎麦Web大学の写真を見て記事を読んでいただければ
それですむなー、とは思ったのですが、
それじゃ人の褌で相撲を取るようなもんで、
手抜き過ぎるし、後ろめたい(笑)

…と言うことで、自分で撮った写真も、
ちょっとだけよ~。

dancyuが冷やかけを特集してたように、
今年は節電もあって冷やかけが嬉しかったですね。

そんなところへ来て、あなざわのひやかけは、
新芽なめこのおろし蕎麦です。

110919_01

新芽と言っているだけのことはあって、すごぉ~く小粒です。
そして、たっぷりあるのです。

110919_02

細めに打たれた蕎麦の喉ごしが、
暑さの中たどり着いた私を癒やして幸せにしてくれます♪

そしてもう1品が透き通るように綺麗な「極上蕎麦切り」。

110919_03_2

素麺? ビーフン? 一見そんな感じですよね。
細さの中にある腰のある噛み応えがたまらない。
更科と言ってもいいしなやかさもあって、
ご主人の技術の高さが伺える蕎麦でした。

そして、蕎麦Web大学で紹介されていた卵焼き♪
もちろん、注文しない訳がありません。

盛り直しせずに撮ったので切り口がわかりにくいですね。
溶きすぎず卵の弾力が活かされていますが、
ふんわりとしたちょっと甘めの蕎麦屋さんの卵焼きです。

110919_04

ご主人はシャイなのでしょうか。
残念ながら出ていらっしゃらなくて、
私も先を急いでいたので、
ごちそうさまを伝えただけで失礼しました。

近くを通ることがあったら、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

9月の料理教室

もうそろそろ涼しくなるかと思っていたけど、
なかなか粘ってくれますね。
でも、まぁ、あと一週間というところじゃないかなー。

いつもより早めに終わった今月の教室は、
秋がやってくるのを見越して、
温かい汁物が入りました。

きのこの具だくさん汁です。
煮干しについての話と煮干し出汁の取り方が
今回の学びどころです。

1109_2

新銀杏の一口フライは、
一口と言いながら一口では食べられない。
ま、なんちゅうか、串カツですね。
巻いてある材料もソースの材料も
個性ある組み合わせです。

1109_1

豚しゃぶと小松菜のマスタードソースは、
これでもかっ!と言うぐらいたっぷりと
フレンチマスタードを使ったソースで和えます。

1109_11

じゃこと生姜の炊き込みごはんは、
山椒の実をたっぷり入れた大人の味です。
炊き込みごはんの塩味の決め方がポイントです。

1109_2_2

そして最後の「マシュマロミニどら焼き」は、
山形の高畠ワイナリーのスパークリングロゼ「嘉」の
ほのかな甘みとストロベリー香が絶妙の相性でした。

| | コメント (2)

2011年9月13日 (火)

夏期特別教室「鯖の棒寿司」

関西人の私にとって、
鯖の棒寿司はそんなにめずらしいものじゃないんだけど、
教室のみんなに聞くと、「めずらしいですよぉー」

へぇ~、そうなんだー。

私としては、
たっぷり食べたいし買うと高し、自分で作れたらなぁ。
きっとみんなそう思ってるだろうなー。
って思ったもんで計画したんだけど、
「自分で作れるなんて思っても見ませんでしたよー」

へぇ~、そうなんだー。

でもね、
案内してみると定員はいっぱいになったのよ。
ほらほらほらぁ~♪
やっぱみんな好きなんじゃん、鯖寿司が~♪

…と都合良く解釈して、作りましたよ、お一人様2本!

まずは講義、
鯖は3枚おろしを買ってくるところからスタートです。
おろすのも本当はやりたいんだけど、
塩締めに時間が必要だからね、時間的に無理なのよ。

塩の加減を実際にやってみせるとね、
やっぱ写真タイムになっちゃうよねー。

110913_1

出来上がりはこんな風になるんですよ~。

買って来たみたいでしょ?
はい、買って来ました。

って、ウソウソ。ウソですよ~。
みんな頑張って作りました。

で、「鯖寿司」の文字はグーの直筆です♪

110913_2

1本だけだとわからないまま作り終わる感じなんですが、
2本作るとおさらいが出来るので
なんとなくですが感覚がつかめるんです。

この日は築地からいいのを届けてもらったので、
出来上がりがむちゃくちゃ美味しそうなんですよ~。

あ、美味しそう、じゃなくて、美味しいんです!

110913_3

ちゃんと白板昆布もかけて、本格的でしょ?

110913_5

酢飯に青のりを混ぜ、紅生姜をちょこっと入れるのがポイントです。

あーーー。また食べたくなってきちゃった。

| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

胡瓜の辛子漬け by 口福届け隊

後方支援で胡瓜の辛子漬けを作りました。

洗って拭いて、食べよく切った胡瓜は250本!

110910_01

今回はシールも作っちゃいました♪

110910_02

袋詰めされた胡瓜がいっぱいです。

110910_03

辛子粉・塩・砂糖をブレンドして胡瓜に振りかけます。

110910_04

それからシェイクしてまんべんなくまぶします。

110910_05

こうして2~3日置くといい漬かり具合になります。

110910_06

一袋に1本半入れて160袋あまり。

110910_07

ひとことメッセージをみんなで書いて、

110910_09

箱に詰めたら、別プロジェクトまでお届け。

110910_10

そしてひと箱は木の屋さんに持って行きました。
皆さんで仲良く分けて、
持ってにっこりなんてお願いしちゃって。

110910_11

宮城県では広く辛子漬けが食べられているそうです。
そんな本場に挑んじゃったわけね。

美味しく出来てても出来てなくても、
それはそれで話の種になって会話が弾めば、
それでヨシ!
…っちゅうことにしていただこう!(^^ゞ

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

石巻で「希望の缶詰」を洗浄

石巻にある水産会社「木の屋石巻水産」は、
缶詰や鯨の加工品で人気のあった会社ですが、
海辺すぐのところにあった工場とまだ新しい店舗が
今回の震災で壊滅状態になってしまいました。

被害を見て回るのは、被災者の方にとっては、
物見遊山をしているだけの人でしかないからと思うので、
前回は炊き出しを終えて福祉施設を訪問したあとは
まっすぐ帰ってきました。

けれど、今回、木の屋さんで1日だけですが
お手伝いをさせていただいたときに、
是非見て帰ってください、と、ご案内くださり、
しっかりと見届けてきました。

一つ一つ、そのときの状況をうかがいながら見る木の屋さんは
説明無しに見ただけではわからない怖さがありました。

その凄惨な状態は、
どう頑張っても私のカメラでは伝えきれないと思い、
これは私が撮るべきではないとも思い、この目に焼き付けました。

一階は天井も壁もはぎ取られ、中は瓦礫で足の踏み場がなく、
二階をゆうに超える高さのところに津波のあとがあります。

70cm沈下したという地盤の側溝は地面ギリギリのところに水面があり、
満潮時には海水が吹き上がってきそうな、
先日の台風12号の時にはふくらはぎぐらいの高さまで冠水したそうです。

工場に2本立っていたコンクリートの太い煙突は、
震災直後はかろうじで立ってたのですが、
その後高さのある方が根元から折れたそうで、
隣の建物にまたいで倒れていました。

海岸沿線はそんな危険な状態の建物が多く、
海水があふれ、乾けば土埃が舞い、
自衛隊が早々に取り払ってくれた瓦礫は
ビルほどの高さに山積みされていました。
瓦礫の間から育っている雑草の青さが
そこに置き去りにされている時間の長さを物語っているようでした。

木の屋さんでは、3月からはラインの変更で缶詰の生産を止めるので
それまでにストップしている間の缶詰を作って在庫して置くそうです。

在庫がフルの状態だったことろにきた地震と津波だったのです。

80万個あった缶詰は津波で一気に流され、
その後3キロ離れたところからも見つかったとか。

体育館ほどの広さ高さの倉庫の壁は
鉄筋とブロックで出来ているからか、大きく膨らんではいるものの、
崩れ落ちずに津波の力に耐えて残っている面がありました。

そこが吹きだまりのようになったのでしょう。
かなりの数が流されていったとは言え
缶詰達が何十万個も、
何メートルもの高さまで津波が運んだ泥に埋もれていたそうです。

それを4月から掘り出して、洗浄して。
フジテレビが取り上げてくれたことで
「希望の缶詰」と呼ばれるようになりました。

海水で錆がひどくならないようにひたすら洗って泥を落とす。
これなら数時間お手伝いするだけでも役に立てる、と、
前回洗浄作業をするつもりでいたのですが、
時間が無くなり何も出来ないまま帰ってしまいました。

なので、今回は1日8時から16時まで、
前回できなかった分も、と、行ってきました。

被害が少なかった関連の場所(とは言え全壊ですが)で、
洗浄作業をやっています。

入り口にあるボランティアに来られた方々の寄せ書きには
熱い応援メッセージが書かれてあります。

110909_01

泥にまみれ、油にまみれ、ヘコミから染み出た缶汁にまみれた缶詰達。

110909_02

運ばれてきた缶詰に放水して、まずはザックリと汚れを落とします。
この水色のカゴ、よく見ると豆腐のブランド名が入ってる。
聞けば、作り替えるところで在庫があるからと、
豆腐メーカーが寄付してくれたそうです。
すごい数です。

110909_03

1缶ずつ丁寧に洗浄する社員の皆さんです。

110909_04

たわしで泥と油をこすり落とします。

110909_05

次に、プルトップリングの付け根あたりの汚れを、
歯ブラシで丁寧に落とします。

110909_06

最後に一缶ずつ丁寧に拭いてチェック。

110909_07

と、そこで終わりじゃないんですよ。

この缶詰、ラベルがありませんので、
今度は別の場所に持って行って選別作業をするんです。

缶の裏に書いてある文字を読み取って種分けするのですが、
消えかけている文字もあり種類がわからないものも出てきます。

どれも根気のいる仕事です。
4月から始まった缶詰洗浄は
10月の終わりか11月に終了出来そうだとか。
一日中水に手をつけている作業ですので、
なんとか寒さが訪れる前に終われば、と、祈るばかりです。

現在「希望の缶詰」は、缶詰を購入するという形を取って、
支援くださった方にお礼として送られています。

下記のようなFAX用紙があるのですが、
A4に拡大するとボケてしまうかなー。そのときはゴメンね。

284505_222145854497961_183676098344

お茶タイムのおやつに焼いて行ったガトーショコラ。
軽い甘さなので女性にはウケが良かったようです♪
男性も食べてくださいましたが、こうしてみると、
つまみのようなものの方が良かったようですねー。

110909_08 110909_09

| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

夏期特別教室「台湾茶を知る」

第二弾は台湾茶のお勉強でした。

エスプレッソと同じで、
人数に合わせて急須の大きさが変わるので、
そんな説明用にマイ急須を並べてみました。

こうして見ると、
持ってるよぉ~と自慢したかっただけ、
と言うのが丸出しです。ほほほ。

110902_01

いくら持っているのが自慢とは言え、
さすがにみんな同じ急須というのは無理でしたが、
一人用を色々揃えてみました。

これは美人肩という名前が気に入って買ったんだけど、
先生のコメントでは、口が小さいので茶葉を入れにくいから、
良い茶器とは言えない。

確かにね。
でも、そんな風に言われても、
お気に入りには変わりないグーは、あ、そ。

急須を受けてる器は、普段は和え物などを盛っている器。
手持ちの器で十分だよ、と言うことで。

110902_02

講義をお願いした先生は、
台湾茶でいつもお世話になっている清水一芳園の清水社長。

茶師らしく作務衣で登場です。

30年以上台湾茶とつきあっている清水社長ならではの、
興味深いお話、為になるお話、楽しいお話を交えた、
熱い熱い、内容の濃い3時間でした。
(ホントは4時間になってしまったんだよ~ん)

110902_03110902_04110902_05110902_06

急須の持ち方注ぎ方で所作の美しさが出ますね。
スマートにエレガントに見せるには。
淹れ方はそんなところから始まります。

110902_08110902_09

まずは香りから。
温度と共に移り変わる香りはため息が出るほど美しい。

あ、「僕のこと?」と清水先生が反応しそう。
清水先生じゃないですからね、美しいのは。
台湾茶ですよ~。

110902_07

手摘みの茶葉は切れていません。つながっています。
葉の形も原形のまま。きれいです。

110902_10

文山包種茶に合わせて焼いたケーキは、
レモンがほのかに香るカトルカール。
ドンピシャの相性に清水先生のテンションが上がります。
やったね♪

110902_11

凍頂烏龍茶に合わせたのは、
フルーツとナッツをたっぷりちりばめたケーキです。

木柵鉄観音にはチョレートをたっぷり使ったロールケーキ。
ちょっとチョコレートが多すぎたようですが、
合わせた淹れ方を教えていただきました。

110902_12110902_13 

最後はブルゴーニュグラスに入れた阿里山の金宣茶。
濃いめに淹れて氷で一気に冷やします。

グラスいっぱいに溜まった香りは、
顔を近づけただけで目眩がしそうなぐらい濃厚。

清水先生リクエストの、
一芳園の抹茶をこれでもか、と、たっぷり使ったガトー抹茶は、
濃いもの同士だからでしょうか、すごい!と声が出る相性でした。

110902_14

今回使った清水一芳園のお試しセットは、
とてもレベルの高い茶葉が7種類入っていて、1260円。
3000円はするでしょーという内容なので、メチャクチャお得です。

ただし、お試しなので買えるのは1回だけ。
でも、これだけの量ですから当分楽しめますね。

110902_15

台湾茶と焼き菓子のマリアージュ。

「こんな会、聞いたことない。どこにもあれへんで。」と、
清水先生も楽しんでいただけた「台湾茶を知る」講座でした。

   

| | コメント (0)

2011年9月 1日 (木)

明日はおかずのクッキング

なんだか知らないけど慌ただしくしていたら、
あっという間に9月です。
7月に収録したときには、
ずいぶん先の話だな、と思っていたのに、
あっという間にやってきました放送日。
110901_2
忘れてました、さっきまで。
嬉しいことにアメリカ家禽鶏卵輸出協会の方が
インフォメーションしてくださいました。
他人のふんどしで相撲を取るようですが、
ここはちゃっかりとコピペでご案内~♪
*****************
すでにメールでご案内した方もいらっしゃいますが、
テレビ朝日「おかずのクッキング」で、
アメリカ産骨付きチキンを使った水炊きが紹介されます!!
さっそく家で作りました。
水炊きは、ポン酢で食べるのが普通ですが、
この3種のタレ、
簡単ですが個性があってどれも美味しいですよ♪♪
放送時間は仕事・・・という方は、録画予約の準備を!!
※CSでの放送時間が変わりました。
【放映日程】
テレビ朝日 9月2日(金)11時~
岩手朝日テレビ 9月11日(日)5時10分~
秋田朝日放送 9月3日(土)7時35分~
山形テレビ 9月8日(木)16時30分~
新潟テレビ21 9月10日(土)4時55分~
北陸朝日放送 9月3日(土)6時~
朝日放送 9月3日(土)6時5分~
BS朝日 9月4日(日)10時30分~ 9月8日(木)17時~
CSテレ朝チャンネル 9月6日(火)17時30分~ 9月10日(土)11時30分~
******************
…と言うワケで、明日放送です。
110901_1

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »